FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

コロナ後の日本の在り方

アジア太平洋戦争、先の第二次世界大戦による、連合軍の大空襲により、東京が廃墟となっていたがしだいに復興し、それにさらなる弾みをつけたのが、1964年の東京オリンピックを開催するために、会場へのアクセスのための首都高速の建設。さらに全国各地からの交通網の整備のため、新幹線と高速道路が建設されていった。それにより高度成長経済へと突き進んでいった。しかし、それにより東京の一極集中がより強固になり、地方の人口が減少し過疎化を招き、都鄙の格差が拡大していっていった。
また、いままでの東京都心はもちろん、地方の都市や市町村の風景が変わっていった。東京オリンピックのころから、日本の都市近郊から田園風景がしだいに消えていった。それは東京だけでなく他の都市も同様でした。また、都会や工業地帯の河川は悪臭をはなち、空はどんよりとして青空が見れなくなっりスモッグが深刻な問題になっていった。
しかし、それに対して危惧を持つ人たちが、川を綺麗にする空に青空を取り戻そうとする運動が起り、水を守ろう空を取り戻そう、そして失われていく田園の文化を残そう、またその地域の町の風景を残そうとする働きかけもあった。しかし、それらの声は、経済成長の渦に巻き込まれ押し流されていき。日本の多くの町は機能的な街への掛け声のもとで、区画整理御が進められ整然と道路が走る街に変えられてしまった。それにより伝統的な町並みは消えていってしまい、一丁目二丁目などさらに区分して番号とつけられて、いままでの昔から引き継がれてきた町の名前が消えてしまった。それと同時に町会が分割併合され、辻にあった地蔵や洞や御堂の守ったり面倒を見る人がいなくなったりした。また、区画整理により町と町が一つになり町ごとで行なっていた祭りが消えてしまい、それによりその町のアイデンティティが忘れられ消えていっている。

パリなのどヨーロッパの多くの都市は、第二次世界大戦でドイツや連合軍の空襲で破戒され焦土と化した。戦後の街の復興は、日本のようにすべて新しく作り直すのではなく、場所によっては古い伝統的な街並みを取り戻す試みもされ、昔の街並みを残して新しく建物がたてられている。しかし、日本は64年東京オリンピックの建設ラッシュでは、日本の道路の起点となる日本橋の上に自動車が走る橋が建設されたり、江戸時代に作られた御濠や運河には水が流れるのではなく、自動車が流れるように作り変えられ、景観を考慮しないで都市の建設が進められていった。またこのことは、東京都心だけでなく地方都市でも同じことがおき、地方は東京の縮小版のような市街地計画で進められていった。

新幹線と高速道路や自動車専用道路を、日本中縦横十文字に建設ていったが、それにより、物流がよくなり地方が活性化したかというと、そうではなくそれより東京の一極集中がよ都鄙の格差が広がってしまっている。。また、首都圏以外でも中核都市として、仙台、名古屋、大阪、福岡のブロック化が進められ、その中での格差がおきている。それによりさらに地方の人口減少と過疎化が進み経済の疲弊が起き、限界集落と呼ばれてる村落あらわれそれが増えていいる。

いままた、東京でオリンピックが開かれるが、そのために老朽化した東京のインフラの整備という名の下で、56年前と同じことが繰り返されている。それにより東京首都圏とそれ以外の中核都市とそのもとの市町村との都鄙の格差はますます増すおそれがある。日本はこれから超高齢化と人口減少に突き進んでしまう。そのことをよく考えてこれからの、日本のまちづくりを考えないといけない。今までの都市計画や国土計画を根本的に見直すべきだろう。

ちょうど、新型コロナウイルスにより、日本の経済の落ち込みが心配されているが、これによる経済の落ち込みは日本だけでなく世界的規模で起きることが心配されている。この新型コロナウイルスによる経済危機を、今までの発展ありきの経済政策ではなく、人口減少を視野に入れ発展在り気ではなく、人間中心の低成長や縮小でも持続可能な経済政策に大転換させて、日本の地方都市が自立と自律ができ、地方が活性化をする経済政策を進めるべきだ。
江戸時代や大正のころまでは、地産地消であたが産業構造が、経済の発展と新自由主義により、グローバル化し日本の企業が日本で消費する製品の多くは、中国やベトナムやインドで作られて、それを輸入して売られている。人件費の安いところで製造してそれを売るのが、今の繁栄パターンだがそれも今後10から20年ぐらいで根本的に考え直さないといけなくなってくるだろう。それは、中国が技術力を急速に世界の先端技術に近づいているように、また労働賃金が上昇しているように、グローバル化の中で技術力や労働賃金などが、多様化、複雑化、無秩序化して多様であったのが、少数化で寡占化し、単純化と秩序化で金太郎飴化している。そのように平準化しいのではなく、今のような弱肉強食の競争の繁栄ではなく、穏やかな繁栄を目指すべきです。そのためには農業とものづくりの技術力との基礎産業と地産地消をもっと重視していくべきです。
その視点と方向で多方面の人の意見を取り入れ、コロナ危機以降の社会政策・経済政策をみんなで英知を集めて考えていくべきです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 人種差別から思ったこと
    竹林泉水 (06/21)
    コメントありがとうございます。

    人間は、自分は他よりも優秀だ思いたいがります。逆に自分はあの一人より仕事ができないと感じたり、あの人より低く見られていることに対
  • 人種差別から思ったこと
    アジシオ次郎 (06/18)
     おはようございます。

     相変わらず現代において根強く蔓延る人種差別の問題、長い歴史において人種差別や偏見はヒドかったけど、その歴史から何を学んでいるのかとも思
  • 人生二十最
    omachi (05/23)
    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めま
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2020/07 | 08
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR