FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

死んだ豚の脳

ショッキングなニュースがあった。

食肉用の豚の屠場から、死んだ豚の脳を譲り受け、特殊な容器にいれ脳に血液代わりの溶液を送り込む装置に入れ、死後4時間の時点で細胞レベルの活動を一部確認したという。この研究結果を、米エール大の研究チームが17日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表したというものです。

脳が完全に蘇生されたわけでなく、細胞レベルでの話で、脳細胞とのシナップス活動をしたわけではないので、フランケンシュタインに登場する怪物やSFの死者の蘇生とは違う。
しかし、脳細胞の一部がの活動がみられたことは、急性心不全や脳梗塞などで脳が損傷した際の新たな治療法を開発するのに役立つ可能性があると見る人もいる。
慶応大学の岡野栄之教授は、脳の神経細胞は減る一方で再生しないと言われていたが、脳神経幹細胞の研究成果などを手掛かりに、今回パーキンソン病、ALS、アルツハイマー病、てんかんの抑制に関わっている脳神経細胞を再生させることに成功ししている。

このようなことを考えると、今の科学や医学の進歩のスピードは加速度を増しているようなことを考えると、いずれは、脳の蘇生も夢もの語りではなくなって来るかもしれない。
このことは、死者を蘇えさせることにもつながり倫理的にどうなのだろうか。
また、脳だけを容器に入れ生かしておくこともできるようになるかもしれない、以前に脳の活動を人工知能のアルゴリズムに移植する研究がなされているとも聞いた。
となると、この肉体を脳だけが離れて、機械につながれて存在することもあり得るかもしれない。もしそれが現実のなったら、その機械につながれた脳は、自分の身体と言うものを意識するのだろうか。しかし、四肢はなく実際に移動もできない、脳は機械につながれ他の機械にコマンドを送ってその機械を操作する。その脳が機械に繋がれるまえは、健常な肉体を持っていて、ある時交通事故か何かで、脳だけが機械に繋がれたとする。その脳は自分が五体満足な記憶がありそれを思い出すことができるだろうか。
自己か何かで四肢のいずれかを失った人が、その失ったはずの脚がかゆいと感じる幻覚を感じると聞いたことがある。機械につながれた脳にもそのようなことが起きるのだろうか。

話しがそれてきたので話しを戻す。
これからのことが結合して実現していくと、私たちホモ・サピエンスである人類はどうなるのだろうか。ユヴァル・ノア・ハラリのいうような、ホモ・デウスが本当に登場するかもしれない

この文章を書いていて、やや突飛に思考の思いが飛躍した。それは、ジョージ・オーウェルの「一九八四年」の小説を頭のなかによぎった。1949年に書かれた近未来小説だが、1984年は世界は三つに分かれ、主人公が暮らす世界はビックブラザーという独裁者が統治していた。しかし、小説のなかではそのビッグブラザーは登場しない。私はこのビッグブラザーどんな人物か、何者かがわからない。どちらかというと、オーウェルはここで最後に書いた、コンピュータに移植された脳が支配している世界を想定したのだあろうかと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 100年前の教訓
    レインボー (05/09)
    初めてコメントします。

    100年前のスペイン風邪が流行ですが、与謝野晶子の指摘、感心しました。
    ご指摘のとおり、100年前と同じことが繰り返されているとは、驚きました
  • 東京五輪の延期は
    竹林泉水 (03/27)
    オリンピックの開催はようやく、1年程度の延期との結論がでました。
    ただ、政府は新型コロナウイルスの封じ込めにどこまで、本気でいるのかヨーロッパやアメリカや韓国など
  • 東京五輪の延期は
    アジシオ次郎 (03/25)
     おはようございます。

     東京オリンピック・パラリンピックは1年延期となったわけだが、新型コロナウイルスという道の猛威には勝てなかったというか、この状況で予定通
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    竹林泉水 (02/20)
    「桜を見る会」などを棚上げすれば、モリカケのようにうやむやにされ、日本の行政がますますゆがめれれていく。
    コロナウイルスの対処は別問題では?
    一所にすれば、両方と
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    幽村芳春 (02/19)
    「桜を見る会」の論戦はいったん棚上げにして、今国会ではコロナウィルスなどの防疫問題を論議してほしいと思います。
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    竹林泉水 (02/07)
    コメントありがとうございます。
    五観の偈をとなえて食事をなさっておられるのですか。 頭がさがります。

    企業活動や時の政権も、この「五観の偈」を、政治や商売に置き
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    05 | 2020/06 | 07
    -123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR