FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

明夷待訪録 黄宗羲 法制論

明夷待訪録 黄宗羲 法制論
三代以前には方があった。(ここで言う法とは、法律などのだけでなく制度なども含んでいる) 
三代以降には法がない。
二帝三王(二帝、堯 舜  三王、夏の兎王 殷の湯王 周の文王・武)は、天下の人々に養いがなくてはならないことを知っていた、そこで天下の人のために田地を授けて耕かせた。天下の人々に衣服がなくてはならないことを知っていたので、天下の人々のために桑や麻を植えさせた。天下の人々に教育がなくてはならないことを知っていたので、学校を作り教育を盛んにし、礼を設けて欲のおぼれ乱れるのを防いだ。そして兵役の義務を定め、その騒乱を防いだ。これが三代以前の法で、おのれ一人のために設けるということは、もとより絶対になかった。
後世の君主は、すでに天下を手に入れているので、その皇運が長く続かないことや、子孫が保持しえないことをひたすら憂い、まだ起こらないさきから災いを憂いて、それらに対する法を作った。それらの法は天下の法ではなく、一家の法うである。
(参照 平凡社 東洋文庫 明夷待訪録 黄宗羲 西田太一郎訳)

いまの、憲法と法律や制度を考えると、明治憲法は天皇家の欽定憲法であり国家も天皇家のものであったと言える。それはまさしく天下の法ではなく、一家の法と言えるのではないか。それを正当化するために、教育勅語が憲法発布の前に勅下されたのであろう。しかし、近代民主主義国家になるために、日本国憲法とそれにより作られた法律や改革された制度は、まさに天下の法を具現するためにあったのではないか。

しかし、日本国憲法が施行されて70年たち見てみると、日本国憲法施行により制度改革されたものが、次々と天下のためでなく、一部の人のためや国家のために、造り替えられているのではないか。それは天下の国民を守るために作られていた、さまざまな規制が緩和され弱肉強食の勝ち組の人が豊かになるようになり。自由な多様な働き方と言いながら、雇用者に有利な働かせ方改革がなされている。
これらはまさに、麻生氏が言ったように国民が知らないうちに変えてしまうやり方です。

黄宗羲はさらに次のように述べている。
三代の方は、天下を天下にしまっておくものであった。山林沼沢からの利益はことごとくとるのではなく、賞罰の権限は、人手に渡ることを憂えなかった。朝廷のものが貴いとは限らず、在野のものが賤しいとは限らなかったのである。

今風にいうなら、産業による恩恵と利益は貪らなかったということであろうし。賞罰は権力者の阿るものではなく、三権分立でないといけないいうことであろう。
中国にも明の末期から清にかけての、1600年代にこのような考えをもっていた人がいたのです。いまの世の中を見ると、この黄宗羲よりも劣る考えになってしまっているところがあるのではないだろうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 公共事業は監視していく必要がある
    アジシオ次郎 (09/25)
    おはようございます。

    公共事業の監視強化、確かに予算が膨大になろうが完成しなければいけないというノルマが目立つ日本の公共事業、当初の予算額より高い見積額となれ
  • 過去の歴史とどう向き合うか
    omachi (08/24)
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八
  • 原発事故での除染作業での被曝
    竹林泉水 (08/22)
    生産年齢である若い人たちは、いまアベノミクスで有効求人倍率が上がっていく、企業は人手不足で仕事が増えていると、感じる若い人が多くいるのではないでしょうか、それな
  • 原発事故での除染作業での被曝
    風と雲 (08/21)
    全くお説の通りと思います。政府のトップが嘘を付き続け隠蔽し続けている結果、それが当たり前になって「みんなやってるから」と役人も果てはマスコミにまで虚偽と隠蔽が蔓
  • 過去の歴史とどう向き合うか
    竹林泉水 (08/16)
    先に戦争のよび方は幾つかあります。太平洋戦争、アジア太平洋戦争、大東亜戦争などです。太平洋戦争はおもに米国との戦争を指し、アジア太平洋戦争は中国や東南アジアでの
  • 過去の歴史とどう向き合うか
    アジシオ次郎 (08/16)
    おはようございます。

    お言葉ですが、これ以上過去の戦争責任やアジアに対する加害行為に対して罪の意識をいつまでも持っては進歩がないし、その過去を教訓に乗り越えて
  • 戀と恋の違い
    竹林泉水 (08/15)
    コメントありがとうございます

    孤悲 ですか 一人悲しむ思いが相手に伝わらず、悲しむですか。

    いまは、浮世でそんな一人悲しむ人はどれほどいるでしょうかね。そぞらに
  • 戀と恋の違い
    和久希世 (08/14)
    ところで偶々今日読んだ本に、
    恋は昔、孤悲〔こひ〕と書いたと書いてありました。
    これも面白い字だなあと思ったところでしたので、
    コメントさせていただきました。

  • マイノリティを認めない安倍自民
    竹林泉水 (08/09)
    日本の国民市民の歴史と、日本の国の歴史、それと天皇家の歴史が明治維新から天皇の歴史と日本の国の歴史が入り混じり、日本の国民市民の歴史はほとんど語られない。
    それ
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    09 | 2018/10 | 11
    -123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR