竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

憲法の変えるべき点は?

昨日憲法について思うことを書いたが、ならば自分の思う憲法をどのように、改正すべきところがあるか。

まずは自衛隊については、今の憲法では軍隊の保持を禁止しているので、日本には軍法というものがなく、国内外で任務を遂行しているときに、人を殺してしまうと、その国の国内法で裁かれてします。それでは平和維持活動などでも、その任務を遂行するにには支障が起きる可能性がある。
そのために、自衛隊の活動には明確にできることを書き、その活動に箍と枷を嵌めるべきでしょう。

また、今のような政治の横行をさせないために、自民党の改憲案のように、臨時国会開催の要求があった場合、何日以内に開催すると明記するべきでしょう。今の憲法では何日以内と明記されていないので、それを理由に開催を棚晒にしてしまうことがないようにすべきでしょう。
また、国会の解散権は今の現行憲法でも、首相の専権事項とは明記されていないです。それを解釈上そうされそれが慣行になっている。それを、解散の要求があり可決された場合は解散するなどの、その制限をつけるべきでしょう。今のように選挙戦に有利な場合に解散してしまうのは、政治の横暴を許してしまうことになりかねないです。

与党の暴走を防ぐために、国勢調査権は国会の過半数お賛成によっておこなわれるが、それをもっと低くして国会で証人喚問を行われるようにすべきではないか。
現行の憲法62条には、「両議院は、各々国政に関する調査を行ひ、これに関して、証人の出頭及び証言並びに記録の提出を要求することができる」としています。
しかし今の政権はそれ拒否して開かれないです。現に証人喚問を野党が要求してもそれを拒み、参考人招致ですまそうとすることは、国民が国政のありかたを知る権利を奪うもので、そのようなことが出来ないように書く必要もありそうです。

他にも、三権の独立特に、司法の独立は時の政権にないがしろにされないようにすべきでしょう。
また、公共放送のありかたは、行政からの独立を強化し、政府の宣伝機関になってしまわないよにすべきでしょう。
ほかにも、憲法が国に求めていること実現させるために法律の制定と憲法違反の法律を審議する憲法裁判所のような機関はひつようでしょう。
また、三権分立 立法権 行政権 司法権に加えて、中央現行の行政権との独立をすべきではないか、行政による財政出動を許してしまえば、国の予算はどんどん膨らみ、収入がないのに支出ばかりになれば、赤字国債の乱発になってしまう。ただでさえいま、日本は千兆を超す赤字を抱えている。
これを一刻も早く、正常な財政にすべきでしょう。
これは、国民の生活にも痛みが出るのは必至だが、それを見て見ぬふりをするように何も取り組まないのはよくないと思う。

また、国会の国会の一院制か二院制につていも見直し、参議院の在り方を見直すべきでしょう。衆議院は国民の政治的に平等の考えから小選挙区制でもよいが、参議院は地域の代表などの観点も取り入れるべきでしょう。この点はもっと議論していくべきでしょう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • パレスチナの混乱
    アジシオ次郎 (05/22)
    おはようございます。

    イスラエル建国からずっと続くパレスチナ問題、アメリカが大使館をエルサレムに移転したことで混乱の火に油を注ぐ事態となったけど、アメリカは事
  • またまた憲法について思うこと
    竹林泉水 (05/18)
    安倍晋三氏は母方の祖父、岸信介が首相の以前から、憲法はGHQの素案に基づいて作ったもので、日本人が自らの手で作ったものを制定すべきという持論をもっていた。そこで
  • またまた憲法について思うこと
    風と雲 (05/17)
    全面的にお説に賛成です。憲法は逐条の内容で論ずるべきで、改憲か護憲かではなく、現状の権力構造が国民の幸福と人権を妨げることへの言及が不足する部分は強化するべきか
  • 麻生大臣の発言
    竹林泉水 (05/12)
    麻生大臣にかかわらず日本の人権感覚や女性が活躍する社会といいながら、このようなことを容認するような政権の体質にはうんざりとします。
    いかにあるべきなのでしょうか
  • 麻生大臣の発言
    アジシオ次郎 (05/11)
    おはようございます。

    セクハラ罪という罪はないなんてまた問題発言をしでかした麻生太郎副総理兼財務相、この人は度々問題発言をしては世間を騒がせてますが、今回のケ
  • 安倍政権の男尊女卑のような感覚
    アジシオ次郎 (05/01)
    こんにちは。

    政府や官僚がセクハラっていうかハラスメント全般を許されない・みっともない・立派な人権侵害である。と言う意識が全く無いというのは、ただでさえ人権意
  • セクハラは人権問題
    竹林泉水 (04/24)
    下村元文科相もひどいことを言っていますね。下村氏はもう少しましな人だと思っていたが、あきれてしまった。
    麻生副総理の「ナチに学んだら」や、石破氏の国会前の「テロ
  • セクハラは人権問題
    アジシオ次郎 (04/23)
    こんにちは。

    セクハラ疑惑で批判を浴びた財務省の次官といい、女性問題の責任を取って辞任した新潟県の知事といい、呆れるとしか言いようがないが、前者のほうが余計悪
  • 明夷待訪録 黄宗羲 臣下論
    竹林泉水 (04/20)
    たんめんさんコメントありがとうございます。
    わたしは、西田先生は存じ上げていないですが、この『明夷待訪録』はなかなかのものです。
    明朝清朝の時代から、このような考
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    05 | 2018/06 | 07
    -----12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR