竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

安倍政権の教育観

安倍首相は憲法記念日に憲法改正をするとことについて、平和主義の9条に3項を設けて自衛隊を明記すること、義務教育無償に加え高等教育の無償にすると、改憲集会にビデオメッセージを送りました。
繰り返しになるが、首相には憲法を尊重し擁護する義務があるのにあえて、憲法記念日で改憲派の集会にビデオ出席したことは、法に従ってということにあえて挑戦する心意気を示したものともいえます。

今回は安倍信三の教育についての考えはどのようなものかを見てみたい。

教育は時の政権はその時々に、統治権力が思い描く「理想の日本人像」を国民に押し付けようとしてきています。また、文部省そしていまの文部科学省も、そのときどき教育を通じてどのような日本人を育てるかを考えてきています。
明治維新直後のころは、欧米列強に侵略されな欧米に太刀打ちするために、封建制度にもとづくものでなく脱亜入欧をめざし、欧米の啓蒙主義的な日本人像が追求された「自由で独立した個人」求めた。しかし、日清・日露戦争に勝利すると「大国に相応しい勤勉な産業社会の構成員」としての国民を求めた。しかし、昭和期に入ると国体主義の下での「天皇に無条件で奉仕する臣民」が求められた。戦後の民主主義体制の下では「個人の尊厳を重んじ民主主義と平和を希求する人間」求められ、高度成長期には「勤労の徳を身につけた自主独立の社会人」が期待される人間像とされた。このようにその時代に理想の日本人像として掲げられています。そしてそれは時々の教育行政に反映されてきました。
戦後は立憲主義のもとづき民主主義と個人の人権尊重と平和主義を押し進めることは共通していました。しかし、いま安倍政権の求めるの人間像は天皇を頂点とする家族感をもった戦前の教育観に近いもののようです。

第一次安倍政権の時、教育基本法が改正され、その附則には次のようになています。
「 昭和二十二年に制定された教育基本法のもとで、戦後の教育は、国民の教育水準を向上させ、戦後の社会経済の発展を支えてまいりました。一方で、制定以来既に半世紀以上が経過し、我が国をめぐる状況は大きく変化し、教育においても、様々な問題が生じております。このため、この度の教育基本法改正法では、これまでの教育基本法の普遍的な理念は大切にしながら、道徳心、自律心、公共の精神など、まさに今求められている教育の理念などについて規定しています。
 この改正は、将来に向かって、新しい時代の教育の基本理念を明示する歴史的意義を有するものであります。本日成立した教育基本法の精神にのっとり、個人の多様な可能性を開花させ、志ある国民が育ち、品格ある美しい国・日本をつくることができるよう、教育再生を推し進めます。学校、家庭、地域社会における幅広い取組を通じ、国民各層の御意見を伺いながら、全力で進めてまいる決意です。」
この「真理と正義を希求し、公共の精神を尊び、豊かな人間性と創造性を備えた人間」の育成を目指すのは何を目指すのか、どのような時代認識に基づき、どのような日本人像を理想としているのか、その時々の状況によりどのような教育が押し付けられるかがしんぱいです。
明治憲法施行の翌年に教育勅語が下されたが、その直後から国家主義的全体主義的軍国主義な教育がなされていったのではないです。明治維新後の自由民権運動、憲法制定運動が起き、その後も大正デモクラシーがありそのころまでは、日本の教育には自由があったと言えます。しかし、満州事変は2.26のころから急に国家主義的にな教育になっていきました。
今の安倍政権は今の、日本の教育を皇国史観にもとづく国家主義的な教育にしようと思っていないでしょうが、いつ何時そのような考えを持った人が首相になるかもしれません。

事実安倍政権の閣僚の中に、過去に「国民第一の政治は間違っている」稲田防衛大臣がいたり、第一次安倍内閣の長勢甚遠法務大臣は「国民主権、基本的人権、平和主義、これをなくさなければ本当の自主憲法ではないんですよ」と言ったりしています。
そのような考えは、戦後築いてきた国民主権、基本的人権による民主主義を否定するものです。これらの人はその所属団体をみると皇国史観にもとづいた強い日本を夢描いているのではないでしょうか。その考えの持ち主が首相になれば一気に国家神道による国づくりを目指しかねなと私は杞憂しています。

さらに自民党は下村文科相の時に、国立大学の学部編成の見直しを通知し、その内容は理系は重視し文系を軽視するようなもでした。安倍政権は日本を世界でもトップクラスの科学技術大国と経済大国にするための戦略をとっています。文化的なことは軽視していますが伝統的な文化を大切にと言っています。伝統は留まって守るものではなく、発展して変わっていくものが伝統です。しかし、安倍政権は自分たちにとって不都合な面の学問の発展は嫌いなようです。
憲法につても立憲主義は西洋のもので日本の伝統に合わないというようなことを、自民党の憲法草案のQ&Aで書いています。そのような事と合わせて見ると、文系の廃止とも受け止められる通知は、中国を秦王朝が統治していた時代に発生した思想弾圧事件です、現代版の焚書坑儒は中国の文化大革命で、毛沢東思想に反するものは徹底的に糾弾され、中国の政治・経済・科学・文化・人権などあらゆるものが停滞して、中国の発展を10年遅らせたといいます。安倍政権の古典伝統の重視と文系軽視の教育観はそれと同じようなものです。そのようなことになれば、安倍政権のいう世界でもトップクラスの科学技術と経済発展というが、文化を軽視するものはその夢は夢でしかなく、実際に目で見ることはできなでしょう。

教育については、時の政権が勝手につくるものではなく、主権者である国民が、なにが日本人像が求められているかを国民的な議論を踏んですべきで、それは手間暇時間がかかり決められないがそれが民主主義です。そのような議論がないまま憲法や教育制度をいじることは、国民をまったく無視するものと言えるでしょう。
決断と実行力といいますが、聞く耳を持たず議論を尽くさずにするのは、それは単なる独裁でしかないです。
国連の人権委員会の報告も日本のこれからの歩む方向を心配しているように、日本がそのような国にすでになりかけているようで気がかりです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 森友・加計問題を見ると、今の日本は法治国家だろうか
    風と雲 (06/18)
    >自分が思うことは法を飛び越えてでも粛々と進める安倍政権・・

    飛び越えてではなく、→ 潜り込み裏をかき開き直って、鉄面皮と二枚舌で、 と言うのが最近の安倍政権
  • 国連人権理事会の日本の表現の自由の特別報告書
    竹林泉水 (06/15)
    マスコミは権力を監視するというより、権力者が何をしようとしているのかを主権者である国民に知らせるのが使命であり、権力を監視するのは国民ではないでしょうか。

  • 国連人権理事会の日本の表現の自由の特別報告書
    アジシオ次郎 (06/13)
    こんにちは。

    本来権力を中立的な立場で見て、時に監視する役割であるマスコミ、そのマスコミに対して自分たちに不当な報道を禁止するのは報道規制であり独裁国家のや
  • 女系皇族に反対するわけ
    竹林泉水 (06/09)
    自民党が女性天皇や女系皇族をみとめたくないのは、安倍政権の閣僚の多くが所属している、日本会議の影響もあうのでしょう。日本は天皇を頂点とする家族的な国家という藩閥
  • 女系皇族に反対するわけ
    アジシオ次郎 (06/06)
    こんにちは。

    天皇陛下の退位問題について、これからの皇室のあり方が問われる問題にもなっているけど、今の皇室において男性は悠仁さまのみであとは佳子さまなど女性
  • 安倍政権の功罪は何だろうか
    竹林泉水 (06/03)
    [GHQの幻想から]は何かよくわからないのですが、欧米との対等の関係だけでなく、強いあいてとも弱い相手とも相手を認め対等の関係を築くのが大切ですね。しかい、どうも
  • 天皇退位の審議が2時間半
    竹林泉水 (06/03)
    天皇退位の法律が成立しそうですが、一部の議員が反対、自由党は欠席で議論が深まらないのが残念です。自民に押し切られたているようです。
    敗戦後に日本人が自ら民主的な
  • 安倍政権の功罪は何だろうか
    アジシオ次郎 (06/02)
    こんにちは。

    安倍政権の功罪、功の部分は日本を戦後レジームから脱却すると言う価値観の変革に積極的にしたことだと思うが、憲法改正に躍起になっているのも、いい加
  • 天皇退位の審議が2時間半
    風 蘭 (06/02)
    象徴天皇については 私もたくさんの記事を綴って来ました
    天皇家の起源は天照大御神まで遡ります
    神の系図が有るからには 神は人間だったと言う事になります

    天皇陛
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    05 | 2017/06 | 07
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR