FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

食事の作法

わたしたちは、ご飯を食べる前に、いただきますと合掌します。

そこにはどのような意味があるのだろうか、このブログにも何度か書いたことがあるが、改めて考えてみたく思う。

道元の「赴粥飯法」につぎのような、修行僧においての食事の作法がある。
・話は一切しない。
・きょろきょろしない。
・背筋を伸ばす。
・食器の音を立てない。
・食器は必ず両手で持つ。
・食べるときに音を立てない。
・口いっぱいに食べ物を詰め込まない。
・食べ物を残さない。
・舌で口囲をなめない。
・皆と食べる早さを合わせる。
などの作法は食事のしかたを美しく完成させたもので、茶の湯の作法と共通するてんがある、というより赴粥飯法が茶の湯に影響を与えたのでそしょう。

また、僧は「いただく時」五観の偈を唱えます。
それは食事をいただく精神を表しています。

一 計功多少量彼來処 一には、功の多少を計り彼の来処を量る。
二 忖己徳行全欠応供 二には、己が徳行の全けつをはかって、供に応ず。
三 防心離過貧等為宗 三には、心を防ぎ、過るを離るる事は貪等を宗とす。
四 正事良薬為療形枯 四には、正に良薬を事とするは、形枯を療ぜんが為なり。
五 為成道故今受此食 五には、成道を成ぜんが為に今此の食を受く。

1 今、目の前にある食事が出来上るまでの手数を思い、その食材が如何にして 自分の前に出されたかの経路を思う。すべての食材は、いのちの犠牲の上にわれわれの成り立っていることに感謝する。
2 目の前の食事は多くの人の努力と供養によって、この食事を得ていることを銘じ、自分がそれを糧として食べるに足りる正しい行いをしているかを反省する。
3:迷いや過ちを犯さないように、貪り・怒り・愚かさ、の3つをいましめる心を持つ。
4:食事は良薬であり、身を維持し痩せて衰弱するのを防ぐことを思って食する。
5:仏道を成就するという目標の為にも、身を養うこの食事をいただく。

私は中高とカトリックのミッションスクールでしがが、
食事の前後の祈りというのがありました。
詳しくは忘れてしまいましたが、概ね次のようなものでした。

食前の祈り
右手で、左肩 右肩 額 鳩尾と十字を切り、合掌して。
『父よ、あなたのいつくしみに感謝してこの食事をいただきます。
ここに用意されたものを祝福し、わたしたちの心と体を支える糧としてください。
私たちの主イエス・キリストによって。アーメン』

食後の祈り
『父よ、感謝のうちにこの食事を終わります。
あなたのいつくしみを忘れず、すべての人の幸せを祈りながら。
私たちの主イエス・キリストによって。アーメン』

イスラム教では、食事をする際は、神の御名を唱えなさいと言われ、神の御名を唱え忘れたのであれば、「この食事の始まりと終わりのどちらも、神の御名のもとに。」というようです。

仏教に比べ他の宗教は食について、仏教ほど重視していないように思えるのですが、どうなのでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 夏のサンマ
    竹林泉水 (06/02)
    逆に一年間漁をやめるなどしてはどうだろうかと思うが、それでは漁業者の生活権を奪うことになる。また、今まで、外国人に日本の美味しい食材を紹介して、それを海外に売り
  • 夏のサンマ
    荒野鷹虎 (06/01)
    漁獲量は年々細くなっていますが、資源本来の減少も一因と思います。期限を撤廃するのは大きな間違いと思います。
    資源は有限ですから資源保護政策をとる必要はあると思い
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    07 | 2019/08 | 09
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR