FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

天橋立が松林から雑木林なってしまう

日本三景の一つ、天橋立が松林から雑木林なってしまう、というニュースをみました。

松林が風光明媚なのでなの知れている、天橋立が100年後には広葉樹で覆われてしまう、このような研究結果が報告されている。
30年ほど前は、松林ばかりだった天橋立も、今は中央部に広葉樹が生えだしている。今後どのようになるのかを、予測調査した結果です。
研究グループが、現地で調査下結果、昔は松葉は良い燃料になるので、地域の住民は松の落ち葉を広い、燃料にするため清掃をしていたので、松葉が体積し腐葉土とならず肥沃化しなかった。そのため土地が痩せているため、松しかそだたなかった。
しかし、燃料がガスの普及などもあり、松葉を集めるようなことをしなくなり、松葉が放置され堆積し土地が肥沃になり、広葉樹が棲息しやすくなったとしている。

このことは、天橋立などに限ったことではないと思う。私たちの身近な里山にもいえ、都会の近くの野山にも言えるのではないだろうか。昔物語にもお爺さんが山に柴を刈りに行くとでてくる。私たちの以前の生活は、川で洗濯をし、山に枯れ枝を拾いに山に入り、竈や風呂などの燃料にしていた。それが昔の日本の風景である、里山を綺麗に作っていったと言われて久しい。川に洗濯に行くのは、水質の汚染で問題があるが、山に入り芝刈りに行き、山の手入れをすることは、自然の中で生活を営むのに欠かせないことだったといえる。それを、私たちは疎かにしてきてしまったので、その付けを今や後世に残すことになってしまっている。

今は、ガスや電気・水道が普及し、山に柴を刈りに行くこが無くなり、その結果として山が荒れてしまっている。このように言うが過去に過ぎた結果もある。山に燃料を取りに行きすぎて、山が禿げ山になってしまうこともあるのである。神戸には市街地の北側には六甲山があり、今は緑に覆われ市民の憩いの山で、毎日朝の登山をする人もいるほどである。しかし、この山は幕末の頃は町の人たちが、燃料にするため山から木を切り出し禿げ山になっている写真がのこっている。また、禿げ山のため水害の被害も多かったようで、そのため明治時代に生田川の付け換えが行われたり、昭和の初めに谷崎潤一郎が小説「細雪」にも書いている阪神大水害が起こっている。

このように、人がの手が入らないのも、手を入れすぎてしまうのも、どちらも程々にしないと、人間が生活する上で良くないことになってしまうことといえる。

私の住んでいる近くを見てみると、近くに田や畑があるが、山も雑木林でも人の手は入っておらず、管理がいきとどいていない。そのため雑木が生い茂り、密林のようになり荒れ果てている。近くには竹林もあるが、鬱蒼とした暗い竹林で、写真などでみる美しい竹林とは違う。竹林は手を入れないと、荒れ果てて竹が生育しなくなると聞く。山や雑木林も含め竹林ともどもそれらを、育て守る方法システムを考え作っていかないといけないのだろう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    幽村芳春 (02/19)
    「桜を見る会」の論戦はいったん棚上げにして、今国会ではコロナウィルスなどの防疫問題を論議してほしいと思います。
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    竹林泉水 (02/07)
    コメントありがとうございます。
    五観の偈をとなえて食事をなさっておられるのですか。 頭がさがります。

    企業活動や時の政権も、この「五観の偈」を、政治や商売に置き
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 地球温暖化の問題点
    竹林泉水 (01/15)
    年始葬送のコメントありがとうございます。
    今年もお互いに良い年でありますようねがっています。

    ハイ 温暖化問題の解決の一番は、私は人間活動に足るを知ることだと考
  • 津久井やまゆり園の裁判
    アジシオ次郎 (01/13)
     遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

     さてやまゆり園無差別殺傷事件の被告に対する初公判は、開廷して被告が謝罪したと思いきや突然口に手を突っ込むとい
  • 地球温暖化の問題点
    荒野鷹虎 (01/10)
    温暖化問題は難解ですねー。
    直ぐ原発再稼働に走りがちになりますのでとんだ飛躍ですよねー。
    水力や風力発電はいかがなものでしょうかね。
    恐ろしいことが現実化されてい
  • 日韓関係が戦後最悪
    竹林泉水 (01/05)
    北朝鮮脅威論や韓国敵視政策をとるような国の指導やがいるが、韓流ブームもあるし民間の間では、一部の政治の指導者が選挙の票集めのために嫌韓を煽っても、それは、一部の
  • 伝統食
    竹林泉水 (01/05)
    そうですね、食が便利にないり、曹洞宗の五観の偈のようなことを考えずにいることが多くなっています。
    だから、テレビ番組で、食べ物を笑いものに扱うような番組が制作さ
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    01 | 2020/02 | 03
    ------1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR