FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

学校のいじめ問題と警察の力

学校でのいじめが社会問題になっています。しかし、学校でのいじめに対する問題は、今に始まったもとではないです。それは、日本で近代的教育制度ができる、以前の寺子屋の時代からあったと見られています。
また、戦後の今の教育制度になってから、いじめが増えたとも思えません、話題になるのは逆にいじめに対する世の中の意識が高まったことは言えるでしょう。

今いじめに対する対処に仕方が問われています。

以前から、いじめに対して、警察や家庭裁判所や児童相談所や福祉事務所との連携はされていました。今後いじめが傷害事件や刑事事件に及ぶことが多くなると、警察の介入は、今まで以上にされるようになるでしょう。しかし、刑事事件といえるいじめやそれになりうる恐れがあるものは別として、警察が介入するのは慎重にしなけれならないでしょう。そのためには、家庭裁判所や児童相談所や福祉事務所などとの連携は今まで以上に重要になってくるでしょう。

今まで、いじめられる側の救済や心のケアそして、緊急避難としての転校を認めるなどされています。
そして今、いじめをする側を出席停止などの懲戒与えることについて世の中で騒がれ議論になっています。
ただ、現場を知るものから言うと、いじめをする側の出席停止は言うは易行うは難しです。

いじめるにはそれなりの要因があります。いじめられる側に問題があるというのではないです。
いじめる側の子どもが、いじめをのターゲトとする者を、自分とは何か違うことを要因にいじめてしまうのは、そのこを受け入れ認める心の余裕や寛容さが薄いからと言えます。そして、いじめる者はそれなりに今までの生き方に対して傷ついた心があり、それによりものを歪んで見てしまう心があり、自分の存在を示すのに素直に表せない心があます。それらに目を向けて指導しないでいじめるおまえが悪いとしてすぐに、出席停止の懲戒処分をするのは、人を育てる教育者として自分の責任を放棄し役割を逃れようとしてしまうものです。

昔は教育現場の教師はいじめる側の者と、積極的かかわり指導してきました。そしていじめる側の子どももそのかかわりの中から、自分自身を見つめ直し自分の表現方法を学んできました。
しかし、いつごろからか管理教育がなされるようになり、子どもたちは、生き方や生活の仕方が息苦しくなってきたようです。そして、その中でそれまでもあったいじめの内容がだんだん陰湿化し凶暴化してきたように思います。

そのような流れに乗り、生徒の管理強化を進めることになりかねない、いじめる者の出席停止は安直になされることは、いじめる側の子どもが教師を恨み妬みます。そしてその恨みや妬みを持ったまま大人になり、人を信じなくなり社会にでていきます。
よく考えないと教育の責任放棄になり、生徒やその親も学校は・先生は生徒を警察に売ったと思ったりして、教育の崩壊にも繋がりかねないです。

そのいじめる者を充分に指導した後の、出席停止の懲戒処分であり、その処分をした後も、教師はかかわり続け行政や警察や地域などが個々に支援体制や教育方法を作って協力し合わないといけないでしょう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 100年前の教訓
    レインボー (05/09)
    初めてコメントします。

    100年前のスペイン風邪が流行ですが、与謝野晶子の指摘、感心しました。
    ご指摘のとおり、100年前と同じことが繰り返されているとは、驚きました
  • 東京五輪の延期は
    竹林泉水 (03/27)
    オリンピックの開催はようやく、1年程度の延期との結論がでました。
    ただ、政府は新型コロナウイルスの封じ込めにどこまで、本気でいるのかヨーロッパやアメリカや韓国など
  • 東京五輪の延期は
    アジシオ次郎 (03/25)
     おはようございます。

     東京オリンピック・パラリンピックは1年延期となったわけだが、新型コロナウイルスという道の猛威には勝てなかったというか、この状況で予定通
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    竹林泉水 (02/20)
    「桜を見る会」などを棚上げすれば、モリカケのようにうやむやにされ、日本の行政がますますゆがめれれていく。
    コロナウイルスの対処は別問題では?
    一所にすれば、両方と
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    幽村芳春 (02/19)
    「桜を見る会」の論戦はいったん棚上げにして、今国会ではコロナウィルスなどの防疫問題を論議してほしいと思います。
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    竹林泉水 (02/07)
    コメントありがとうございます。
    五観の偈をとなえて食事をなさっておられるのですか。 頭がさがります。

    企業活動や時の政権も、この「五観の偈」を、政治や商売に置き
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    04 | 2020/05 | 06
    -----12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31------

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR