FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

お爺さんに不幸をして酬いを受けた話し

お爺さんに不幸をして酬いを受けた話し

最近、年寄りを労らない、それどころかお年寄りを食い物にする、詐欺事件の話をよくききます。なんか暮らしにくい世の中いなってきました。自分だけのことを考え、打算的でゆとりがないく、計算高くて抜け目がない人が、湧き出ているようです。

「老兵は去るのみ」と言う言葉があります。年老いてきたら後進に道を譲り、若い人を立てなくてはいけなことを言っています。今の世を作ってくれた先輩であるお年寄りに対し、労苦や骨折りを慰めて感謝し、今までの労苦や骨折りに感謝することを忘れてはならにでしょう。
また「老兵は死なず」と言うことばがあります、年老いてきたら、いつまでも最前線にいるのではなく、前線を退いて、後方で若い人をもり立てることをしなくてはならないでしょう。

アイヌの昔話に次のような話を読んだことがります。
「エカシオッパレ お爺さんに不幸をした話し」
私はお爺さんに育てられました。お爺さんは水を汲むときも柴を刈るときも、どんなときも唄っていました。私が大きくなって、お爺さんの歌を聞いていると、それは歌ではなく泣いているのでした。
「お爺さん、どうしていつも泣いてばかりいるの」と聞いてみました。
お爺さんは昔の話をしました。
「おまえが産まれたばかりの頃、この村はたくさんの人が住んでいた。だけどある年に、病がはやてみんな死んでしまった。残ったのは私とおまえだけになっった。みなが死んだので村から逃げるとき、何かをもちだすと、病の神は追いかけてくるといわれ、私は何も持たずにおまえだけを抱えて逃げた。こうやって隠れて生活しているのだ。村人やおまえの父母のことを思うと、涙がでてとまらないのだ」
お爺さんは年を取っているので、熊や鹿を捕らえることができないので、ウサギやキツネを捕ってきます。お爺さんは私には、肉がたくさんついている方を私にくれて、お爺さんは骨をシャブったりしていました。
山で取ってきた薪も、私の方にはよく燃える方をくべ、お爺さんの方は乾いていない方をくべていました。
私は大切に育てられました。今では私がお爺さんに替わって、獣を獲ることができるようになりました。
お爺さんは泣いてばかりいたので、目がだんだん見えなくなり、ついにはまったく見えなくなりました。自分が食べなくても、私には美味しいものを沢山たべさせて、可愛がってくれたお爺さんですが、だんだんお爺さんが嫌いになってきました。
お爺さんの目が見えないのをいいことに、肉や魚の美味しいところは私が食べ、骨とか筋とかばかり食べさせていました。
私が座るところにはよく乾いた薪をくべ、お爺さんのところは生乾きの、煙のでる薪をくべていたので、いつもお爺さんは咳き込んでいました。しかしお爺さんはひもじいとも煙いとも、言わなかったです。
わたしは、お爺さんが早く死んでしまえばいい、そうすれば一人どこかで、自由に気ままに暮らせるのにと思うようになりました。お爺さんへの意地悪も露骨になり、食事も三度から二度一度になっていったが、お爺さんは一言も文句もいわず、お爺さんはだんだんやせ細り弱っていきました。
だいぶ弱くなってきたので、間もなく死んでしまうだろう、どこかに捨ててきたらと思いました。そしてある日お爺さんを置き去りにして、川上に向かって歩きはじめました。
家を出てしばらくすると、川辺に柳の木が立っていました。木には桑の蔓がからみ、沢山の桑の実がなっていました。わたしは、桑の実が食べたくなり木に登り、桑の実を一粒二粒口に入れました。すると急に体の力が抜けて、動くことができなくなりました。
自分の体をよく見ると、桑の蔓が体中に絡まり蔓が体に突き刺さっているのです。そしてお爺さんのことを思い出し、思わず「お爺さん! 助けて!」
すると、上流から一艘の丸木舟に乗って二人の若者が下ってきました。若者は舟から降り、私を棹でめった打ちに叩きつけました。「お爺さんにひどい仕打ちをしたのに、助けてくれとはよく言えたものだ。いつまでも桑の蔓に刺されているがいい。お爺さんにした仕打ちを火の神は見ておられた、火の神がお前に罰を与えているのだ。この親不孝め、年寄りを粗末にし不幸にした者は、こうされることを思い知れ。」と言いながら二人は、私をさんざんに打ちのめし、丸木舟で川を下っていきました。
それからというもの、川を下ってくる船は、必ず私を打ちのめしてから、下っていきました。わたしは死ぬに死ねず、夏は日照りに焼かれ風雨に曝され、冬は寒風に吹かれ雪に打たれ凍えるばかりです。
桑の実を食べにくる鳥に、糞をかけられながら、体の肉は溶け出してしまい、骨ばかりになってしまったが、頭だけは生きていて、何年も何十年も苦しい思いをしているのです。
「だからいまいる子どもたちよ、おじいさんおばあさんに、不幸をしてはいけません」と言いながら一人の子どもが死んでいきました。
(アイヌの昔話 萱野茂 平凡社ライブラリーより)

深沢七郎作の小説[楢山節考]を連想しました。信州の貧しい寒村でのことですが、本土の人たちの中には、このアイヌの子供のようなことがあったのですね。しかし、アイヌの人たちは、年老いた人を大切にしない理不尽さを戒めて、お年寄りを大切にしないといけないと、語り継いでいるのですね。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 東京五輪の延期は
    アジシオ次郎 (03/25)
     おはようございます。

     東京オリンピック・パラリンピックは1年延期となったわけだが、新型コロナウイルスという道の猛威には勝てなかったというか、この状況で予定通
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    竹林泉水 (02/20)
    「桜を見る会」などを棚上げすれば、モリカケのようにうやむやにされ、日本の行政がますますゆがめれれていく。
    コロナウイルスの対処は別問題では?
    一所にすれば、両方と
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    幽村芳春 (02/19)
    「桜を見る会」の論戦はいったん棚上げにして、今国会ではコロナウィルスなどの防疫問題を論議してほしいと思います。
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    竹林泉水 (02/07)
    コメントありがとうございます。
    五観の偈をとなえて食事をなさっておられるのですか。 頭がさがります。

    企業活動や時の政権も、この「五観の偈」を、政治や商売に置き
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 地球温暖化の問題点
    竹林泉水 (01/15)
    年始葬送のコメントありがとうございます。
    今年もお互いに良い年でありますようねがっています。

    ハイ 温暖化問題の解決の一番は、私は人間活動に足るを知ることだと考
  • 津久井やまゆり園の裁判
    アジシオ次郎 (01/13)
     遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

     さてやまゆり園無差別殺傷事件の被告に対する初公判は、開廷して被告が謝罪したと思いきや突然口に手を突っ込むとい
  • 地球温暖化の問題点
    荒野鷹虎 (01/10)
    温暖化問題は難解ですねー。
    直ぐ原発再稼働に走りがちになりますのでとんだ飛躍ですよねー。
    水力や風力発電はいかがなものでしょうかね。
    恐ろしいことが現実化されてい
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    03 | 2020/04 | 05
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR