FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

これかららの教育行政

昭和57年10月号の『世界』に、「教科書検閲の病理」の寄稿文で「根本的対策は、文部省の廃止である。それができなければ、検閲の廃止と『指導料量』の廃止である。それができなければ、検閲内容の公開と、問題点の公開討議である」と加藤周一が岩波の月刊誌世界に執筆している。

加藤周一が57年に『世界』書いたことは、戦後しばらくしての1948年に、教育刷新委員会第十特別委員会(後に廃止)の文部省改革委員会での提言案にある「文部省は学芸及び教育の普及について、必要且つ適切な諸般のサービスを提供し、教育の分権に伴ひ、地方において行なわれる教育に対しては充分なる援助を与ふると共に、あくまで基本的人権を尊重して精神活動の自由を保障するすることをその主要な任務として、いやしくも、国家権力をもって、学芸及び教育の実体に干渉を加ふることのないようにせねばならない。また、その任務の遂行に当たっても、文部当局は、できうる限り民意を尊重して独善におちいるがごときを避けなければならない」と提言していることを踏まえてのことであると思われる。

教育刷新委員会が開かれてたのは戦後直後のことを考えると、戦前に尋常小学校が国民学校に改変され、学校に将校が配属され、軍部が教育に干渉し教育の自由が奪われていった。当時の日本では高等教育を受けるものは、ごく少数であったが大正時代や昭和初期は旧制高校などはには自由な雰囲気があり、学問の自立性は保たれていたようだが、大政翼賛挙国一致のもと、旧制中学高校とも小学校と同じく軍部の干渉が及んでいった。
そして、国全体が大東亜戦争へと駆り出されていきその要ととして、学校が重要な役割を果たすために利用されていったことは周知のことです。

そのとに対して、終戦直後、日本国憲法のもと教育のありかたと文部省のあり方が議論され、文部省の名称も教育省や文化省などと改めたらとの意見もあったという。教育が自由で民主的な方向に進むようにと、教育刷新委員会が持たれ、多くの人がどのようにすればよいか意見を出し合ったという。
しかし、それから60年近くたった、第一次安部政権のときに教育基本法が改正?改悪され、その後の文科行政をみていると、戦後の進められた刷新会議の理想は無くなっていき。いまは、文科行政は政権の施策を推し量るように進めれれているようです。

昭和57年と言えば、私が教職についてから数年たっているが、教壇に立ったころと退職するころと比べると、中学校の男子生徒は市の一校を除いて丸刈りで、管理教育が問題だとそれていた。そして、しだいに個性を生かす教育とかゆとりある教育などの取り組みが行なわれた。個性豊かな人として尊重される教育が学校で本当に行われているかと問うと。退職したころと教職に就いたそのころと今を比べると、生徒の個性を尊重する指導というが、教育データは数値かされデジタル化され、巧みに管理教育が強化され進んでいると感じる。また、指導の現場では結果を出すことが求められてきている。

さらに、柴山文科相は就任した記者会見で、教育勅語の認識を問われ、「現代風に解釈され、アレンジした形で、道徳などに使うことができる分野は十分にある」と発言、菅官房長官は柴山相にその真意の確認などは、必要はないしてその発言を容認した。また、政府は昨年3月に、教育勅語の教育現場での活用を「憲法や教育基本法等に反しないような形で教材として用いることまでは否定されることではない」としています。そもそも、教育勅語は衆議院で日本国憲法第98条(最高法規)の本旨に基づいて排除する。参議院でも日本国憲法に則って教育基本法を制定した結果として、教育勅語は既に廃止され効力を失っていると決議しています。それなのに、憲法や教育基本法等に反しないような形とはどういうことだろう。教育勅語をよく読むと、現行憲法にそぐわないものだし、改正前の教育基本法にもそぐわないし、第一次安倍政権のときに改正した教育基本法にもそぐわないといえまる。
それなのに、教育行政のトップである文科相がアレンジしたら使えると言うのは、教育勅語の復活をもくろむような発言といえる。70年前の刷新委員会の提言案とは反対の方向に進んでいると感じる。

この教育の反動的な流れは、安倍政権になってますますその流れはつよくなり、国家神道や皇国史観を理想とする人たちの思いを、国民にも押し付けようとしていると思えてならないです。

本来、人間は個人的な内心の自由がありそれを、自由にいつでも表現できることが、人として生きがいを感じるものです。しかし、教育勅語には家族は助け合うなど良いことが書いてあるので教育に仕えるというが。教育勅語に書かれている一番重要な点は、天皇の正当性と、天皇のために身を殉せということです。天皇制の国体を守ることが一番大切だと書かれている。
しかし、それは伏せて道徳教育に使えるというのは、その裏に何かを隠していることはそう考えると透けて見えます。そもそも人の道徳観・倫理観は人それぞれで違うもので、画一的に金太郎飴のような道徳観などはないものです。しかし、教育勅語は天皇のために国民は一つになりなりなさいとといている。そして、それは、戦前の教育で余計なことを思い考えず、小国民として生きろと訓導された。それを、教育勅語復活させよとする人は、それも復活させよとしているといえる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 今の政治と改憲
    風と雲 (12/17)
    アベ政権の民主主義理念の無視と曲解による強引な統治手法は将に日本を劣化させる大きな原因と思っていますが、一方 日本の国民には、明治維新や敗戦でも払拭しえなかった
  • GPS付の足枷
    アジシオ次郎 (12/15)
    おはようございます。

    GPS付きの足枷、仰る通り人権侵害という指摘もあるけど、現にアメリカでは性犯罪を犯した人間に対して付けることを義務化してるように、犯罪抑
  • 人の動作を分析する監視カメラ
    アジシオ次郎 (12/12)
    おはようございます。

    監視カメラの進化は喜ばしいし、かつ犯罪及び違法行為の摘発など防犯及び安全面を考えたら正しいことだと思います。
    今回人の動作を分析したり
  • ピザを箸で食べる
    竹林泉水 (12/07)
    西洋のホモサピエンスは、祖先がアフリカ出身だということ忘れて、アフリカやアジア、南北アメリカの住民を下げすんでみているのでしょう。昔は公然と野蛮人とか言いていま
  • よく対案を出せと言うが
    竹林泉水 (12/07)
    官僚の作文ですが、それを作った官僚に期待したいのは、面従腹背で良心的な官僚が、これは黙っていては国のため国民のためにならないと思えば、マスコミにリークしてその情
  • よく対案を出せと言うが
    風と雲 (12/06)
    全くお説の通りです。提案者が情報を独占して反対者に対案を求めるのは将に傲慢であり相手を見下し軽視している現れで、与党が国民を無視しているとしか思えません。マスメ
  • ピザを箸で食べる
    アジシオ次郎 (12/05)
    こんにちは。

    自分たちと文化や習慣が違うって単純な理由でそれを揶揄するような表現は、典型的な「無知」も甚だしいのは前にも述べたけど、ハッキリ言って自分たちの文
  • ピザを箸で食べる
    竹林泉水 (11/30)
    コメントありがとうございます。

    内心の自由はたとえどのよう考えであろうと自由だといえる。しかし、それを表現しようとするときは、憲法に書かれているように公共の福祉
  • ピザを箸で食べる
    アジシオ次郎 (11/27)
    おはようございます。

    いくら「表現の自由」とは言え、相手の文化や習慣をバカにしたようなものはその国っていうか民族に対する侮辱以外の何物でもないし、自分たちの文
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    12 | 2019/01 | 02
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR