FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

終戦の日の前後のテレビ番組

今年も8月15日前後に、戦争に付いての番組が多く流されました。戦争をテーマにした番組は例年放送されているが、今年は例年と違うところが合ったように思う。
今年の戦争に関連する番組は、主に米軍による原爆投下と米軍の本土空襲を題材にしたもので、それにより戦争の悲惨さ惨さを訴えかけるだが、日本がどれだけ被害を被ったかと言うことを訴えるものが多かったです。
例年は、日本軍がどのように連合軍と戦ったものや、東南アジアでの日本がどのようなことをしたかは私は見なかった。
一方そのなかで日本の指導部や軍部がなにが、兵士になにを要求しなぜ、軍部は戦争をやめることができなかったか、その核心に迫ろうとするものもあった。

しかし、今年はなにか、日本が先の戦争で大きな犠牲者だった言うことを取上げて、加害者でもあったということを脇に置いているように思う。
なぜ、今年の終戦特集は今までと違うのだろうか。穿って考えてしまうところです。


15日は毎年、政府主催の全国戦没者追悼式が開催されます。首相は式辞で「戦争の惨禍を二度と繰り返してはならない」と述べるが、今年も式辞のなかで、アジア諸国に対する加害への反省や「不戦の誓い」の明確な言葉を今年もさけました、第2次安倍内閣以降5年連続です。
日本の戦没者が対象の式典だからという理由だそうだが、「戦争の惨禍を二度と繰り返してはならない」とうなら、侵略戦争がアジア諸国にもたらした多くの犠牲を出したことへの反省が、追悼の言葉の中にあってもよいのではないだろうか。つまり、首相は先のアジア太平洋戦争を米軍との太平洋践祚だけにして侵略戦争を否定したい思いがあるのでしょう。

天皇陛下は先の大戦で多くの命が失われた悲しみに触れ、戦後70年の節目を機に3年続けて「深い反省」に言及され戦争に対しての真摯な思いが伝わってきます。天皇陛下がこのことについて触れられることは、天皇の政治への関与に触れる恐れがあるが、あえてこのことに触れられるのは、戦争への嫌悪と軍靴の音がしてきているのを感じておられるからではないかと思います。陛下が終戦を迎えたのは、11歳の時で疎開先に日光におられその直後に東京にもどて、東京の焼け野原になった姿をみて、明人皇太子は深く心を痛めたと述べられています。
これは、戦争を知っている天皇陛下と戦争を知らない首相の違いでしょうか。

産経新聞は17日の社説で、韓国の文大統領が、日本統治から解放された記念日とする「光復節」の記念式典で、徴用工問題などを蒸し返したと批判しています。当時朝鮮半島は日本に併合されていたのだから、韓国人は日本国民であり、国民徴用令の法令に基づいた、合法的な勤労動員なので、強制動員・強制労働はあたらないと言うのです。
そして、強制労働や従軍慰安婦問題について解決積みだとし、文大統領がまだ国民の中にわだかまりがあるとし問題解決に「日本の指導者の勇気ある姿勢が必要だ」と言ったことに対しても、責任転嫁でしかないと批判しています。責任転嫁だとするのは問題の核心を見ようとせずに、問題点をすり替えをしているようです。

朝鮮併合は不平等のもとに行なわれたもので、中には利権がらみで賛成をした朝鮮人はいたが、多くの朝鮮人は反対でした。しかも、創氏改名を強要され朝鮮語を使うのを禁止され、皇民化政策がなされました。これは対等のものでなく同化政策とし国民は、日本国民としてではなく二級国民として蔑んで見ていた。この事実を産経新聞はどのように考えているのでしょうか。
苛められっこ苛めっ子の親が和解しても、当の苛められた子は忘れられないでしょう。それと同じように仮に政府間が不可逆的な解決だとといっても、当事者はどこまで納得できるでしょうか。


終戦の日前後のテレビ番組の在り方や、産経新聞の歴史を片側でしか見ないような記事は、これから増えていきそうな空気が流れているのが気になります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

毎年この時期は戦争にちなんだドキュメンタリー番組をやるけど、NHKが積極的にやるのに民放はニュースでミニコーナー程度しかやらないと言うのはどうかと思います。

原爆投下や日本各地の空襲など日本が受けた被害ばかり取り上げて、日本はなぜあの戦争に踏み切ったのか? そしてアジアの解放と言う大義はなぜ否定されるのか? なぜ軍部は不利な状況に陥ってもそれを否定したのか? 加害行為についてなぜ触れないのか? そういったテーマをなぜやらないのかも不思議だし、歴史検証というか歴史教育的なものもあるのにそれをやらないのは風化を助長しかねないし、都合のいいことしかやらないと言う情報統制的な感じがします。て言うかパチンコの問題点を全くやらないのと同じ。自分たちに都合の悪いことは臭いものには蓋よろしく隠そうとする。これではいけません。

安倍総理は今年の戦没者追悼式にてアジアに対する加害行為に触れなかったけど、アジアに対する加害行為。って日本よりもむしろヨーロッパ列強はなぜ負わないのかも疑問。ヨーロッパ列強による植民地政策がアジアに与えた苦痛は計り知れないのに・・・。インドのように独立運動を重ねた結果最終的に独立はしたけれど。

他方韓国、日本の植民地統治から解放されたのを祝う式典で、慰安婦問題のみならず徴用工問題を持ちだして日本に対する賠償をタカってますが、正直いつまで過ぎたことを根に持つのか? 日韓合意にて全て解決済みなのになぜその事実を認めないのか? 韓国の態度はホント進歩が見られないし、日本政府の姿勢をも批判する態度もまた進歩しないもいいところ。過ぎたことをいつまで根に持って騒ぐのは未来志向とは言い難いし、他方何百年と奴隷などヒドい扱いを受けたアフリカ諸国ですら、奴隷貿易や植民地政策は苦痛の歴史だけどいつまでもそれを根に持ってはいけない、これからの世代にまで過去のわだかまりを引きずってはいけない、支配した国を赦すことで未来志向の関係が生まれる。と言う大人な判断ですが、アフリカにできて韓国にそれが出来ないのって韓国がいかに進歩しない国だってのを発信するものではないでしょうか?

Re: No title

国際的な政治・外交問題は素人的な言い方をすれば、早い者勝ちで勝ち逃げすればセーフ的なところがありますね。
国の名前に「帝国」冠して大日本帝国として、そのころ時代遅れになりつつある帝国主義をもとに列強の仲間入りをしようとした。西欧は第一次大戦後二度と繰り返すまいとして、帝国主義の侵略戦争を否定する方向にむかったが、日本はアジアの解放の名のもとに東南アジアに進出していった。しかし、兵站が不十分な状態での進出なので物資の現地調達などを名目に、軍票を配り現地調達をしてしまお粗末なことをしてしまう。

日本は台湾は日清戦争の戦利品であり、韓国は併合したので侵略ではない。さらに韓国では日本語を強要し名前は日本の名前に改名させるなどしている、このことなどの謝罪などもきちんとせず、日韓間の戦争問題は国家間で解決済みで、民間とも同様に解決してしまっているとするだけでは、恨みを忘れてくれるだろうかと思います。
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 臨時国会の開催はいつか
    風と雲 (08/04)
    一体今の日本はどうなってしまったのだろうかと思う。アベ内閣も与党も憲法に違反することを完全に無視して悪びれもせず堂々と実行してきた。、政府高官も最高裁も報道機関
  • 難病と尊厳死
    竹林泉水 (07/29)
    コメントありがとうございます。

    自ら生きる権利、自ら死ぬ権利があるのはよくわかります。
    それにはどちらも人・個人としての尊厳が保たれている必要がある考えます。
  • 難病と尊厳死
    風と雲 (07/28)
    意識して自ら命を絶つことができるのは人間だけだと思います。人には生きる権利と自由があるように、自らの命を絶つ権利も自由もあって然るべきではないでしょうか。このA
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (07/01)
     自分よりも周りを優先する集団主義的な考えが同調圧力などがまかり通る社会なことについて前に
    >日本的なこの価値観は、海外から見たら奇異の目でしか見られないでしょ
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    08 | 2020/09 | 10
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR