FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

天台小止観 棄蓋 0003-1

天台小止観 棄蓋
第三章 蓋を棄てよ

修行するのに、善き心がわき出てくるのを、邪魔をする気持ち心がある、その邪魔をしているのを取り除かないと、いつまでたっても悟りは開けないどころか、善き心を食いつくして悪い心が芽生えてくる。

その邪魔するものは、五つあり、貪欲、瞋恚、睡眠、掉悔、疑だと書かれてある。

初めの。貪欲は前の章で異性に対する欲は、修行を邪魔するだけでなく身を滅ぼすと書かれている。異性に対する欲は、一度忘れ去っても再びわき起こってくるもので、強く戒めないといけないものの第一とされている。よく、一度異性関係で失敗をして反省をしても、繰り返し異性関係で問題を起こす人がいるのは周知のことです。「女で身を滅ぼす」と昔からいわれるのは当然だろう。この五欲「色・声・香・味・触」は自分の外側から誘いかけられるものである。

貪欲にはこれとは別に、自分の内側から涌いてくる貪欲がある。私たちは人のものを羨んだりするが、欲を出したらきりがない。隣の芝は青く見えるといい、人のものは良く見えるのもここからくるものだ。
名誉欲や出世欲、新しいテレビが欲しい、あの車が欲しいなど、生きていくとすぐにあれが欲しい、こうあって欲しい、もっと便利にならないかなど、いくらでも出てくるものである。
この欲がなければ、今のような便利な生活は送れていないだが、貪欲はよくないとお釈迦様は強く戒めている。そして少しでも欲が沸いてくるのに気がついたら、それを棄てなくてはならないと。
人の好くが今の社会を便利にしてきているのだが、便利になったのが当たり前になると、感謝の気持ちが消えてしまうのは悲しいことで、それを無くしたくはないです。そのためにも欲を追い求めてしまうのは、自分を亡者にしてしまうのかもしれません。

欲望を蓋する強い心を持っていても、欲望の気持ちが沸きだしてくるものだが、それが出てきたとき蓋をしなかったら、善い心が芽生えようとしても蓋をされてしまい善い心が芽生えない。

欲望の強い人は欲を遠ざけるのが難しいので、欲に蓋をするためにお釈迦様は弟子に次のようなことを云われている。
・修行をして恥というものを知っている人は。
・質素な生活をして、人のためにつくすことをすべきだ。
・物欲を始め欲情におぼれた生活をしてよいのか
・五欲を断ったならそれを懐かしんだり顧みることをしてはいけない
・一度五欲を断ったのに再び手を出すのは、毒を口にしてこれは毒だとわかって、一度吐いたものを再び口にするのと同じことだ
・欲しいものを手に入れるのには苦労をすれば、手に入れると怖畏があり、なくしたときには忘れられずにいる、いつもが楽しいことばかりではない。
・欲のままに生活をすると、煩い悩むことが多くなる。
・では、どうしたら欲を棄てられるのか
・修行にコツコツト励み、積み重ねて、修行の楽しみを知ることだ
・修行を続けることによりあざむかれることはなくなる。
とおっしゃっておられる。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 100年前の教訓
    レインボー (05/09)
    初めてコメントします。

    100年前のスペイン風邪が流行ですが、与謝野晶子の指摘、感心しました。
    ご指摘のとおり、100年前と同じことが繰り返されているとは、驚きました
  • 東京五輪の延期は
    竹林泉水 (03/27)
    オリンピックの開催はようやく、1年程度の延期との結論がでました。
    ただ、政府は新型コロナウイルスの封じ込めにどこまで、本気でいるのかヨーロッパやアメリカや韓国など
  • 東京五輪の延期は
    アジシオ次郎 (03/25)
     おはようございます。

     東京オリンピック・パラリンピックは1年延期となったわけだが、新型コロナウイルスという道の猛威には勝てなかったというか、この状況で予定通
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    竹林泉水 (02/20)
    「桜を見る会」などを棚上げすれば、モリカケのようにうやむやにされ、日本の行政がますますゆがめれれていく。
    コロナウイルスの対処は別問題では?
    一所にすれば、両方と
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    幽村芳春 (02/19)
    「桜を見る会」の論戦はいったん棚上げにして、今国会ではコロナウィルスなどの防疫問題を論議してほしいと思います。
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    竹林泉水 (02/07)
    コメントありがとうございます。
    五観の偈をとなえて食事をなさっておられるのですか。 頭がさがります。

    企業活動や時の政権も、この「五観の偈」を、政治や商売に置き
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    05 | 2020/06 | 07
    -123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR