FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

コロナ後の世界

この新型コロナウイルス(COVI-19)のパンディミックの危機を、人類は乗り越えられるか。

答えは、乗り越えられると断言できるだろう。
しかし、最悪の事態は人類の絶滅か、もしくは人口の大激減で地球上の人口が半減以下になる。

今までに人類にウイルスでみると、今の第一波のパンディミックを収束させて沈静化するか、インフルエンザのように、毎年定期的に少数の感染確認がされる状態で落ち着いている。14世紀にヨーロッパで流行したペストは10年ほど感染の何を繰りえ返し。ユーラシア大陸全域に広がり、2億人が死んだとともされる。あるいは、100年前のスペイン風邪(原因ウイルスはA/H1N1亜型)のように第1波よりも、翌年の第2派の方がはるかに多くの犠牲者を出し、その後に封じ込めに成功し収束している。スペイン風邪の場合は第一次世界大戦のさなかだったので、第2派の感染が大きくなったのだろうと思う。今の感染予防の医療や衛生技術では、第一波より第二派の方が大きくなることは、先進国ではその可能性は低いと思う。(私は医療にも感染症のことについても素人です) 
ただ、アフリカなどの衛生や医療や水などのインフラなどが未整備の地域では、第二派の方が大きくなる可能性も否定できないだろう。そのために、このCOVID-19を押さえ込むには、全世界が連帯して取り組む必要がある。

しかし、このCOVI-19のパンディミックをどのような状態で封じ込め押せえ込みに成功するかです。分断・分裂で孤立して押さえ込むのか、連帯し協調・協力してかにより大きく変わってくるだろう。

一番理想的なのは、世界の国々がお互いの利害を乗り越えて、情報の共有と連帯をして協力し合って、ウイルスとの戦いに勝つことです。しかし、今の国際社会の状況をみていると、情報の共有はされているが、連帯については一部しか行なわれず、逆に自国に感染の波が襲ってこないように、極端な自国第一主義をとり世界で分断・分裂が見られたり、相手国が悪いと主張することが見られるようでは、連帯して乗り越えるのはほど遠いかもしらない。

それはともかく、楽観的に見て世界は連帯して、COVID-19後の世界はウイルスの封じ込めで世界が連帯した経験を生かして、その後も世界の各国はその後も多方面で連帯をし、さまざまな地球や人類の存亡の課題に取り組む世の中になるかもしれない。
しかし、逆に世界が分断・分裂されたの中でウイルスを乗り越えたときは、ジョージ・オーウェルの小説「一九八四年」の世界のようになってしまう恐れが高いです。

また、国家間の視点ではなく、市民の日常の生活を見ていくとこの、ウイルス禍後の世の中はどのようになっているだろうか。
いま、都市の封鎖や外出の自粛 マイホームステイが推奨されて、働き方ではAI・IT技術によるテレワークが一挙にすすめれれている。また、ドライブスルーやテイクアウトなどの商品の販売や、通販での商品の販売などがされている。医療現場でもオンライン診療などが実際現場で広がっている。これらの新しい技術や仕事の仕方や商売のしかたは、この先の未来はいずれはそちらの方に徐々に移行していくはずだったが、このコロナ禍によりそれが一挙に以降して変わっていく恐れがある。
恐れがあると書いたがそれは、楽観的もので実際はそちらの方に完全にシフトしてしまうだろう。
そうなれば、どうなるか。それについて行けない多くの人が取り残されてしまうことになる。新しいものにはほとんどの人が慎重になりなかなか進まないのだが、一度どれに触れるともとの生活に後戻りをする人がいるだろうか、いやいるかいないかよりも後戻したくても、その流れがいったん出来上がるとりで後戻りできるだろうか。
私たちの生活様式ががらりと変わってしまう恐れがある。

また、今回のウイルス感染が広がるのを防ぐために、スマートフォンに搭載された様々な技術と位置情報を駆使して、その人の健康状態を把握して、位置情報を使ってその人がどのような動態をし誰と合ったり逢ったりしたかを分析して、その人本人に周囲に感染者がどれだけいるかを知らせ警告を発したり、その人の行動自体を制限するようなことがなされていると聞きます。
このようなアプリを中国や韓国などでは強制だそうです。韓国では、2015年のMERSウイルス感染の教訓として、特別法が作られ、そのような緊急時には毎日体温と血圧を報告が義務づけられている。それを今回のCOVIー19に適用して行われていると聞きます。
また、ドイツでも同じようなアプリを使っての、COVIー19に感染した人を知らせるシステムを導入すると聞くが、このアプリのデータは中央に一括保存されるのではなく、各自のスマホに分散して保存されること、スマホにアプリをインストールするかしないかは、スマホの持ち主の自由に任せると聞きます。また、オーストラリアでも同じように濃厚接触者と近くにいるかいないかなどが判るアプリを導入するようで、こちらも利用するかしない化は自由だが、正確に機能するには40%以上の人が利用しないと効果がないともいいます。また、集まったデータは一定期間がすぎると消去されるそうです。
このようなアプリは使い方によっては、国民を監視する道具としてもつかえるので、使い方とその運用をする機関とデータの保存のされかたは、公明で公開されれデータを収集される方は、自分のデータについてのアクセス権は必要でしょう。また、感染ウイルス対策のために使うのだから、その運用は保健機関などがすべきで、公安や警察などがおこなうげきでないでしょう。日本では、毎日のジョギングしているときの血圧や心拍や体温などの身体のデータを、サーバーに送り健康状態のアドバイスが得られるアプリがあるときく。また、このようなデータをオンライン診療にも使われている。今回のCOVID-19での特定の地域の人出の様子を携帯通信会社が、各繁華街などの人の密集度合を調べ、それがニュースなどで流れている。それを考えるといま直ぐにでも、韓国のようなスマートホンでのCOVID-19管理の運用は簡単にできるだろう。

いまのこのウイルスの緊急事態状況なので特例としてそれは認められるかもしれないだろう。しかいし平時でこのようなことが行なわれることは許されれるだろうか。また、このようなシステムは統治者や公安にとっては、市民の動きを把握し監視するのに非常に便利なツールと為り得るので、いつなんどき心悪き人が政権の座についたら使いたいと思うだろう。
いまのこのウイルス禍の非常時だからそれは許されても、平時には許されるものではないが、このウイルス禍が収束したあとは速やかにこれらのシステムが使われることなく、封印するか停止されるべきです。そうしないと恐ろしい監視の世の中になってしい、オーウェルの一九八四年のビッグブラザーが統治する世界になるだろう。
それは、危機である緊急事態のときに、これしかないとして決められる政治という、独裁的全体主義の道を選ぶのか、平時にはなかなか決められなくもどかしくても、民主主義が機能する道を選ぶのか。いま世界はどちらの道を選ぶのか問われているのではないだろうか。
行動の自由が制限される不条理を押さえ込むことは、緊急事態の状態の時こそ、その運用の公平性と透明性を市民は不正に運用されいか、人権が侵されていないかを監視して行かなければならないです。そうしないと知らないうちにビッグブラザーズの国のようになってします。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 人種差別から思ったこと
    竹林泉水 (06/21)
    コメントありがとうございます。

    人間は、自分は他よりも優秀だ思いたいがります。逆に自分はあの一人より仕事ができないと感じたり、あの人より低く見られていることに対
  • 人種差別から思ったこと
    アジシオ次郎 (06/18)
     おはようございます。

     相変わらず現代において根強く蔓延る人種差別の問題、長い歴史において人種差別や偏見はヒドかったけど、その歴史から何を学んでいるのかとも思
  • 人生二十最
    omachi (05/23)
    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めま
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2020/07 | 08
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR