FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

小を見るを明と曰う

小を見るを明と曰う

老子の、「小を見るを明と曰う」の出典は、老子:第五十二章歸元にある。

天下有始、以爲天下母。既得其母、復知其子。既知其子、復守其母、没身不殆。
塞其兌、閉其門、終身不勤。開其兌、濟其事、終身不救。
見小曰明、守柔曰強。
用其光、復歸其明、無遺身殃、是謂習常。
(岩波文庫の「老子」参考)

天下に始め有り、以って天下の母と為すべし。既にその母を得て、以ってその子を知る。既にその子を知り、またその母を守らば、身を没するまで殆うからず。
その兌(あな)を塞ぎ、その門を閉ざせば、身を終うるまで勤(つか)れず。その事を済(な)さば、身を終うるまで救われず。
小を見るを明と曰い、柔を守るを強と曰う。
その光を用いて、その明に復帰すれば、身の殃(わざわい)を遺す無し。是れを習常と謂う。

現代意訳
この世界には始めがある。それを世の中の母と呼ぶとすると、その世の中のことが明らかにすると、さらにその子のこの世の中のことも知ることができる。その子のありようを知った上で、さらにその母を守っていくことにより、身が終わるまで安らかになる。
欲望が呼び起される目や耳などの穴を塞ぎ、欲望が生じる心の門を閉ざせば、一生、疲れることはない。しかし、欲望の穴を開き、欲望のいとなみのままにすると、一生癒されることはない。
細かなものまで見極め明らかにする、柔弱さを守っていくことを強という。
その光を働かせ、明の状態の原点に帰れば、わが身に災いが降りかかることはない。このことを、恒常の道に順うという。


ものごと何事を進めるにおいて、剛健がよいわけではない、ものごとに固執してとらわれてしまうと、いくら多くなものを手に入れてもそれに飽きたらずさらに多くのものを欲することになる。その意味で柔弱は大切なもので、ものの理を得ることができる。そうすれば、こころやすくなる。ものごと何事も足を知ることが大切です。
しかし、いまこのコロナ禍のなかでも、立ち止まりもせず、あくことなく貪欲のここころの蓋を開けたままにする人のなんと多いことか。いまこそ、欲望の性の行く先を考えて見るべきではないか。
欲望のために、これまで気づいていたが、見ぬ振りをしてきた問題が、COVID-19禍のパンデミックにより、その弊害が噴出している。そしてそれらの問題への手当がせまられてる。
見て見ぬを振りをしてきた問題とは、格差、貧困、極端な大量消費、科学至上主義、地球温暖化、制度疲弊などです。トランプ大統領は公然と、温暖化問題はフェイクだと否定し、経済成長至上主義を貫こうとしている。今こそ私たちは、欲について考える時ではないだろうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 臨時国会の開催はいつか
    竹林泉水 (08/09)
    日本の現状いや世界でも同じよな風潮になっている。
    アメリカでも、トランプ政権の外交政策や内政も、アメリカ自己国第一主義のアメリカファースト。
    日本の安倍政権も、こ
  • 臨時国会の開催はいつか
    風と雲 (08/04)
    一体今の日本はどうなってしまったのだろうかと思う。アベ内閣も与党も憲法に違反することを完全に無視して悪びれもせず堂々と実行してきた。、政府高官も最高裁も報道機関
  • 難病と尊厳死
    竹林泉水 (07/29)
    コメントありがとうございます。

    自ら生きる権利、自ら死ぬ権利があるのはよくわかります。
    それにはどちらも人・個人としての尊厳が保たれている必要がある考えます。
  • 難病と尊厳死
    風と雲 (07/28)
    意識して自ら命を絶つことができるのは人間だけだと思います。人には生きる権利と自由があるように、自らの命を絶つ権利も自由もあって然るべきではないでしょうか。このA
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (07/01)
     自分よりも周りを優先する集団主義的な考えが同調圧力などがまかり通る社会なことについて前に
    >日本的なこの価値観は、海外から見たら奇異の目でしか見られないでしょ
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    09 | 2020/10 | 11
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR