FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

過労死、生活習慣病に思う

現代、過労死が問題になったり、生活習慣病が大きな問題になっている。
中国の太古の医学書の「黄帝内経素問」に、昔の人は100歳以上いきたが、今の人は50歳で衰えてしまうとかかれている。
黄帝内経素問は、いまから、前漢代に編纂されもので、いまから二千二百年ほど前にかかれたとする書物です。

それからすると、いまから100年前は人生50年といわれていた。そう考えると前漢の時代から2000年以上たっても、少しも変わっていないことになる。ここ数十年で医学の進歩や衛生科学や養生について飛躍的に進歩してきているが、ようやく2200年ころと同じレベルに達したのだともいえる。
しかし、今日、医学がいくら進歩し健康衛生管理がなされていも、美味しいものを追い求め飽食に走り、お腹を膨らますため脂っこいものをとる。また自分の今の生活をよくしようと、自分を振り返らずに働く。
また、人によっては低賃金の加重労働を強いられている人もいる。いくら医学や健康への意識が高まっても、肝心なところは黄帝内経素問がかかれたころと、ほとんど変わっておらず進歩していない。
それどころか、健康のためだと栄養剤や栄養食品やサプリメントなどを大量に接収すしたり、薬を服薬する人もいる。

いま一度、中国の医術書の古典の「黄帝内経 素問」を読んでみよう。
黄帝内経素問に次のようにある。(現代語訳 黄帝内経素問 東洋学術出版社参照)

余聞く、上古の人、春秋皆百歳を度えて、しかも動作衰えず。今時の人、年半百にして動作皆衰うる者は、時世異なるか、人はたこれを失するか。

 「私は『上古の人はみな百歳になるまで生き、しかも行動は衰えたりしてはいなかった』と聞いている。ところが、偏在の人は五十歳になるやならずで動作が衰えてしまう。これは時代環境がことなっているためなのか、それともお人々が養生の道にはずれているためなのか」

太古の人はみな長生きして100歳まで生きていたが、今の人は50歳になればもう人生の終わりだが、それはどうしてだろうかと問うているが、漢時代は今のような医学も衛生学もなかったので、成人になる前、十代で死んでしまう人が多かっただろう。また、機械かされていないので農耕もすべて人力と家畜の耕耘だったの、体も酷使されていた。一方支配階級の人は、これからいかに説かれている、不養生な生活を悦楽していたのだろう。たしかに、当時の一般の庶民は重労働のために、そんなに長く生きられなかっただろう。しかし、時に政権の支配階級の権力者などは、70歳以上生きている人も多くいる。しかし、上古の人が100歳まで生きられたというのあは、いくぶん白髪三千丈のようなものと解していいだろうが。
それ以降を読んでいると、私たちの今の生活を考え直さないけないと教わるところがおおくある。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 安倍首相の愛国心とは
    本当に教員? (09/10)
    興味ある内容なので拝読したが「教育勅語」を親孝行等の道徳ではなく戦争に洗脳させるためだとか思い違いも甚だしい。
    貴方が現役の教員であれば授業中が退屈で眠気が襲っ
  • トランプは白人至上主義者か
    アジシオ次郎 (08/07)
    おはようございます。

    アメリカにおいてまた立て続けに銃乱射事件が起こったけど、テキサス州・エルパソでのケースは容疑者がヒスパニック系に対する憎悪感丸出しの書き
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    09 | 2019/10 | 11
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR