FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

民主主義の危機とは

PHP親書に、マルクス・ガブリエルが日本の読者に向けて、ドイツのボン大学でインタビューされ、大野和基が翻訳した「世界史の針が巻き戻るとき」と言う本がある。
ガブリエルは、「新しい実存論」を示し、世界の見直しの必要性を唱え注目を集めている、若き知の巨人の一人です。

この本の書いているいろいなことに興味を引かれ、考えさせれることが書いてある。その中で、第Ⅳ章 民主主義の危機 の冒頭で次のように述べている。
民主主義について端的に的を得て的確に指摘している。少し長くなるが紹介してみる。
「民主主義における最大の危機とは何かと言えば、民主主義に対する人々の理解が間違っていることです。現在、人々は「民主主義は、自分が信じているものを何でも自由にいえる権利で成り立っている」と思っています。民主主義を、特定の表現の自由と混同しています。しかし、どんなバカげたことでも好きに表現できることと民主主義を同一視してはなりません」。
ここでは、特に表現の自由を例にだしているが、なんでも自由に無責任に言いたいことを言って、他者と争っていくのがよいのではないとのべている。

ここで考えてみると、個と個の衝突について、憲法の改憲論者にはよく、現行憲法は権利ばかり書いて義務は書かれていないと主張するが、「日本国憲法」の第三章[国民の権利及び義務]をよく読めばそうでないことはわかる。

日本国憲法には次のように書かれている。
〔基本的人権〕
第11条国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。
〔自由及び権利の保持義務と公共福祉性〕
第12条この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
〔個人の尊重と公共の福祉〕
第13条すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
〔思想及び良心の自由〕
第19条思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。
〔信教の自由〕
第20条信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
 2、3項、略
〔集会、結社及び表現の自由と通信秘密の保護〕
第21条集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
〔居住、移転、職業選択、外国移住及び国籍離脱の自由〕
第22条何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。
2 何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。
〔学問の自由〕
第23条学問の自由は、これを保障する。

このように書かれているが、民主主義にとって一番大切なことは何かが、端的に書かれていると思う。
この、それぞれの箇所に書かれている、「公共の福祉のため」や、「公共の福祉に反しない限り」と書かれている。また、12条では、「自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。」と書かれている。
ここでの「公共の福祉」と「不断の努力」とは何かだが、
「公共の福祉」とは、個人の人権と人権の衝突がおき、自分ばかりの権利を主張してはならない、常に他者の人権をお互いに尊重し寛容でなくてはならないということです。
「不断の努力」とは、一つは、おのおのの国民市民の意識が、基本的人権への意識が疎かになると、個人からまた統治者や権力から、脅かされるので常にそならないように権力への監視を怠ってはならない。一つは、国民市民自体が公共の福祉に反することが無いように常にその意識を怠ってはならないということだ。
表現の自由などの条文に書かれた文言を曲解してはならないもので、公共の福祉のために使い、公共の福祉に反しない限り認められとしていることを忘れてはならない。

自民党の改憲論者が、現行の「日本国憲法」が個人主義を広め、身勝手な人間を多くしたと主張しているが、現行の憲法は決して身勝手な個人主義・利己主義を是としていない。また、国民・人としての、市民としての義務もすべきことは書かれている。それぞれを、自分の都合のよいように解釈してはならないです。
*(自民党は2005年に、憲法改正案を発表し、2012年にも改正案を発表している。その二つを読み比べると、05の改憲案の取りまとめの責任者を勤めた舛添要一は、12年の改憲案を、右か左かというイデオロギーの問題以前に、憲法というものにちて基本的なことを理解していない人々が書いたとしか思えなかった、と述べている。別の機会に現行憲法と自民党の05年案と12年案について考えてみたい。)

ガブリエルは、ドイツの大学システムを例に、個人が身勝手なことをしても、システムが機能していたら、学部長が仲裁して個人の身が手な言い分は通らない、もし身勝手な言い分が通るなら、それは、学部長がうまくとりまとめできなかったとしていき見られると述べている。
学部長がうまくとりまとめができなかったのには大きくわけて二つある。その一つは、学部長にとりまとめの能力に欠けていた。もう一つは、学部長がうまくとりまとめをしなかった。つまり一方の方に有利なとりまとめをした。これでは、うまく民主主義が機能できなくなる。

そしてガブリエルは、民主主義の制度は何かを定義してる。「民主的な制度の機能は、意見の相違に直面したときも暴力沙汰が起きる確率を減らすことです。二人の当事者が異なる意見を持っているとき、民主的機関の機能は、双方の利益のあいだの妥協点を見つけだすことです。・・・中略・・・ 民主的な判事は真実を探すだけではなく ーもちろん真実は十分重要ですがー 双方の利益を考慮に入れます。そうやって民主主義が機能するのです」。
つまり、一朝一夕に自分の敵を潰すことはできないようになっているのが、民主主義の制度で、民主主義は各々にプロセスがあり、非常に複雑で緩慢に物事が進むことを認めそれを護らなければならないのでしょう。
ガブリエルは、最近の民主主義国の市民はそのことを、よく理解していない人が増えてきていると警鐘している。とし**アメリカ憲法修正第1条を曲解していると指摘している。
最近のフェースブックなどは、表現の自由を曲解しているとしガブリエルは次のように述べている。
「我々は民主主義の本質とその価値を理解しなければなりません。緩慢な官僚的なプロセスが善であることを理解しなければなりません」。と。

**アメリカ合衆国憲法 修正第一条には次のように書かれている。
1791年に修正第1から10条
第1条
連邦議会は法律により、国教の樹立を規定し、もしくは信教上の自由な行為を禁止することはできない。また、言論および出版の自由を制限し、或いは人民の平穏に集会をし、また苦痛事の救済に関し政府に対して誓願する権利を侵すことはできない。(岩波文庫 世界憲法集 昭和35年1月25日発行 昭和48年7月10日 第16刷)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 臨時国会の開催はいつか
    風と雲 (08/04)
    一体今の日本はどうなってしまったのだろうかと思う。アベ内閣も与党も憲法に違反することを完全に無視して悪びれもせず堂々と実行してきた。、政府高官も最高裁も報道機関
  • 難病と尊厳死
    竹林泉水 (07/29)
    コメントありがとうございます。

    自ら生きる権利、自ら死ぬ権利があるのはよくわかります。
    それにはどちらも人・個人としての尊厳が保たれている必要がある考えます。
  • 難病と尊厳死
    風と雲 (07/28)
    意識して自ら命を絶つことができるのは人間だけだと思います。人には生きる権利と自由があるように、自らの命を絶つ権利も自由もあって然るべきではないでしょうか。このA
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (07/01)
     自分よりも周りを優先する集団主義的な考えが同調圧力などがまかり通る社会なことについて前に
    >日本的なこの価値観は、海外から見たら奇異の目でしか見られないでしょ
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    07 | 2020/08 | 09
    ------1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031-----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR