FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

アメリカ版規制緩和 ?

アメリカ版規制緩和

トランプ大統領は看板政策の1兆ドル規模のインフラ整備計画の一環として、高速道路建設などの一連の認可認可手続きを簡素化すると演説しました。

サンフランシスコ ゴールデン・ゲート・ブリッジは建設に4年、ネバダ州のフーバーダムは5年だが。現在、主要インフラ建設の承認獲得に10年20年かかる。これはアメリカ経済にとって足を引っ張るもので、これらの認可手続きを簡素化すべきだとして、次のようなことをいいました。

みなさんにお見せします、これは認可手続きを示したフローチャートです。これは高速道路のチャートで(長い紙を広げて見せ)、完成まで10年かかります。これを2年で完成するように簡素化します。この認可手続きチャートは棄てることにします。
、認可手続きのフローチャートを欲しい人には差し上げますよ、報道機関どうですか。

やはり財界出身の大統領です、経済効率のことを最優先に考えているのでしょう。確かに、いろいろな認可や規制は経済活動の足枷になるのはたしかです。
認可の簡素化のプロセスをオンライン上で確認できるデータベースを構築し、透明性の向上を目指し期限を守れないで、プロジェクトを遅らせるような連邦政府機関に対しては、新たに導入する厳格なペナルティを課すとしているのは、評価できるでしょう、しかしこれも慎重にすべきところがあるでしょう。
認可が多いのはそのにともない、安全性などを追及するところがあり、足枷は国民を守るためにあるのであり、第二次世界大戦後それまであった経済格差や貧富の差は縮まってゆきました。これは、日本国憲法の前文や第三章にある国民の権利と生活権を保障するものを、アメリカ自身もそれを具現化して行こうとして、認可の必要性や規制の必要性がうまれ出来たものです。しかし、それもつかのまでアメリカの貧富の格差は広がり今やますます広がっているといいます。日本も同じように格差が広がっているのだが、なぜかそれは大きく報道されないのが不思議です。
トランプ大統領は経済活動を活発にさせるとして、認可手続きの簡素化や自由経済の促進推進の加速を言っています。これは何よりも、アメリカ国内の経済の格差を拡大し、それは引いては文化面や生活面での格差を広げることになるでしょう。

また最後の「報道機関どうですか」はどのような意味だろうか、気になるところです、自分に批判的な報道機関にはいろいろな認可手続きや規制をしていくよと言う風にもとれるがどうなのだろうか。

トランプ政権に批判的な報道機関をフェークニュースだと言ったりするが、アメリカのトラップ王朝の誕生にならなければよいですが。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 臨時国会の開催はいつか
    竹林泉水 (08/09)
    日本の現状いや世界でも同じよな風潮になっている。
    アメリカでも、トランプ政権の外交政策や内政も、アメリカ自己国第一主義のアメリカファースト。
    日本の安倍政権も、こ
  • 臨時国会の開催はいつか
    風と雲 (08/04)
    一体今の日本はどうなってしまったのだろうかと思う。アベ内閣も与党も憲法に違反することを完全に無視して悪びれもせず堂々と実行してきた。、政府高官も最高裁も報道機関
  • 難病と尊厳死
    竹林泉水 (07/29)
    コメントありがとうございます。

    自ら生きる権利、自ら死ぬ権利があるのはよくわかります。
    それにはどちらも人・個人としての尊厳が保たれている必要がある考えます。
  • 難病と尊厳死
    風と雲 (07/28)
    意識して自ら命を絶つことができるのは人間だけだと思います。人には生きる権利と自由があるように、自らの命を絶つ権利も自由もあって然るべきではないでしょうか。このA
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (07/01)
     自分よりも周りを優先する集団主義的な考えが同調圧力などがまかり通る社会なことについて前に
    >日本的なこの価値観は、海外から見たら奇異の目でしか見られないでしょ
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    10 | 2020/11 | 12
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930-----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR