FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

暑い夏と辛いカレー

子供の頃を思い出すと、よく遊びよく動き汗をかいたものです。食べ物は、カレーなどの辛いものや、熱いうどんなどを、フウフウいいながら汗をかいて食べていました。当然クーラーなどない時代です。しかし、暑いときに熱いものを食べる、その感覚は気持ちよい感覚だったように覚えている。

今は世の中が便利になり、冷房の効いた部屋で、冷たいものを食べるので、汗をかく気持ちよさの、感覚をなかなか味わっていな。

いや歳をとって、新陳代謝が衰え、汗をかくことが、辛く不快に感じる時がある。
黄色信号だな。暑さ対策・健康対策として。夏つだからこそ、活発に動き汗をかき、発汗作用を高め、新陳代謝を促そう。

しかし、くれぐれも熱中症には注意しよう。

朝の散歩

毎日、早朝に町内を歩いている。
詳しくは、夜明け(夜明けとは、日の出の30分ほどまえ)、明け六である。外はまだひんやりとして薄暗いが、歩いているうちに明るくなってくる。
少しずつ白けてきて、周囲の景色が明るくはっきりしてくる。空気も澄んで気持ちがいい。
歩くときに、呼吸を深くするよう、気を付けている。しかも、なにも考えないで、呼吸を調えて、歩くことにしている。
しかしなかなかそれができない、直ぐに頭の中が走馬燈のように、いろいろなことがよぎってまう。そこで一呼吸ずつ数を数える数息をしている。しかし直ぐにいつの間にか、雑念がよぎって、気がつくと数を数えていない。
そんなうまく呼吸ができないなか、同時に丹田を意識して、腹式呼吸をしながらしている。
しかし、歩いているので呼吸は、静坐や坐禅をする時より、軽くしている。

2010年12月の日記から

2010年12月の日記から(抜粋 特に身と心に関したことなど)

ここ、朝の調え方を見て、調息をもっと意識することをすべしとあるが、朝起きた時に周りに人がいと、気を使って身の始動はゆったりとできず、意識が先走って入ってしまう。しかし、土日の早朝に外にでて散歩をしながら身の動きと呼吸の調えをして、身の軽やかさを感じるのは、錯覚であろうか。


だんだん、何でもかんでも環境がよくなりすぎている。よくなるに越したことはないが、それに甘え次の欲がでてきているのではないだろうか。


朝散歩をする、来年の4月からは毎日散歩できる。どのようにするか、一年を通してどのように、時間を使うのかこれから考えていこう。いまのところ、起きるのは夜明けで明け六の20分ほど前、歩き出すのが明け六、これでいくと、4時過ぎの歩き出す季節と、6時過ぎに歩き出す季節とあり、2時間以上の差がある。こんなことが出来るのも仕事をしてないで、今の定時法の時刻に縛られないからだ。しかし、テレビやラジオなどのニュースの見方情報の取り方を工夫しないといけない。


NHKの明日への言葉で、世界の旅の兼高かおるのが出演していた。そこで司会者の一番よかった国はとの質問に「どこが一番とか言うことはできない。それぞれその国その国の良さがある。」では一番印象に残っている国はと聞かれても「それぞれ一つ一つ違うので、外交的な答えだがそれぞれ印象があると」いっていた。それぞれの国を旅してきて一国一国の独自性を知り尽くした言葉であろう。
また、外国のほとんどの国は、複数の言語があり、複数の宗教を信仰して、複数の民族人種がおりその中で対立や軋轢などがあり、互いに尊重試合ながら国としてある。また一国一つの政府でなく連邦政府が多い。
日本は、日本語一つであり、宗教もいろいろあるがそれぞれが独自に活動し他と対立することもない、政府も一つである。中には、日本は単一民族一言語の国と思っているひともいる。最悪なのは政治家にもそのような人がいることだ。


ルネス花北のシンポジュームニ参加
毎日新聞論説委員の野沢さん千葉の障害者権利条例に関わられた方と西宮の青葉園の清水さんのお話をきいた。
退職後のあり方で、一つのことが見えてきた、地域のボランティア活動や身近にある施設などのボランティアや働くことや活動に参加することなど考えられる。


ときどき次のようなことがある。思っていたことをメモしておこうと思うが、そのとの周囲の状況などで出来なかったりしなかったりすることがあっる。しかし、後でそれを思い出し書き留めようとしても、そのとき思ったかを忘れてしまうことがよくある。


今日は特になにもない、坦々とした日だった。
悩みとはなにか、悩みとは過去からくるものか、未来からくるものか。過去からくるなら、過ぎ去ったものを悩むことになる、すでに過去のことを悩んでどうする。失敗は成功の母というが、過去の失敗を悩み続けるとそれは、成功には繋がらない。
未来の不安を悩むのは、いまだ来ないものを夢見て悩むのはどうか、楽天的に思いふけるのもどうかと思うが。未来はどうなるかわからないそれをどうにもならない。そのとき今をどうしたらよいかを考えて過ごしていくべきだと、これらは、止観に書かれていることと思う。この解釈はまだ曖昧未熟だが、もっと整理して、悩む事により、己の生活が乱れることを恐れなくてはならないと思う。
このところ日々の酒量を減らそうと思うが、身近な人の話しかけを聞いて、どうも酒に手が伸びてしまう。そして、朝起きた時、身体に火照りと息づかいが乱れている、それを考えると摂生して食生活を調えなくてはならない。
朝起き、床のなかで調っていないが、床の中で身体を揺らし、息を調べ、起きて身体をゆさり、息を調えて行くと、身は軽くなってくる。だから、夕食の酒を減らすか断ち、食を調えるともっと、身と心が調ってくるのではないか。これを実現させようとおもうが、どうも心のゆれでそれを実践できない。


小止観の現代語約解説書をよんでいるが、文庫本などを読んだ後なので、理解と頭のなかへの入りが違う、この本は何度でも読み返して、止観ができるよう生活の中で生かせるようにしたい。それによると、自分の心の持ち方、心の運び方、心の調え方どれも大事だと思う。


これからの障害者福祉について、
医学が発達し妊娠初期から出産までに流産することや、また新生児や乳幼児で死亡することが大幅に少なくなったが、障碍が伴って生まれてくることもある。まあ、今までも障碍児の定義が変わってきたこともあり近年、全国的に特別支援学校の幼児児童生徒数が大幅に増えてきている。医学の進歩で今まで死産や乳幼児期に死亡してしまった人たちが、生を育み営むことができるようになっている。昔は重度重複の障害者はその保護者と共に、家庭の中で生活し過ごすことが多かった。それは医学の進歩で死亡してしまっていた人も人工呼吸器をつけながらも、病院ではなく家庭でも生活出来るようになっています。そのように重度身体障碍と重度の知的障碍を併せ持っている人も、病院や家庭のなかでなく、外に出ても生きていけるようになりました。そのため、社会全体で生を育み共の生活をする場を作っていかなくてはならない。
これは、高齢者にも同様なことがいえるのではないか、高齢者の認知症や体の運動能力が衰えることにより活動が狭まって行くのが問題になっているが、やはり社会全体で生活の場をつくり、家庭や施設内だけでなく戸外に出ての活動ができる仕組みを考えて行かなくてならない。生産年齢が減少し、介護を必要とする高齢者が増える中、公的な社会制度と、地域社会での受け入れる制度と共生するという仕組み作りが必要であろう。


今朝の夢は、一度みて目が覚めて、続きをみたが、内容はあまりよくなかった。なぜかわからないが250円恐喝され、駅の壁の上の方のボックスに指定された時刻までに入れろということだった。一度250円入れるのだが、理由は忘れたが、大した理由はないようだが、250円入れ直そうとするが、指定された時刻になりその時に列車が到着し焦ってしまう。それで目が覚めるのだが、気が高ぶり血管は高鳴るような気分になってしまった。
止観に睡に蓋をせよとあった。眠りは己を忘れコントロールできないから、睡はよくないとあった。夢を見ないようにリラックスし眠ると目覚めもよく。朝の身体の動かし方も軽やかになるのではないだろうか。


気功をするにあたって、特段の準備することなどはない。歩きながらの気功。数歩吸いながら歩き、一歩息を止め、数歩吐きながら歩く。書物によりいろいろ書かれているが、共通していることは、臍下丹田、で複式呼吸と逆複式呼吸、イメージを持って意識して身体を動かすことが書かれている。
動作法は、自分で動いている部分を意識して、身体を動かす訓練を大切にする。トレーナーが必要に応じてどの部分を動かすか、身体に触り示してそれを援助していくことが要求されている。身体のことを意識する。そして気持ちを揺ったりと持ち、焦りや怒りや欲などを捨て、自分の身体の動かし方を調えること。動作法の指導に当たっては、物理的に動かすのではなく、心理面に働きかけて指導をする。脳生麻痺児者が、間違った動かし方を身につけ、脳がその動きの命令を出しているとするが、その命令も、トレーナーの声かけ次第で、ゆったりと動かすか、焦って動かしてしまうかの違いがでてくる。


呼吸の調えと身体の意識を調えてみることにする。このところ喉の痛みがあり、鼻の通りが悪くなって来ている、その中で無理をせずに、呼吸をして身体を取り戻そうと思う。意識の問題として、喉痛みや鼻づまりからか、呼吸への意識と集中力に欠けている、こうなると、調える事ができなくなり、身体も乱れなおのこと、調えられなくなり、身体は悪くなる。雑念をやこの乱れをなくすためには、休むことが必要なのであろうか。止観にそのよう事が書いてあったので読み返してみる。


ベッドの上で胡座坐になるには、姿勢作り気を配るのは、ベッドが柔らかいので、姿勢作りがうまくいかない。
ひるごろよるになり、鼻も喉の痛みも治まってきた、


部屋を片付けるのは、調えることであり自分の心も調えることであろう、それと同時に身体も調えれっばよいのだが、イカリを出してしまった、部屋を調えると同時に、心のイカリに蓋をし調えなければならない。


歩きながら、深く息をしてゆくと、気分も調いよくなってきた。やはり、気を調え歩くことは、大切なことだと感じる。もう少し深く考えて見ると。歩くことを意識し、息をすることにも意識をし、あまり下らないことを考えないで歩く。本当は無心に歩くことがよいのであろうが。
歩くことを意識するとは、自分の足で一歩一歩交互に足を出し、爪先を前に向けることにより、自分の身体を意識する。息を意識することは、息を長く深くし整えること。無心に歩くとは特に意識を乱さない為にすること。


土を触るとなにか植えたくなるんだな。
なにか植えたくなるんだな
なるんだな とはなんだろう。
人と会う、ものにふれる、そこで生まれる一色とは何だろう。なにに対しても、関わりのもちかたにより、善きにも悪きにもなる。


I(わたし) YOU(あなた)どちらを主語とした言葉掛けをするか。
あなたは、くるのが遅れた
わたしは、こないので心配した。
 わたしは、あなたがこないので、事故に遭ったか心配だった。
 あなたが、こないのはなぜかわからないので、いらだった。


テレビでアメリカの子供の虐待や高齢者の虐待がワイドショーで放送されえていたが、その映像は見るに耐えない信じられないものだった。アメリカでの話と放送されているが、日本でも子供への虐待暴力、高齢者施設での虐待、また家庭内での虐待がやはり問題になっている。アメリカでは、どれぐらいの社会問題とされているのだろうか。
アメリカはキリスト教などの宗教規範があるが、日本は、戦後宗教的なものは、避けてきたそのようななか、国民一人一人の思いやりなどは、以前よりかなり低下してきているように思う。また、日本は、急速な高齢者社会で、また核家族化し単身者が増えていると言われている。人との繋がりが薄れ、他人を敬い慈しむ気持ちも薄れてしまい。相手をどのように思いやったらよいか、わからず自分中心に振る舞ってしまう人が増えてきているのか。
戦後、民主主義や自由思想のもと、社会規範の大切さが叫ばれたが。それは、反動的だとか言われてしまってきた。今一度、日本の高齢者社会、核家族化、個人世帯、の問題を考えなくては、日本社会全体の無政府的になってしまうのではないか。


・「いただきます」と「おあがりなさい」
・「 ~ していただけますか」
 「 ~ おねがいできますか」
と「 からしてください」

2010年11月の日記から

2010年11月の日記から(抜粋 特に身と心に関したことなど)
退職したら、これからの生き方は、仕事をしてる建前と自分自身の本心を使い分ける必要はなくなる。自分に正直に自分を見つめ、世のため人のための生きていくには、何をすべきかを頭に入れて日々をすごすであろう。
 生活 心 息 身


前日書いたそれより、これからの自分自身の仕事や生き方につて詰めていかないといけないと思う、一つにはボランティア、それと障害者などとの係わり。一つに庭の畠を広げる。その日一日一日何をするか。障害者にかかわる、町づくりにかかわる、健康にかんすることにかかわる。
これから、何をするのか未だ決まらず。


いままで買いためた「からだ」や「こころ」に関する本やその他の興味を持って買った本を、改めて時間をかけてじゅっくりと読んでみる。大きくわけて、動作法やアレクサンダー 太極拳 気功や仏典などを一つ一つ読み直し、自分自身の身体の使い方、養生のしかた、心の持ち方を見つめなおしていきたい。
他に、日本でまた、世界各地で草の根のように表舞台で活躍しているひと、また縁の下で活動した人などを記録した本。また、色々なビデオやDVDなども改めて観直してみよう。


すこし前から感じていたが、今朝歩いていて歩みがかろやかになってきたように感じる。これは歩くとき腹で呼吸を意識するようになってからだ。
今ではゆっくりと複式呼吸をする、一分間に3回弱ほどのゆっくると長い息をする。はじめは長く息をするのは苦しかったが。だんだんできるようになってきた。


これから大切にしていくこと。
・時間の流れを乱さない。
・美食に惑わされず、八分目に留める。
・惑わされない。
・いからない。
・戒めを破らない。
・蓋をする。
・息を調えからだを調え心を惑わされず調え

2010年9月の日記から

2010年9月に電子メモポメラに書いた日記の抜粋(抜粋 特に身と心に関したことなど) 

障碍者の自立のための活動の講演会で。
AACについてである。ハード面よりソフト面での考え方とらえ方などの話であった。
AACは、もともとITを使ってのコミュニケーションを支援するためのものであるが、今の考えは広がってきている。
ハイテクもあればロウテクもある。要支援者への愛や労りの気持ちが高くても、技術がなくてはそれが生かされない。その技術は高度な専門的な技術に頼らず、ツボを押さえた技術というのがある。そのなかで何よりも大切なのは、支援者と支援を求める人が自立とはなにかをよく考えることです。
自分一人で出来ることを増やすのではなく、自分がしたいことを実現させるには、どのような支援を必要とするのかなどの考え方についての話だった。
今自分が考えている障害者らの自立についての考えと共通する部分が多かった。
自立するため、出来ること出来ないことそれを支援するには、正確と的確な見極めがたいせつである。



朝の散歩で運動公園の中を通ると、薄暗い中グランドで、ジョギングしている人、犬と散歩している人、バレーのボールを叩いている人、尺八を吹いている人などなどがいる。
それぞれの人生があり、それぞれの形で今を懸命に生きているのだ。
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 安倍首相の愛国心とは
    本当に教員? (09/10)
    興味ある内容なので拝読したが「教育勅語」を親孝行等の道徳ではなく戦争に洗脳させるためだとか思い違いも甚だしい。
    貴方が現役の教員であれば授業中が退屈で眠気が襲っ
  • トランプは白人至上主義者か
    アジシオ次郎 (08/07)
    おはようございます。

    アメリカにおいてまた立て続けに銃乱射事件が起こったけど、テキサス州・エルパソでのケースは容疑者がヒスパニック系に対する憎悪感丸出しの書き
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    09 | 2019/10 | 11
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR