FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

ハードパワーとソフトパワー

ハードパワーと言う言葉がある。社会学や政治について考えるときに使われることばで、軍事力を裏付けに影響力を行使することを指すといわれている。

徳川幕府が大政奉還をし五箇条の御誓文が勅語された。そこには次のように書かれ、『一広ク会議ヲ興シ、万機公論ニ決スヘシ。一上下心ヲ一ニシテ、盛ニ経倫ヲ行フヘシ。一武官一途庶民ニ至ル迄、各其志ヲ遂ケ、一人心ヲシテ捲マサラシメン事ヲ要ス。一旧来ノ陋習ヲ破リ、天地ノ公道ニ基クヘシ。知識ヲ世界ニ求メ、大ニ皇基ヲ振起スヘシ』この御誓文により日本が、近代化されたとしている。明治維新後しばらくしてからしばらくすると、この御誓文とは違う方向に進んでいくことになる。江戸幕府末期は、今まで決まり事を幕府が各藩に宣下ていたが、黒船来航前から各藩の意見聞くこともあったようでが、五箇条の御誓文では広く上下に関係なく意見をいいそれにより、政を決めていく方針がだされた。
それは、ハードパワーよりも、ソフトパワーを重視するものであったのではないだろうか。
そかし、明治維新の中心的な薩長土肥は幕府から奪い取った政権の座を、藩閥政治で守ろうとしてゆくことになり、さらに早く脱亜入欧して西欧化しようと急ぎ、当時の列強の帝国主義を習い、しだいに日本は、日清戦争、日露戦争、満蒙開拓と進み、どんどんハードパワーが強く大きくなり政治を動かすようになった。
そのような急速な変化で本来、日本の大切にしなくてならないものまで捨て去ってしまっていると。岡倉覚三は『茶の本』で、「戦争と言う恐ろしい栄光にたよらねば文明国と認められないというのであれば、甘んじて野蛮国に留まることにしよう」と言って。日本の侵略主義的ない風潮を指摘し、日本の本来の文化の本質は、平和との調和だと言っています。

しかし、明治期の自由民権運動などは、政治運動のなかでは、ソフトパワーも路傍の勁草の如く蠢いていた、それは崇高な価値観や倫理観を通じて影響力を広く万民に広げようとしていた、自由民権運動や大正デモクラシーなども、そのようなものと見ることもできるだろう。

話しは少しそれるが、ペリーが浦賀に現われたときは、東海岸から出発し大西洋を横断し、喜望峰を廻ってインド洋を越えてきている。そのときケープタウンに立ち寄っている。その比イギリスは南アフリカの部族との戦いに勝利して、南アフリカの部族を投獄している。ペリーはその時南アフリカの部族と会見している。南アフリカでは部族の会議では満場一致まで続けられ、そのなかでは首長に向かって厳しく遠慮のない批判が飛び交うが、首長は口を開かず聞き役の徹し。少数意見が多数意見に押し潰されることもなかったそうです。これもソフトパワーといえるでしょう。しかし、ペリーはこの南アフリカのソフトパワーをどう見ていたのだろうか。南アフリカの部族は帝国主義的なものとは無縁で正反対のものもあることをペリーは見て力で日本に開国を迫って来ることになる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 人種差別から思ったこと
    竹林泉水 (06/21)
    コメントありがとうございます。

    人間は、自分は他よりも優秀だ思いたいがります。逆に自分はあの一人より仕事ができないと感じたり、あの人より低く見られていることに対
  • 人種差別から思ったこと
    アジシオ次郎 (06/18)
     おはようございます。

     相変わらず現代において根強く蔓延る人種差別の問題、長い歴史において人種差別や偏見はヒドかったけど、その歴史から何を学んでいるのかとも思
  • 人生二十最
    omachi (05/23)
    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めま
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2020/07 | 08
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR