FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

乗合バスの自動運転

前橋市で自動運転バスの運行実証実験が行われるるために、関係者が試乗したそうです。
実証実験は群馬大学と前橋市と地元のバス会社などが行うそうです、試乗会には関係者ら50人が集まり試乗したと言います。
実証実験は一般道で行われ、安全のために運転手が乗っているが、自動運転バスに取り付けた、センサーやカメラで車間距離や信号機の色を認識し判断して制動装置や制御装置を自動で動かして行うそうです。試乗会には、上毛電鉄の中央前橋駅とJR前橋駅の1キロの区間でおこなわれたが、14日からは一般の乗客を乗せて運行されるているそうです。
実証実験はバスの運転手不足を補うために行って、今後の開発に期待がしたいが、いくつかの課題がある。運賃の支払いは、ICカードでなどの電子マネーで行われ、運賃の計算や釣り銭などは、自動化されるのでしょか。しかし、現金しか持っていない人はどうするのだるか。
また車椅子や、ベビー用のバギーで乗る場合はどうするのか、車椅子での乗車などは、現在は原則運転手さんが安全を確認して乗車を助けているが、運転手がいなくなるとどうするか。車椅子を利用しているなら、ヘルパーがいるという人がいるが。最近は一人で外出して活動している人が増えています。また視覚障害やの場合はどのように乗車支援をおこなうなど、まだまだ解決しないといけない課題が多いようです。

  追伸  
そんなことを考えていると、急に完全な自動運転自動車の車の運転というか利用する場合は運転免許入るのだろか。車を保持するのと運転するのとは今の自動者も分けて考えている。また、自動運転自動車に乗る人全員が車の運転免許を持っていなくてもかまわないのだろうか。
事故などが起きなかったら別段問題はないだろうが、万一事故が起きたときのその車の設計車生産者、管理車、乗っている人、誰にその事故責任があるのだろうか。車を製造販売している側はその点は充分に検討し考えているだろう。また、管理車が法人や団体などの場合も事故が起きた場合を想定して考えているだろう。しかし個人で自動運転自動車を持つ人はそこまで考えているだろうか。万が一事故が起きその事故原因がどこにあるかが裁判になったとき、明らかに個人が不利になるおそれがあのではないだろうか。それと同じように、車の事故は相手がいることだが、相手が個人か法人かによってその事故責任の有無を証明しなくてはならないので、資金力がある企業や法人や団体が有利になり、個人が不利になるおそれがある。
このようなことを考えると、わからなくなってくる。法律の専門家はすでにそのようなことを想定して対策を考えているのだろうか。
また、自動運転自動車を推進普及しようとしている人、自動車メーカではなく、政治家や学者などはその点はどのように考えているのだろうか。それらの課題を脇に置いて、新しい産業としての視点でしか考えていないとしたら問題です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 夏のサンマ
    竹林泉水 (06/02)
    逆に一年間漁をやめるなどしてはどうだろうかと思うが、それでは漁業者の生活権を奪うことになる。また、今まで、外国人に日本の美味しい食材を紹介して、それを海外に売り
  • 夏のサンマ
    荒野鷹虎 (06/01)
    漁獲量は年々細くなっていますが、資源本来の減少も一因と思います。期限を撤廃するのは大きな間違いと思います。
    資源は有限ですから資源保護政策をとる必要はあると思い
  • 維新の会 丸山穂高氏の発言 記事追加
    竹林泉水 (05/16)
    私は丸山氏の日頃の言動をよく知らないので、何とも言えないがマスコミやネットなどを見ていると、もともと議会制民主主義の国会議員としてのあるべき資質を否定しているよ
  • 維新の会 丸山穂高氏の発言 記事追加
    竹林泉水 (05/16)
    私は丸山氏の日頃の言動をよく知らないので、何とも言えないがマスコミやネットなどを見ていると、もともと議会制民主主義の国会議員としてのあるべき資質を否定しているよ
  • 維新の会 丸山穂高氏の発言 記事追加
    アジシオ次郎 (05/15)
    おはようございます。

    その場の勢いで言ってしまったと言えばそれまでだが、政治家がこのような発言をすることは大変不適切で国内外で問題になりかねないレベルです。

  • 日米首脳会談と拉致と核の問題
    竹林泉水 (05/04)
    北朝鮮が日本を攻撃する可能性は極めて低いです。しかし、在日米軍基地を攻撃する可能性はあるが、そうなうとアメリカは我が国の基地が攻撃されたとして真珠湾の時のように
  • 日米首脳会談と拉致と核の問題
    風と雲 (05/02)
    全くお説の通りと思います。北の非核化が進まない限り拉致問題は解決されないように仕向けているのは政権の狙いでしょう。国民の大半が拉致家族に同情していることをいいこ
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    05 | 2019/06 | 07
    ------1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30------

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR