FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

大戦後世界は成長したが今後の予測

大戦後世界は成長したが今後の予測
ランダースが『2052今後40年のグローバル予測』を核に当たって、「今後40年間で消費はどう変わるのか?」「未来の消費はどのような社会環境、自然環境でなされるのか」道標にして書いている。言い換えれば「2052年に、私は満足のいく人生を送っているのだろうか?」と言うことで、具体的に言うとランダースは次のようなことをあげている。
2052年には、「今より豊かになっているか」「今買っているものを将来も買えるか」「趣味を楽しめるか」「将来もバカンスができるか」「家族の暮らし向きはよくなっているか」
ネガティブに言うと、「職があるだろうか」「どんな仕事だろう」「住みたいところに住めるか」「私がいま過ごしている快適な暮らしが子どもや孫もできるか」

私は、戦後しばらくして生まれた世代で、日本では戦争を知らず経済は右肩上がり発展していき、生活やどんどん便利に豊かになっていった。
しかし、国際社会の外交・政治では、冷戦の時代で、米ソが覇権を争い鎬を削っていた。しかし一方では科学技術も大きく進歩していき、未来は明るいと見せれれていた。経済面でも第二次世界大戦からの復興による、世界全体の経済活動が活発になり生活も豊かになっていった。世界第一の人口を有する、中国はそれまでの計画経済から改革解路線により放市場経済に舵をきり発展していく。
冷戦が終わりソ連が崩壊しベルリンの壁は崩れ、東西ドイツは統一し、世界は融和に向かうとおもわれた。ドイツはヨーロッパでも有数の経済大国になるり、世界全体が豊かになっていくかに思えた。
しかし、冷戦の終結と同時に今まで巨大な敵の前でまとまっていたものが、その敵から解き放たれ、今までの鬱積していた、鬱憤が不羈だし自己の存在を主張するあまり、隣同士での分断と対立を深めることになった。それにより、いろいろな地域で紛争がが起き、テロが多発するようになった。

そのよう危機があるにもことによるのか、人類のこれかを脅かすもっと重大なことから目をそらしている。
それは何か、経済活動を発展させ活発化することによる地球の温暖化となる温室効果ガスの排出です。また、地球の地下資源を採掘することによる環境破壊による生態系を破壊していっていることに対して、それは産業の発展と維持のため目を瞑ったり、ご都合主義で適当に処理してしまうことをしている。
また、科学技術の発展やAIの人工知能分の進化や子生物学やゲノム技術やナノテクノロジー技術の発展は、どのように進み何処にいくのであろうか。
今まで生命の進化は自然の成り行きや偶然から生まれてきた。しかし、今後、人類が発展させてきたそれらにより新しい生命が生まれ、私たち人類にとって変わるかもしれない。これは杞憂だろうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 東京五輪の延期は
    アジシオ次郎 (03/25)
     おはようございます。

     東京オリンピック・パラリンピックは1年延期となったわけだが、新型コロナウイルスという道の猛威には勝てなかったというか、この状況で予定通
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    竹林泉水 (02/20)
    「桜を見る会」などを棚上げすれば、モリカケのようにうやむやにされ、日本の行政がますますゆがめれれていく。
    コロナウイルスの対処は別問題では?
    一所にすれば、両方と
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    幽村芳春 (02/19)
    「桜を見る会」の論戦はいったん棚上げにして、今国会ではコロナウィルスなどの防疫問題を論議してほしいと思います。
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    竹林泉水 (02/07)
    コメントありがとうございます。
    五観の偈をとなえて食事をなさっておられるのですか。 頭がさがります。

    企業活動や時の政権も、この「五観の偈」を、政治や商売に置き
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 地球温暖化の問題点
    竹林泉水 (01/15)
    年始葬送のコメントありがとうございます。
    今年もお互いに良い年でありますようねがっています。

    ハイ 温暖化問題の解決の一番は、私は人間活動に足るを知ることだと考
  • 津久井やまゆり園の裁判
    アジシオ次郎 (01/13)
     遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

     さてやまゆり園無差別殺傷事件の被告に対する初公判は、開廷して被告が謝罪したと思いきや突然口に手を突っ込むとい
  • 地球温暖化の問題点
    荒野鷹虎 (01/10)
    温暖化問題は難解ですねー。
    直ぐ原発再稼働に走りがちになりますのでとんだ飛躍ですよねー。
    水力や風力発電はいかがなものでしょうかね。
    恐ろしいことが現実化されてい
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    02 | 2020/03 | 04
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR