FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

一粒の筋子と食べ物

最近はどうも、食べ物を粗末にしてしまっているように感じます。
私の小さいころは、「一粒の米も流さず一粒の砂も見逃さずという言葉があり」また、「ご飯を一粒でも粗末に残すと、目がつぶれる」と教えられました。そして、食べ物は特に大切にしていました。飽食の時代と言われて久しい現代ですが、どうもそのような意識が薄れてしまったことは残念に思います。テレビで食を扱った番組で、食べ物を粗末に扱ったり、笑いを取る番組があるのを残念に思います。


アイヌの昔話に次のような話があると、「アイヌの昔話 萱野 茂 平凡社ライブラリー」に書かれていました。
上のようなことを日ごろ、思っていたのでこの話に興味を持ったので、かいつまんであらすじを紹介してみます。

「一粒のサッチポロ」
石狩川の中程に親子三人で暮らす娘がいた。父は年を取って山に狩りにも川に鮭を捕りにもいけずいました。娘が春は山菜を採り、冬にはそれを保存していた物を食べていました。
夏はウバ百合の根を堀り、水でさらして澱粉を取って食べ。残り粕は青草で包み発酵させ冬に食べていました。母親があるとき「おまえのいいなずけが川の上流にいるから逢いにいけと」と言いました。
家の一切のことをしていた娘は、会いにいく気がなかったですが、度々母親が言い、旅支度をして背中にくくりつけ「父さんも永くはない、死ぬまでに男の猟った肉をたべさせたい」と言って押し出しました。
川の上流を目指して夕暮れになったころ、石の原っぱにでると、一人の女が座っていました。見ると自分と同じ歳ごろです。顎は長く口は耳まで裂け、目がつり上がた女でした。
娘が近づくと、女は「お姉さま、貴方がくると聞いて、迎えにきました」。そしてにこにこしながら「お姉さまシラミを捕って上げましょう」と言い。髪の毛をなでてくれました。そると娘は眠くなって眠ってしまいました。
目を覚ますと、あの女が娘の着物を着て、先の方を歩いていました。娘は女のボロを着て追いかけました。
そうすると、女は悪口をつき石を投げてきました。女の後ろ姿をみると娘そっくりでした。
女がしばらく歩いていくと、一軒の干し肉が軒先に干してある裕福そうな家につきました。女はその家に入ったので、娘も入っていきました。
家の中の老人は女には丁寧に礼拝しましたが、娘には見向きもしませんでした。
女は娘に向かって、「どこから来たか知らないが、いいなずけに会いに来た私の邪魔をするなと」怒鳴りました。
そこに、二人の若者が鹿の肉を背負って帰ってきました。老人は若者に客人が来ていることを告げると、若者二人は丁寧に二人に礼拝しました。特に娘には丁寧でした。
娘のいいなずけらしい弟の方は、二人を見比べいぶかしげな顔をしてました。
すると、弟の若者が美しい椀を二人に差しだし、それにサッチボロ(干した筋子)をお入れ。「どうぞ食べてください」と言いました。
娘は子どものころ父親から言われていたとおり、一粒づつ口に入れゆっくりと噛んでたべました。
女の方は手で一掴みにして、ほおばて食べました。女は目を白黒させながら、噛もうとするが、筋子は歯に粘りつき呑み込むこともでず悶えてていました。するとだんだん女の顔が変わり、そのうち尻から狐の尻尾が見えました。
若者二人が尻尾を見つけてると、燃えさかった薪と火箸を手に持って、女に殴りかかりました。
すると女は「わたしはいいなずけなのにどうしてだ。あの女が化け物だ」とわめきました。
「なにを言う化け物狐 正体を現せ」と若者二人が殴りかかり。老人も「昼の日なか、火の神様の前で、人や神を欺くことができるか」と火箸で殴りかかりました。女は「火の神の前で」と言われ正体を現し狐の姿になりました。
その狐のすがたは、痩せこけ病気にかかった姿でした。人の姿をしているときは動きが鈍かったが、本性を現すとすばしこかったですが、ようよう取り囲んで叩きのめして殺していまいました。そして老人は、狐の死体をゴミ捨て場に捨てました。

その夜 娘の夢の中にあの女がでてき「本当にわるかった、わたしはお嫁になりたく、お前に化けたがこのありさまだ。実は私はあの石原を守るため、天国から使わされた女神です。このままゴミといっしょに私を捨てることは、お前たちのためにならない、粗末なイナウと僅かな酒を供えて、神の国に送ってほしい。そうしてくれると、お前たちが一生のあいだ幸せに暮らせるよう守ってあげよう」といいました。
老人も若者も同じ夢をみたらしく、次の朝、「神は神同士で結婚して神だ、今後あのようなことのないように」と悪口をいいなが、少しの酒と、粗末なイナウで狐を神の国へ送り返した。
その夜、狐の女神が枕元にたち「私は、神々に許され、地位が低いが神の仲間入りができました。お礼に、一生お守りします」と言いました。

そして娘と若い男は、たくさんの干し肉と干し魚を持って娘の家に帰りました。
父母は喜び父は肉を食べることができました。そして子どももたくさん生まれ、なに不自由なく暮らすことができました。

「だからいまいるアイヌよ、干した筋子を食べるときは、一粒々々食べなさい、そして相手が化け物か判らないときは、サッチポロを食べさしてみると、その食べ方で判るのだ」とひとりのおばあさんがいいました。


食べ物を扱ったテレビ番組が多いが、その中で出演者が食べる番組があります。
美味しさを伝えたいのでしょうが、ガツガツと大食らいしたり、食べた後も食材を粗末に扱ったりするような番組があります。
それを見ているとなんだか、この話の狐のように思えるところがあります。
この娘の父親の教えのように、食べ物を大切に一口一口味わって、その食材の神に感謝して食べないと行けないです。昔はアイヌに限らずみなそのような気持ちを持っていたのですが、そのような番組を見て笑う今の現代人は、なんだかその心がどこかに行ってしまっているようです。
この話をしっかりと噛みしめたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

食べ物とTV

そうですね、だんだん食べ物を扱った番組、二つに分かれてきたように感じます。
食文化を伝えるものと、 食べ物で笑いをとるもの、

いずれ、片方が淘汰されると思いますし、そう願ています。

Re: 食べ物とTV

このキツネは干し筋子を食べたことがなかったのでしょう。私も小さい頃何度か、父の酒の肴を何度か食べたでけです。
そのころの記憶は曖昧になってしまいましが、確かにネバッコかったように思えます。

テレビの番組でも珍味のものや悪食のものでも、茶化して番組が作られるのはいかがかと思います。
例えば、昆虫を食べるのは世界で見てもそう珍しくないようで、重要なタンパク源として食べられているようです。
日本でも、ミツバチの幼虫やイナゴを食べる文化があります。

食べ物を茶化し笑いを呼ぶ番組をつくるのは、その地域の文化に対してしつれなことと思います。
そして、それを作る側の文化程度が笑われそうです。
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 臨時国会の開催はいつか
    風と雲 (08/04)
    一体今の日本はどうなってしまったのだろうかと思う。アベ内閣も与党も憲法に違反することを完全に無視して悪びれもせず堂々と実行してきた。、政府高官も最高裁も報道機関
  • 難病と尊厳死
    竹林泉水 (07/29)
    コメントありがとうございます。

    自ら生きる権利、自ら死ぬ権利があるのはよくわかります。
    それにはどちらも人・個人としての尊厳が保たれている必要がある考えます。
  • 難病と尊厳死
    風と雲 (07/28)
    意識して自ら命を絶つことができるのは人間だけだと思います。人には生きる権利と自由があるように、自らの命を絶つ権利も自由もあって然るべきではないでしょうか。このA
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (07/01)
     自分よりも周りを優先する集団主義的な考えが同調圧力などがまかり通る社会なことについて前に
    >日本的なこの価値観は、海外から見たら奇異の目でしか見られないでしょ
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    07 | 2020/08 | 09
    ------1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031-----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR