FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

再び、知ってはいけない、隠された日本支配の構造

8月31日に、講談社新書の「知ってはいけない 隠された日本支配の構造」矢部 宏治氏の本の掲載されているマンガを紹介しましたが。

しかし、インターネットの通販では、品切れになっていたが注文できるようになっていたので、注文したところ入荷できないとの知らせがきました。そこで、書店を幾つか回って見つけました。裏づけを見ると第一刷になっているので、売れ残りです。

この本を読むと、
矢部宏治氏が創元社で企画した、「戦後再発見」シリーズ
・戦後史の正体 孫崎享著
・日米地位協定入門 前泊博盛編
・検証・法治国家崩壊 吉田敏浩・新原昭治・末浪靖司著
・核の戦後史 木村朗・高橋博子
・「日米行動委員会」の研究 吉田敏浩

矢部宏治氏自身が著し、集英社インターナショナルから出した。
・日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
・日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか

この7冊の本のダイジェスト版というか解説本のように感じました。

7冊を読むのはかなりのボリュームだし、金額がはるのでこの一冊でかなり、戦後の日本がどのような歩みをしてたのか、そして今後どのように進むのかがわかります。

この本を読んでいて、すべての根源は中国で国民党が共産党に敗れ台湾に逃れたこと、つまり内戦状態にあった中国に共産党政権の中華人民共和国が樹立されたこと。それ以上に金日正の北朝鮮が南下して朝鮮戦争が始まった所から始まっていることがわかります。
そして、これからの日本を考えるうえで、国際法的に朝鮮戦争はまだ終わっておらず、休戦状態にあることをまずは押さえておくべきでしょう。朝鮮半島は戦争状態にあるため米軍は日本に駐留し続ける必要がある。しかし、ポツダム宣言に日本に民主的な環境が整えば、アメリカは米軍に日本から直ちに撤退する。この二つの相矛盾することを両立させるために、トリックが作らられたと言うのです。
それはサンフランシスコ講和条約と旧日米安保条約と日米行政協定(いまの日米地位協定)を結び、GHQの統治から外交的政治的には独立したが、連合国軍であるアメリカ軍の基地がいまだにあるばかりか、いまだに軍事的な占領下に出来ることが作られたことがわかりました。

そして、いま北朝鮮が核保有国になったとし必要以上に、米国の気を引こうとして挑発をし続けられるのも、朝鮮戦争が休戦状態にあり終わっていないからでしょう。そのような状況下で日本はどのよな選択をしたらよいのか。
今まで、アメリカが草案を作った憲法の9条により自衛隊は海外派兵ができないと米軍と共同歩調をとることを、歴代首相は拒否してきました。しかし、安倍政権は憲法解釈を捻じ曲げてしまい集団的自衛権を可能にし、安保法制を作り上げ自衛隊が米軍の指揮下に入らざるをえなくなってきています。
そして、戦争を知らない3代目の金正恩は休戦中だが、戦争を終わらせる気はなく火遊びをしてみたく思っているのだろうか。
自衛隊が有事の際米軍の指揮下に入るとなると、北朝鮮にとって格好の日本の米軍基地攻撃への口実になりかねないのではないでしょうか。朝鮮戦争は休戦状態だとすると、いままさに有事であることになる。そうなると日本がどのような道を進んでいくべきなのか、時の首相の考えが大きく左右されることになっています。戦後生まれの北の指導者のように戦争をしてみたいと思う政治家か、戦後生まれのお人よしでも平和について積極的に考えられる政治家とどちらがよいのだろうか。

講談社新書の「知ってはいけない 隠された日本支配の構造」の漫画を再掲して、日本はどのような国かを考えて見たく思います。
この本を読んで、「戦後再発見」シリーズ前出の本を読んで、いまの日本の現状としてよいのだろうかと、独立国としての自尊心がくずれてしまい、戦後から今までの自虐的な米軍との関係はこのまま続けて行くのがよいのか、それとも打ち切ることがよいのか考えるべきでしょう。
しかし、日本の政治家にもいろいろな人がいて、日本会議の人たちや、皇国史観を国体の大切にすべきものと考えたり、安倍晋三史観のような人たちがいるが、それらは日米安保体制と日米地位協定により、それらの人たちの暴走が今まで重石として働いていたのならそれなりの功罪があるわけです。
これから、不平等な日米関係の米国従属から本当の意味での日本の独立をするためには、私たち日本人として真剣に考えなくてはならないと思います。

もう一度この、「知ってはいけない 隠された日本支配の構造」の内容がまとめられている四コマ漫画は、矢部氏も拡散されこの密約の現状を多くの人が知ることを望んでいると言っています。そこで改めてのその漫画を見て見たく思う。

第1章 日本の空は、すべて米軍に支配されている
日本の空は、すべて米軍に支配されている

第2章 日本の国土は、すべて米軍の治外法権下にある
日本の国土は、すべて米軍の治外法権下にある

第3章 日本に国境はない
日本に国境はない

第4章 国のトップは「米軍+官僚」である
国のトップは「米軍+官僚」である

第5章 国家は密約と裏マニュアルで運営する
http://gendai.ismcdn.jp/mwimgs/0/2/640m/img_026e064ebe429727bffd25f76e9ab0d8149643.jpg
国家は密約と裏マニュアルで運営する

第6章 政府は憲法にしばられない
政府は憲法にしばられない

第7章 重要な文書は、最初すべて英語で作成する
重要な文書は、最初すべて英語で作成する

第8章 自衛隊は米軍の指揮のもとで戦う
自衛隊は米軍の指揮のもとで戦う

第9章 アメリカは「国」ではなく、「国連」である
アメリカは「国」ではなく、「国連」である
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 安倍首相の愛国心とは
    本当に教員? (09/10)
    興味ある内容なので拝読したが「教育勅語」を親孝行等の道徳ではなく戦争に洗脳させるためだとか思い違いも甚だしい。
    貴方が現役の教員であれば授業中が退屈で眠気が襲っ
  • トランプは白人至上主義者か
    アジシオ次郎 (08/07)
    おはようございます。

    アメリカにおいてまた立て続けに銃乱射事件が起こったけど、テキサス州・エルパソでのケースは容疑者がヒスパニック系に対する憎悪感丸出しの書き
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    10 | 2019/11 | 12
    -----12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR