竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

能 烏鶏国 

先日西遊記の第三十七話から三十九話の烏鶏国の話を謡曲にしたらどうだろうかとかきました。
そこで少し考えてみた、私自身は能に興味があり、学生時代は鑑賞したが、それほど深くしらないのだが、素人の私が少し考えてみている。
おおよそ次のようなものを考えている。まだつくりは途中で中入りの少し後ぐらいまでで、終わりをどのように終わらせようかと考えているところです。


題 目  :烏鶏国
ワキ   :三蔵法師
ワキツレ :三人 孫悟空 猪八戒 沙悟浄
シテ   :烏鶏国国王
ツレ   :青獅子の国王
間狂言  :太子 皇后(太子が国王が本物かどうか確認するため伺う)
後シテ  :烏鶏国国王
後シテツレ:文殊菩薩

ワキ三蔵「皓魄空に当たり宝鏡懸かり 山河影揺らぎて十分にてらるる 瓊玉多可殿うてなに清光満ち 冰鑑銀盤に爽気旋る 万里はこのとき同じく清し 一年今宵こそ最も麗し
ワキ三蔵「処々の窓辺白雪の曲を吟じ 家々の庭辺にビワをつま弾ぶ 今宵は玩られつ山寺にきたり いつの日か相ともに故国に帰らん
ワキツレ孫悟空「前弦のうしろと後弦のまえ 薬味は平々にして気象よろし 採って帰って炉ちゅうに練れば 志心の功果は実って西の天
ワキツレ沙悟浄「水と木援けておのおの縁あるも 総て土母に憑よれば然のごとし 三人仲間同じくしてもめ事なくなる 水は長江にあり月は天にあり
ワキ三蔵「この世の理に明らかなれば 一つで千の竅に通ず 不生不滅を説破すれば これぞすなわち仙人
ワキツレ猪八戒「朔月かと思えば望月 わたしの生来に似る ひとみな利口で福を修め 吾は痴愚かで下縁を積む 然れども願うは 経を求めて業を消せば 憚りなく天国にゆける
ワキ三蔵「これなる僧は、東土の大唐の帝の命をうけて、天竺の海音寺に経を取に旅をしている僧にて候。
地謡「経取の旅の途中で如来に五行山の中に幽閉されていた、斉天大聖という猴の孫悟空を解き放ち弟子にしたが、この猴結構の狼藉ものなるので観音から授けられた金の箍を頭に嵌め、狼藉をはたらいたときは、緊箍呪をとなえ懲らしめ改心させる。二人で蛇盤山鷹愁サンズイ+閒にさしかかると、西海龍王傲閏龍の息子龍太子があらわれ三蔵の馬を一呑みにされたが、観音菩薩が三蔵の白馬に変えて供とされ。烏斯蔵国の高太公から末娘の入り婿の大ぐらいの妖怪天篷元帥猪悟能の退治をたのまれるが、猪悟能は西天取経の僧が来たと聞くや帰依申しで。この猪悟能は五訓葷・三厭を絶っていたので八戒となずけ弟子にし経取の伴し、川幅八百余りの大河に住む捲簾大将沙悟浄も経取の僧としると帰依し弟子になり、四人で天竺への取経の旅を続ける。
ワキ三蔵「さても、都の長安を出立してすでに数回花が咲き山が白くなったが、いまだ観音寺に着かず、旅半ばにて候。はてもいまは烏鶏国にて国王よりもてなしを受けているとところにて候。明日の出立は夜が明けぬうちに出立のため、弟子たちは先に床につき候が、拙僧は読経をしてから床につくことにする。
地謡「読経のなか旅のつかれもあって、うとうとと眠気がしてくると、一陣の不気味な風が吹き、落ち葉を飛び散らし浮雲巻き上げ、満天の星屑ためくらくなり地上の砂埃まき散らす。御僧 御僧と呼ぶ声がする。すると夢中にずぶ濡れの男があらわれる。これ魑魅魍魎か妖怪変化か、
シテ「御僧吾は妖怪変化魑魅魍魎ではあらず、吾こそは烏鶏国の王にて候、
地謡「頭に沖天冠いただき、腰に碧玉の帯を結び、身に赭黄の袍を着、無憂の履をはき、手には北斗の碧玉の圭を持ち、面は東嶽の長生帝ごとく、形は文昌の開化君に似たり
シテ「三年前、国が未曾有の旱魃で飢饉のときに道士に祈祷してもらい候に、雨を降らし飢饉を救ってもらい、国は安泰平穏を取戻し豊かになり候。そこで道士と兄弟の契りを結んだが、この道士は実は妖怪で、朕を井戸に落とし殺し候。
地謡「烏鶏国王、王の姿でいる妖怪道士を退治してほしいと頼み。消えゆく。三蔵は弟子に知らせようとするが、何につまづいて転び目をさませば、それは南柯の夢。
地謡「さても国王は皇后の夢枕に立、母子ともども三蔵たちに協力するようにさせると言い、消え去ってゆく。

以下は、
間狂言
三蔵は翌日太子に夢の話をし、皇后に国王のことを聞き、皇后も三蔵の夢と同じ夢を見ていたことをしり、妖怪国王を退治することにする。



悟空は井戸の中から国王の遺体を引き揚げ、九転還魂丹で生き返らせ、王と共に宮中に参内させ、国王に成りすましている妖怪と対決すし、如意金箍棒で妖怪に一撃を加えようとするが、文殊菩薩があらわれ、この妖怪は私の青毛の獅子であり、国王の受難はかつて文殊菩薩が僧に扮したが、一宿を願ったが僧を三日三晩の水漬けにした、その罰として如来は文殊菩薩の獅子を使わして、三日三晩の罰を与えたのだ、天界の三日は俗界の三年であるといて。文殊菩薩は獅子を収服して去っていった。
国王はふたたび玉座につき、善政と仏教への布教と信仰を篤くすることを近い、経取の四人に斎をして手厚くふるまい、三蔵らは天竺に旅立っていった。


一応このようにしてりうが、もう一度初めから構成も含めて考え直してみて練っていこうと思っています。
できれば今の世相もなかに含められたとも考えています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • パレスチナの混乱
    アジシオ次郎 (05/22)
    おはようございます。

    イスラエル建国からずっと続くパレスチナ問題、アメリカが大使館をエルサレムに移転したことで混乱の火に油を注ぐ事態となったけど、アメリカは事
  • またまた憲法について思うこと
    竹林泉水 (05/18)
    安倍晋三氏は母方の祖父、岸信介が首相の以前から、憲法はGHQの素案に基づいて作ったもので、日本人が自らの手で作ったものを制定すべきという持論をもっていた。そこで
  • またまた憲法について思うこと
    風と雲 (05/17)
    全面的にお説に賛成です。憲法は逐条の内容で論ずるべきで、改憲か護憲かではなく、現状の権力構造が国民の幸福と人権を妨げることへの言及が不足する部分は強化するべきか
  • 麻生大臣の発言
    竹林泉水 (05/12)
    麻生大臣にかかわらず日本の人権感覚や女性が活躍する社会といいながら、このようなことを容認するような政権の体質にはうんざりとします。
    いかにあるべきなのでしょうか
  • 麻生大臣の発言
    アジシオ次郎 (05/11)
    おはようございます。

    セクハラ罪という罪はないなんてまた問題発言をしでかした麻生太郎副総理兼財務相、この人は度々問題発言をしては世間を騒がせてますが、今回のケ
  • 安倍政権の男尊女卑のような感覚
    アジシオ次郎 (05/01)
    こんにちは。

    政府や官僚がセクハラっていうかハラスメント全般を許されない・みっともない・立派な人権侵害である。と言う意識が全く無いというのは、ただでさえ人権意
  • セクハラは人権問題
    竹林泉水 (04/24)
    下村元文科相もひどいことを言っていますね。下村氏はもう少しましな人だと思っていたが、あきれてしまった。
    麻生副総理の「ナチに学んだら」や、石破氏の国会前の「テロ
  • セクハラは人権問題
    アジシオ次郎 (04/23)
    こんにちは。

    セクハラ疑惑で批判を浴びた財務省の次官といい、女性問題の責任を取って辞任した新潟県の知事といい、呆れるとしか言いようがないが、前者のほうが余計悪
  • 明夷待訪録 黄宗羲 臣下論
    竹林泉水 (04/20)
    たんめんさんコメントありがとうございます。
    わたしは、西田先生は存じ上げていないですが、この『明夷待訪録』はなかなかのものです。
    明朝清朝の時代から、このような考
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    05 | 2018/06 | 07
    -----12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR