FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

積極的平和主義とは

三つの「積極的平和主義」
一つは、ノルウェーの平和学者であるヨハン・ガルトゥング(1930年- )が、1958年に提唱した、戦争のない状態を平和と捉える「消極的平和」に対し、貧困、抑圧、差別など構造的暴力のない状態を「積極的平和(Positive Peace)」と定義している。

二つ目は、国防会議事務局長を勤めた、久保卓也(1921年-1980年)が、9条の平和主義は「しない」が基礎だが「平和の創出のため」国外に向けて何か「する」する事が大事だと提唱していた。

三つ目は安倍晋三の、積極的平和主義だが、これはトランプ流にいう、「力による平和主義」の方が的を射ているように感じる。
安倍首相の「積極的平和主義」(Proactive Contributor to Peace)は、「平和への積極的な貢献」で「同盟国である米国を始めとする関係国と連携しながら、地域及び国際社会の平和と安定にこれまで以上に積極的に寄与していく」だが、米国は、諸外国での軍事活動で、どこまで地域や国際社会の平和や安定に寄与しているかです。イラクやアフガンを見ても地域の安定に寄与しているかとは言えないです。つまり米国に従属しての積極的貢献をするなら、米国の軍事活動を支援するこちになりはしないかということです。

おまけにもう一つの、積極的平和主義
シンクタンク・日本国際フォーラム理事長の伊藤憲一が1991に次のようにと唱えている。
憲法は日本の積極的な国際的貢献を禁じているどころか、むしろそれを求めていると考える。憲法はその第九条で「加害者にならない」ための禁欲的自己規制(すなわち消極的平和主義)を打ち出す一方で、前文のなかで「貢献者となる」ための利他的自己犠牲(すなわち積極的平和主義)を宣言している。

日本国憲法の前文と9条1には次のようにある。
前文
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。
第9条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

参考 Wikipedia
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 今の政治と改憲
    風と雲 (12/17)
    アベ政権の民主主義理念の無視と曲解による強引な統治手法は将に日本を劣化させる大きな原因と思っていますが、一方 日本の国民には、明治維新や敗戦でも払拭しえなかった
  • GPS付の足枷
    アジシオ次郎 (12/15)
    おはようございます。

    GPS付きの足枷、仰る通り人権侵害という指摘もあるけど、現にアメリカでは性犯罪を犯した人間に対して付けることを義務化してるように、犯罪抑
  • 人の動作を分析する監視カメラ
    アジシオ次郎 (12/12)
    おはようございます。

    監視カメラの進化は喜ばしいし、かつ犯罪及び違法行為の摘発など防犯及び安全面を考えたら正しいことだと思います。
    今回人の動作を分析したり
  • ピザを箸で食べる
    竹林泉水 (12/07)
    西洋のホモサピエンスは、祖先がアフリカ出身だということ忘れて、アフリカやアジア、南北アメリカの住民を下げすんでみているのでしょう。昔は公然と野蛮人とか言いていま
  • よく対案を出せと言うが
    竹林泉水 (12/07)
    官僚の作文ですが、それを作った官僚に期待したいのは、面従腹背で良心的な官僚が、これは黙っていては国のため国民のためにならないと思えば、マスコミにリークしてその情
  • よく対案を出せと言うが
    風と雲 (12/06)
    全くお説の通りです。提案者が情報を独占して反対者に対案を求めるのは将に傲慢であり相手を見下し軽視している現れで、与党が国民を無視しているとしか思えません。マスメ
  • ピザを箸で食べる
    アジシオ次郎 (12/05)
    こんにちは。

    自分たちと文化や習慣が違うって単純な理由でそれを揶揄するような表現は、典型的な「無知」も甚だしいのは前にも述べたけど、ハッキリ言って自分たちの文
  • ピザを箸で食べる
    竹林泉水 (11/30)
    コメントありがとうございます。

    内心の自由はたとえどのよう考えであろうと自由だといえる。しかし、それを表現しようとするときは、憲法に書かれているように公共の福祉
  • ピザを箸で食べる
    アジシオ次郎 (11/27)
    おはようございます。

    いくら「表現の自由」とは言え、相手の文化や習慣をバカにしたようなものはその国っていうか民族に対する侮辱以外の何物でもないし、自分たちの文
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    12 | 2019/01 | 02
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR