FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

権力は人を堕落さsる

「権力は人を堕落させる」と、19世紀の政治家ジョン・アクトンは言った。古今東西の権力者は、あの彼とは私は違うと言うが、権力を長期に手に入れるとしだいに、権力は我がものと思いほしいままなことをする。わたしはその彼らとは違うと言うが、権力者というものはおうおうにして、違うといった彼と同じことをしてしまう。ナポレオンなどはそのよい例ではないか。
私は権力をしだいに乱用することはあり得ないといい、丁寧に説明しながら、法に従って粛々と進めるというが、法の解釈を都合のよいようにねじ曲げて、理解しにくい説明をしていく。そしてしだいに民衆はあまり疑問に思わなくなってしまう。為政者が自分の思い描くものは正しいと信じてか、決断して進めていくのは、決められる政治で良いことだと押し進めていくのは、アクトンの言う堕落の始りではないかそうなるとしだいに衰微の始りです。

教育基本法の改正をし憲法の改正のための国民投票法を成立させ、特定秘密法、安保法制、共謀罪法などを次々に、強行採決を繰り返す。国会での審議を誠実につくすといいながら、答弁はあいまいにしてのがれているのでは、政治が真っ当に機能していると言えるだろうか。まだ、反対する者は何を言っているのか、これしかないからこれで行くのだと押し通す方がましだ。

AI法であるカジノ法や国会議員の定数削減のはずが、1票の格差をなくすとして議席を増やす選挙法、国民投票法では、改憲に対する意見広告の規制をすべきとの意見が合るのそれには触れず場外投票所をもうけ投票しやすいようにするとしている。国政運営は好き勝手にしているとしか言いようがないではないか。

いままで政治家の力よりも官僚の影響のが大きく政治を左右されてしまうとして、官僚の人事に内閣の影響力を強くした。それにより私は日本の政治もようやく政治家主導の方向に進むと思い歓迎した。しかし、安部内閣は官僚の人事を握り、自分たちに辛いことを言う官僚を排除していった。それにより、首相に諂い侍るようななことしか言わなくなり、顔色を見て仕事をするようになってきている。これは民衆のことを思わず国の事ばかりを思う独裁者が政を行なっているのに等しいのではないか。

幾つもの内閣での私的諮問会議などをつくり、広く意見を聞くようなそぶりを見せるが、所詮内閣が人選した諮問委員なので、概ね結論ありきの審議になり、出てくる答申は同調するような意見しか出てこない。見せかけだけの茶番のようにしか私には見えない。このことは前からありさほど問題でhあにが、パブリックコメントを取り入れるといい、私的諮問会議などをたくさん作り、さも民意を聞き入れているふりをするのは、今までにないことで、そのようなことが以前よりますます多くなりつよく感じるようになってきた。

今や民主主義は世界中で本当に良い制度だろうかと疑問に思われている。そのためナショナリズムやポピュリズムな考えを持つものの登場してきている。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 100年前の教訓
    レインボー (05/09)
    初めてコメントします。

    100年前のスペイン風邪が流行ですが、与謝野晶子の指摘、感心しました。
    ご指摘のとおり、100年前と同じことが繰り返されているとは、驚きました
  • 東京五輪の延期は
    竹林泉水 (03/27)
    オリンピックの開催はようやく、1年程度の延期との結論がでました。
    ただ、政府は新型コロナウイルスの封じ込めにどこまで、本気でいるのかヨーロッパやアメリカや韓国など
  • 東京五輪の延期は
    アジシオ次郎 (03/25)
     おはようございます。

     東京オリンピック・パラリンピックは1年延期となったわけだが、新型コロナウイルスという道の猛威には勝てなかったというか、この状況で予定通
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    竹林泉水 (02/20)
    「桜を見る会」などを棚上げすれば、モリカケのようにうやむやにされ、日本の行政がますますゆがめれれていく。
    コロナウイルスの対処は別問題では?
    一所にすれば、両方と
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    幽村芳春 (02/19)
    「桜を見る会」の論戦はいったん棚上げにして、今国会ではコロナウィルスなどの防疫問題を論議してほしいと思います。
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    竹林泉水 (02/07)
    コメントありがとうございます。
    五観の偈をとなえて食事をなさっておられるのですか。 頭がさがります。

    企業活動や時の政権も、この「五観の偈」を、政治や商売に置き
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    04 | 2020/05 | 06
    -----12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31------

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR