FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

戦後再発見叢書『9条入門』

戦後再発見叢書の第8巻が出た、『9条入門』加藤典洋だが、その「はじめに」で、中江兆民の[論外交]の一説が紹介されている。

「意気  として絶えて顧慮する所なく、そのトルコ人もしくはインド人を待つの無礼なるkと、かつて犬豚にもこれしかず、一事心にかなわざることあれば、杖をふるってこれを打ち、もしくは足を挙げ一蹴し過ぎ、視る者恬としてこれを怪しまず」
「殊知らず、トルコ印度の人民もまた人なり。(略)宜しく循々然として之を導いて、徐々にその文物制度の美を味わわしむべし。此れ天の先進の国民に命する所の職分なり」(ふりがな略)

加藤氏は、兆民のこの文を、自分たちは優秀で進んだ民族だとして、中東やアジアの人を下等な民族だとしてさげすんでいることにたいして、自由や平等・博愛は西洋が作りだしもたらしたものだが、それを自分たちだけに適応している。これらの、自由や平等。博愛について本当のことを判っていない、この原理を生かすのは作り出した彼らではなく、彼らが見下されていてそれを学んだ自分たちの方だと指摘していると書いている。

加藤しは、憲法9条の理念も、西洋の民主主義や自由、博愛・平等の先進国であるアメリカが、世界大戦の惨事を振り返り、二度と戦争をしてはならないと、GHQの民政局の人に教えられ押しつけられたが、それを生かし形にするのはそれを教えられた私たちだとも見れると述べている。
わたしは、日本が西洋に学ぶのは終戦の憲法だけでなく、それは明治維新の時にもあったと考える。脱亜入欧のスローガンのもと、政治や経済を西洋化し近代化にするのに邁進していった。そのなかで、イギリスやフランスなどの、文明の劣った国を侵略し植民地とするのは正当なことだとし、日本は欧州の列強に倣い国名を「大日本帝国」とし、帝国主義化していった。それにより、日清・日露戦争が起き、台湾を清国から割奪し、朝鮮半島を併合し植民地化していった。さらに傀儡政権の満州帝国をうちたて、西欧の植民地政策を倣いそれおこなうことにより、近代化したと思い間違ってしまった。
それにたいして、岡倉覚三(天心)は、日清日露戦争に勝ち野蛮国から脱するなら、野蛮国で甘んじようとのべ、明治政府の近隣諸国への対応を批判した。

『9条入門』は、表題からわかるとおり、9条の成立過程が中心にかかれている。そのなかで、なにを学ぶのか、平和の重要さは憲法前文にも書かれているが、9条ではその2項で「戦力の不保持」が書かれている。これは、崇高な考えであるが、非現実的な文言でもあるといえる。ならどうすればよいのか、それを考える上で、その成立過程を振り返って見るのもよいだろう。
そして、その押しつけられた文言を、どのようにすれば実現でるかを、模索し考えて見るのは、非現実できなことでもそれは無駄なことではないと思う。その模索し考えたなかで新しい平和への発想の芽が見つかるかもしれないと思うからです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 夏のサンマ
    竹林泉水 (06/02)
    逆に一年間漁をやめるなどしてはどうだろうかと思うが、それでは漁業者の生活権を奪うことになる。また、今まで、外国人に日本の美味しい食材を紹介して、それを海外に売り
  • 夏のサンマ
    荒野鷹虎 (06/01)
    漁獲量は年々細くなっていますが、資源本来の減少も一因と思います。期限を撤廃するのは大きな間違いと思います。
    資源は有限ですから資源保護政策をとる必要はあると思い
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    07 | 2019/08 | 09
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR