FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

スプレー缶の事故に思う

スプレー缶 札幌の爆発じこはじめはガス爆発かと報じられていたが、そのご事実関係が明らかになり、不動産業者の人が管理している空き家などの除菌消臭をするために保管していた、スプレー缶を120本空にするため噴射したということが原因だという。
スプレー缶は捨て方に注意しないといけないが、この不動産会社の社員は、物件の除菌消臭をするために、釦を押すと全量出る使いきっりのスプレー缶を、店にあるスプレー缶を処分しようとしていたようです。
しかし、それが一本や二本ではなく120本というから常識でも考えられない。
家庭でもスプレー缶をゴミとして捨すてるとき、缶に孔をあけて残存ガスを出し空にして捨てるように自治体は言っている。しかし、自治体によりスプレー缶のガスを抜く作業中の火災事故もあるというので、スプレー缶の残存ガスを抜かないで出すことを推奨している自治体もあるようです。しかし、以前から時折ゴミ収集車のパッカー車が爆発炎上することもあると聞きます。

いまは便利になり、昔は簡易の噴霧器で殺虫剤などを撒いていたが、そのようなものは見ない、いまはほとんどがプレー缶になり、殺虫剤をはじめペンキやスプレー糊などさまざまあります。噴霧器なら薬剤を噴霧器にいれて、ポンプで空気を圧縮するなどして、ノズルから薬剤を噴霧し、使い終わったら薬剤を処理して捨てなくてはならない。しかし、スプレー缶はそのような手間がいらなくて非常に手軽につかえます。ただ、それらを捨てる時のには守らなければならないことや注意が必要です。注意書には捨てる時は孔をあけて中身を出してから捨てる、中身を出すときは野外でする。火気厳禁などと書かれています。それらのことを守ればそんなに危ないものではなく便利なものです。ガスを抜かないで出すことができる自治体も最近はあるようですが、その自治体はスプレー缶を回収してから、だれかがガスを抜く作業をしているのです。つまり、そのガス抜きは自治体の負担になりそれは、税金により負担してるのです。とどのつまりは各消費者がスプレー缶のガスを抜く費用を税金でしはらていることになります。現代の契約社会はそれでよいかもしえないが、だれかがスプレー缶をのガスを抜く手間をかけていることを忘れてはならないです。

スプレー缶が普及しだしたころは可燃性のガスが使われていたが、その後危険ということで不燃性のフロンガスが使われるようになった。しかしフロンはオゾンを破壊し地球の温暖化につながるとして、フロンの使用が禁止され再び可燃性のガスを使っているものも多くなっています。しかし、先に書いたように、通常の使い方をすればそんなに危険なものではないです。
今回は使い途中の120本もの除菌消臭スプレーを、空にするために部屋の中でその仕事をしていたと言われている。このスプレー缶に限らず、どのようなものでも大量の捨てる時は注意が必要だということの教訓にしたい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 人種差別から思ったこと
    竹林泉水 (06/21)
    コメントありがとうございます。

    人間は、自分は他よりも優秀だ思いたいがります。逆に自分はあの一人より仕事ができないと感じたり、あの人より低く見られていることに対
  • 人種差別から思ったこと
    アジシオ次郎 (06/18)
     おはようございます。

     相変わらず現代において根強く蔓延る人種差別の問題、長い歴史において人種差別や偏見はヒドかったけど、その歴史から何を学んでいるのかとも思
  • 人生二十最
    omachi (05/23)
    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めま
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2020/07 | 08
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR