FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

温室植物

今から10年ほど前に、講談社から「興亡の世界史」というシリーズのなかで、美術史学者でもあり、古代遺跡の発掘にもかかわられている、青柳正規「人類文明の黎明と暮れ方」のなかで、いまのいや当時の資本主義経済の現状を、ヒマラヤの標高4300mに育っている、温室植物の「セイタカダイオウ」にたとえて今の現状を批判している。

少し引用をしてみる。
「最近の経済のありかたや経済学者たちの言動をみるにつけ思い浮かべるのは、ヒマラヤの高地に生息する「温室植物」である。極寒希薄の環境に適応するために、大きな葉で花をすっぽり包み込んみずから温室状態をつくりあげていることから、そう呼ばれている高山植物の一種だる。ヒマラヤの高地を生き抜くために、わずかな太陽光線を吸収することだけに特化して進化したきわめて特異な植物で、大きいものは一・五メートルほどもあるが、体そのものはひじょうに弱い。一つのことだけに特化しているぶん、それ以以外のことには弱い植物であうる。」
このあと、青柳は最近の新自由主義経済はマネーゲム化した企業経営や経済をこの温室植物とダブって見えると指摘している。これは今から10年前の指摘です。

新自由主義経済は、利益を上げることのみに特化して、経営陣は株式の配当のために、利益を上げることにばかりを考えているように想える。
戦後日本の高度経済成長は、単に利益市場主義ではなく、松下や本田やソニーなどが経済競争に勝つことができたのは、利潤追求だけでなく、よい製品をつくるという徳義がありそれを実現させる涵養があり、利益の追求とその徳義が一致していたからだと思う。
しかし、今の企業は消費者よりも株主の顔を伺うことを重視しているのではないだろうか。
しかし、そのようなことを続けていくと、セイタカダイオウのように、秀でてもそれは一つの環境のなかであり、たのグローバルな環境で環境が変われば弱くなってしまう。植物や動物の歴史をみるとそれらは絶滅している。

規制などを撤廃していき、なんでもかんでも市場経済で自由競争を押し進めることにより、企業の徳義・徳性を涵養しようとすることは、企業の競争にに必ずしも役立たないと軽く見られると考えに堕ち行てしまいかねない、しかしそれは堕落や頽廃への入り口に他ならない野ではないダルか。いつまでも、株主を伺うのはやめ、企業の徳義をそだて、株主も株の配当だけでなく、自分の投資してい企業がより徳義を重んじる企業に成長していくことを望むべきでだろう。
また、消費者も従業員を酷使しるブラック企業、環境を顧みないブラック企業、利潤追求の奔走するブラック企業に対しては、その企業の商品の不買や抗議などをして、自分たちの未来の生活を守ることを考えないと行けないのではないだろうか。

企業の寿命は50年という人もいる、流通業界を一時席巻したダイエーも今は見る影もないです。しかしその企業の寿命も新自由主義の利潤追求の嵐は、どんどんと短くなっているようにめる。

さて、これから世界の経済はどのような方向に進んで行くのだろうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 人種差別から思ったこと
    竹林泉水 (06/21)
    コメントありがとうございます。

    人間は、自分は他よりも優秀だ思いたいがります。逆に自分はあの一人より仕事ができないと感じたり、あの人より低く見られていることに対
  • 人種差別から思ったこと
    アジシオ次郎 (06/18)
     おはようございます。

     相変わらず現代において根強く蔓延る人種差別の問題、長い歴史において人種差別や偏見はヒドかったけど、その歴史から何を学んでいるのかとも思
  • 人生二十最
    omachi (05/23)
    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めま
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2020/07 | 08
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR