FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花 8 3/5

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花 8 3/5

「夜船閑話」にこうも書かれている。
「至人は常に心気をして下に充たすむ 心気下に充つる時は 七凶内に動く事なく 四邪また外より窺う事能はず 営衛充ち心神健やかなり ・・・・・・ 庸流はつねに心気をして上に恣にす 上に恣にするときは 左寸の火 右寸の金(克寸)して、五官縮まり疲れ 六親苦しみ恨む ・・・・・・ 荘子曰く 真人の息は 是れを息するに踵を以てし 衆人の息は 是れを息するに喉を以てす ・・・・・・ 大凡生を養うの道 上部は常に清涼ならん事を要し 下部は常に温暖ならん事を要せよ」とあります。

養生法の修行を正しく学んで身につけた人は、心気を気海丹田に納めると、身体の中にある健康を害するもの、また煩悩や貪欲な気持ちなどが沸き起こってこなくなり、呼吸も循環し血の巡りもよくなり、身体が健康になり血気充実してくる。・・・・ しかし凡人は心気を常に上の方に上げてしまい、肩に力が入ったり息遣いも荒くなってしまい、瞑想をしようとしてもいろいろなことが思い巡ってしまうようになる。そうすると自然と身体も不調になってくる。
荘子に次のように言っている。真人は踵で息をし、凡人は喉で息をする。
ここで、踵で息をすると言っているが、踵が呼吸するわけではない。意識して鼻から空気を吸うのではなく、踵から息を吸い上げ、その息が全身に行き渡るのを、イメージせよと言うことだと思う。後述するが、ゆっくりと静かに鼻先に鴻毛を置いても動かないほど静かに息をするということです。それにより、内臓にもよい影響が及ぼされ、身体によいように働くのです。

養生の一番の道は、上部を清涼にし下部は温暖にすることがよいといっている。昔からよく頭寒足熱と言いますが、内臓や血管を支配している交感神経と副交感神経の働きのバランスがよくなり、血行が良くなり手足が温かくなるようです。

呼吸法にしろ、正しい養生法を身につけなくては効果がないどころか、間違ってすると先にも書いたように身体に悪い影響をおよぼします。そのためには良き指導者につくことでしょう。

しかし、かくいう私は決まった師匠などについて学んでいるのではなく、臨床動作法で学んだことと、気功や整体や太極拳などの本や、理学療法や作業療法や言語療法や、東西医学で身体のことのついて書かれている本などを読んで、自分の身体で試しながらの自我流でしています。

そこで私が気を付けているのことが幾つかあるので、それを書いておきます。
一 焦らず地道にする。
二 自分自身の身体を意識する。
三 軟酥丸などのイメージを大切にする。
四 身体を弛めること、柔軟性を意識する。
五 何か異常を感じたら中断する。
六 あれこれと試しすのでなく、一つの方法続ける。
七 これが一番難しいですが、継続は力なりです。
この五つに気を付けてしています。

つづく

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 100年前の教訓
    レインボー (05/09)
    初めてコメントします。

    100年前のスペイン風邪が流行ですが、与謝野晶子の指摘、感心しました。
    ご指摘のとおり、100年前と同じことが繰り返されているとは、驚きました
  • 東京五輪の延期は
    竹林泉水 (03/27)
    オリンピックの開催はようやく、1年程度の延期との結論がでました。
    ただ、政府は新型コロナウイルスの封じ込めにどこまで、本気でいるのかヨーロッパやアメリカや韓国など
  • 東京五輪の延期は
    アジシオ次郎 (03/25)
     おはようございます。

     東京オリンピック・パラリンピックは1年延期となったわけだが、新型コロナウイルスという道の猛威には勝てなかったというか、この状況で予定通
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    竹林泉水 (02/20)
    「桜を見る会」などを棚上げすれば、モリカケのようにうやむやにされ、日本の行政がますますゆがめれれていく。
    コロナウイルスの対処は別問題では?
    一所にすれば、両方と
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    幽村芳春 (02/19)
    「桜を見る会」の論戦はいったん棚上げにして、今国会ではコロナウィルスなどの防疫問題を論議してほしいと思います。
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    竹林泉水 (02/07)
    コメントありがとうございます。
    五観の偈をとなえて食事をなさっておられるのですか。 頭がさがります。

    企業活動や時の政権も、この「五観の偈」を、政治や商売に置き
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    04 | 2020/05 | 06
    -----12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31------

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR