竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

食べることは殺生をすること

先日、能の殺生をして地獄に落ちる三つの曲の話をかいたが、殺生についてどのように考えたらよいのだろうか。
人に限らず生き物は殺生せずには生きていくことができないものです。仏教では殺生を禁じているので、精進料理という菜食料理がある。しかし、これも四足の動物や魚などを食べないだけで、植物の生は奪っているのです。
この善知鳥 阿漕 鵜飼は単に生きるための殺生だけで、地獄に落ちる苦しみを受けるのではなく、阿漕も鵜飼も禁制を破って漁をしたため、住民らに簀巻きにされ海に沈められてしまったものです。善知鳥は、親鳥がウトウと鳴けば子鳥がヤスタカと鳴く、親子の絆の深いのを利用して親鳥子鳥をもろとも獲ってしまうことから地獄に落ちるものです。
しかしこれらも好き好んで殺生になる漁をしているのではなく、生活のために働く必要のない気楽な琴碁書画をたしなむ人や殺生に関係ない士農工商の家にも生れてず、生まれながら生きるための糧をえるため殺生をせざるをえない人です。
ここには貴賤の考えがあるが、鵜飼は善行があれば救われるという、「阿弥陀の本願は悪人を救うことが目的であり、悪人の自覚を持つ者こそ往生するにふさわしい機根であるという」親鸞の悪人正機説があるのでしょう。

殺生につて考えると私たち動物は、他の生き物の生命を奪いながら出しかその命を存えていくしかないのです。自分たちの目の前にある食べ物には多くの殺生があって、また多くの人の努力があってここに届いていることをしり、それをありがたく戴くことに感謝しなくてはならないでしょう。

しかし、最近の私たちの食にまつわるものを見ると、多くの殺生があって目の前に届いていることを、見て見ぬふりをしたり蔑ろにしたりしてしまています。しかし、テレビ番組では科学商業が先進した国だけでなく、途上の国での食文化は素朴なものがあり、食材を無駄にせずに感謝をこめて料理をしていくことが紹介されているものもあります。殺生をしてありがたく食べ物を有り難く戴いていく、そしてこの食前に届くまで多くの人があれこれかけ走りまわって遣り繰り算段がされてきたことに対して、御馳走様と気持ちを表さないといけないと思いました。

よくよく考えれば、戴きます、御馳走様とういう言葉を私は疎かにしているころに反省しなくてはいけないです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

人間は生きる為に他の生物の命を奪わなければいけない。と言う「原罪」を背負っている以上、食べると言うことはそうなのかも知れないです。動物の命を奪いたくないから菜食主義者になった、って言っても植物にだって命はある。

食に関するものについて、多くの犠牲を経て我々の前に提供されていると言っても過言ではないが、そう言う現実を見ようとせず当たり前のようにあるものだと言う意識ではいけません。

頂きます・ご馳走様。日本人なら誰でも言うこの言葉、海外でも広めてほしいところだが、当の日本人がそれについてどう理解しているかを知らなければ意味がありません。

それと自分たちと食文化が異なると言う理由でヒステリックになって批判することは、明らかに的外れで自分中心でしかものを見ない視野の狭さを曝け出すことではないでしょうか。反捕鯨論者を見ればよく分かるけど。
「牛や羊は良くてクジラがダメ」なんて理屈は屁理屈だし、同じ動物でも差をつけて扱うのかとすら思います。自分たちは良くて他者はダメなんて理屈もまたしかり。科学的な根拠もなく自分たちの理屈に基づく主張を押しつける傾向もだが、そんなにクジラやイルカを特別扱いして何を訴えたいのか、理解不能を通り越してます。

Re: No title

日本人は頂きます・ご馳走様と日本人なら誰でもいいますが、外国の方はどうなのでしょうか。キリスト教のクリスチャンなら食前食後の祈りがあります。
私は中高とミッションスクールでしたから。
以下のような祈りをしました。

『父よ、あなたのいつくしみに感謝してこの食事をいただきます。
ここに用意されたものを祝福し、わたしたちの心と体を支える糧としてください。
私たちの主イエス・キリストによって。アーメン』

食後の祈り
『父よ、感謝のうちにこの食事を終わります。
あなたのいつくしみを忘れず、すべての人の幸せを祈りながら。
私たちの主イエス・キリストによって。アーメン』

また、仏教でもお坊さが食事をするときは、お経をとなえます。
道元の「典座教訓」には、僧の食に対しての心得が書かれ、その中には食前食後の経が書かれていたはずです。読み返してみます。

ほかの宗教でも同じだと思います。

食文化については、それぞれの国の宗教や風習は尊重すべきものですね。
あの国はあのようなものを食べて野蛮だというのは、よくないですね。

昆虫を食べる民族もいまます。日本でも主食ではないですが、蜂の子やイナゴなどを食べるところもありますね。よく考えるとカニやエビなどの甲殻類は海の昆虫のようなものでしょうか?

クジラやイルカを食べるのはどうか、犬を食べるのはどうか、春日山のシカを食べるのはどうか、いろいろ考えてみます。
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 首相は国民の生活をどこま思っているのか
    竹林泉水 (01/26)
    憲法には、国民が最低限の文化的な生活をすることをできるように保障する義務が国にもとめられている。しかし、最近の新自由主義のなかで、勝ち組と負け組ができるのはそれ
  • 首相は国民の生活をどこま思っているのか
    アジシオ次郎 (01/24)
    こんにちは。

    働き方改革と口で簡単には言うけれど、一方で格差社会に歯止めがかからない現状について目を向けてるのだろうかと思うし、いつまで経済成長しか考えないの
  • 首相は国民の生活をどこま思っているのか
    さくら (01/24)
    突然の訪問、失礼いたします。
    私はこちら⇒b--n.net
    でブログをやっているさくらといいます。
    色々なブログをみて勉強させていただいています。
    もしよろしかったら相互リ
  • 教員の長時間労働
    竹林泉水 (01/18)
    学校教育は私が教鞭をとっていた6-7年前に比べて今はどうなっているのだろうか。
    私が中学校で教鞭をとっていたころは、部活などの指導もあったが、特別支援学校で肢体不自
  • 教員の長時間労働
    アジシオ次郎 (01/16)
    こんにちは。

    教員の長時間労働問題については、中学校や高校で最もそれが躊躇に現れているとしか言えませんが、授業だけでも負担なのにやれ部活動だ自分のキャリアアッ
  • 男女均等
    竹林泉水 (01/10)
    年始早々 ご来訪ありがとうございます 今年もよろしくお願いします。
    日本国憲法の男女平等の権利は七〇年前にものですが、今でも先進的なものです。しかし現実は理想の
  • 男女均等
    アジシオ次郎 (01/06)
    こんにちは。

    日本は情けないというか嘆かわしいことに、男女平等率が低い部類に甘んじてる現状にあるが、政治や経済の面で女性議員が少ない、女性の管理職や代表取締役
  • 米否定決議に賛成は評価できる
    竹林泉水 (01/05)
    エルサレムに大使館を置くということに非難決議をしたのは、中東からの石油をとめられるより、ヨーロッパなどで起きているテロが日本でも起きる恐れが高まるでしょう。
    202
  • 米否定決議に賛成は評価できる
    アジシオ次郎 (12/31)
    こんにちは。

    アメリカがエルサレムに首都を移転することを非難する決議案について、日本が賛成に回ったことは有意義なことだし、アメリカ追随という印象を変えることに
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    01 | 2018/02 | 03
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR