竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

安倍政権の功罪は何だろうか

安倍政権の功罪は何だろうか。第一次から見ると、聞く耳を持たない強行採決であるが、憲法改正国民投票法、教育基本法改正、武器輸出三原則改め防衛装備移転原則、秘密保護法、集団的自衛権憲法解釈の変更、安保法制、共謀罪など数々の実績を積み重ねている。これらを通してきたことは、実行力があると言えるのか。またそれぞれは功績といえるのか、生来の禍根となるのか。そして、大っぴらに70年間返られることがなかった憲法を変えると言っています。
これらの実績は自民党の歴代内閣の誰もが成し遂ようとして果たせなかった、もすくは果たすのを思いとどまったものです。となると、自民党の結党以来のいや、明治以降の大宰相と将来にわたってたたえ継がれるのか、はたまた、日本建国以来の悪宰相となるのか。
私は、選挙制度が中選挙区制のころ、アメリカのように政権が交互にかわりうる小選挙区制がよいと思いそれを支持してきました。しかし、いまの一党多弱の状況となると中選挙区制の方がよかったと言わざるを得ないです。
社会党が自民党と手を組んで与党の第2党であるのに、村山委員長が首相に担ぎ上げられ、社会党が崩落してしまい。社会党の支援団体である労働組合が、働き方改革などにより組織率が大幅に下がってしまっている。それにより社会党の票を受け継いだ、民進党の票も伸びないです。それより、民進党が不甲斐なく信頼を得られないのが原因ですが。
それはともかく、小選挙区制により1区1人りの候補をあげることにより、公認権や政党助成金の配分権を握る党執行部が選挙人事を握ることにより、総裁の顔色を見ながら言動をするようになってしまい、首相の方針と違う考えを持っていてもそれを口に出さなくなり、賛同同調することになってしまっているようです。また、自民党はリベラルを打ち出す民進党に対抗するためには、リベラルではなく右に寄らざるをえないのでしょう。また一度下野に下ったことによりそれはこりごりという意識もあるのでしょう。そのため常識的なリベラルな総裁よりたとえ、反動的であっても安倍信三のような右寄りでたとえ過激でもその方が求心力があるのでしょう。
しかし、自民党議員だけでなくほかの議員も政治家として、マハトマ・ガンディーの言葉に『あなたがすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、世界によって自分が変えられないようにするためである。』 の言葉をかみしめてほしいです。
総裁の方針とは違うが、選挙の公認をえられないのでこのところは面従腹背でいようとしても、いつの間にか腹の中の色まで総裁と同じ色になってしまう。それは、政治家として恥ずべきことではないだろうか。
そのことを考えると一番情けないのは自民党議員といえる、政治家として自分の信念を持ってほしい、『そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。』この言葉は、どこに書かれえいるのか知っているのだろうか。
もっとも、自民党議員は自民党憲法案をみると、今の憲法はGHQに押し付けられたもので、日本人国民が作ったものにすべきというが、それはせいかくには日本国が作ったものというべきです。自民党憲法案をよむと、国民主権の民定憲法ではなく、天皇を元首とし国のために国民の自由と権利と義務を保障(保証)とする国定憲法・欽定憲法のようです。国民に押し付ける憲法をつくることが、日本のためになると考えてる人が総裁の椅子に座る日が続くのでしょう。

最初の安倍首相の功罪ですが、憲法の解釈を自在にする人なので、どのような法律であっても同じかもしれません。それをどのようい運用するかを監視していかないといけないと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

安倍政権の功罪、功の部分は日本を戦後レジームから脱却すると言う価値観の変革に積極的にしたことだと思うが、憲法改正に躍起になっているのも、いい加減GHQの幻想から目を覚まさねばいけない!! と言う「お告げ」を国民に対してやっているのかも知れないし、欧米とホントに対等な関係を築こうと声高になっているところです。

罪の部分と言えば、自分のしたいことだけを熱心に取り組む一方で本来やらねばいけない課題には全く目を向けない。まして自分に都合の悪い意見や考えに理解を示す意識がないことですが、何でも自分の都合のいいように物事を決めつけようとする、他者に対して一方的に価値観を押し付けようとする姿勢はアメリカ的な考えでしかありません。
アベノミクスで経済は良くなっていると言うものの、実際はそれが効果になっているかは疑問だし、日経平均だって日本国内の情勢で左右されてないこともまたしかり。海外、特にアメリカに何か動きがあれば激しくなるのがそれを裏付けてます。アメリカ型市場主義経済を有り難がれば格差社会化が進む一方だが、相も変わらず日本の政財界は変にアメリカ追随と言うか礼賛体質ばかりでいい加減アメリカしか見ない考えは改めろと言いたくもなります。アメリカ一辺倒の外交や経済ではいずれ限界が来ます。

世の中何でも自分の思うようになる、自分に都合のいい考えがまかり通るなんて考えは「幼児」的なもので、まともじゃありません。甘やかされて育った子供がそのまま大人になるとああ言う人間になるってことですね。後は世間を知る努力、幅広い世界を知る努力とそれに伴う苦労もしなければ余計そうです。これは安倍総理に限らず他の2世3世議員にもまた当てはまる話ですけども。

安倍総理は後年どんな国家元首として評価されるのか、多分アメリカのロナルド・レーガンやジョージ・ウォーカー・ブッシュ、イギリスのマーガレット・サッチャーと同じでしょうかね。

Re: No title

[GHQの幻想から]は何かよくわからないのですが、欧米との対等の関係だけでなく、強いあいてとも弱い相手とも相手を認め対等の関係を築くのが大切ですね。しかい、どうも米とは対等の関係に本当になれるのか心配だし。戦前朝鮮を併合し日本国としたが、朝鮮人を二級国民といったり、今でも時々在日朝鮮人の方を第三国人と言う人がいるそれでは、中韓とは対等の関係を作ろうとすることができるのかと思います。本当にどのような国とも相手の立場を考えた対等の関係が大切でしょうね。
トランプ大統領のアメリカファーストのような考えでの対等の関係では良好な関係は気づけないでしょう。
安倍信三はこれしかないこれが一番善いものだと思い、善意としてしているので一番質が悪いのではないでしょうか。それよりきになるのが聞く耳を持たないことだと私は思います。
安倍信三の家系で見ると、安倍寛や安倍晋太郎と素晴らしい血を受け継いでいるはずなのに、妖怪と言われた人の血の方が濃いのでしょうか。
安倍総理は後年の評価、二つに分かれるのではないかと思いますが、レーガンやブッシュ、イギリスのサッチャーだったらまだましだとおもいます。
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • しあわせ
    風と雲 (06/26)
    何故?国会は一年の半分以下しか開催されないのでしょうか。国内外に毎日大きな動きのある現代に於いては、さまざまな問題を国民の前に提示し、議論を深め理解を求め、国民
  • 森友・加計問題を見ると、今の日本は法治国家だろうか
    竹林泉水 (06/20)
    まずは自分を正当化して自画自賛をしてさらには、「印象操作のような議論に対して、つい、強い口調で反論してしまう。そうした私の姿勢が、結果として、政策論争以外の話を
  • 森友・加計問題を見ると、今の日本は法治国家だろうか
    風と雲 (06/18)
    >自分が思うことは法を飛び越えてでも粛々と進める安倍政権・・

    飛び越えてではなく、→ 潜り込み裏をかき開き直って、鉄面皮と二枚舌で、 と言うのが最近の安倍政権
  • 国連人権理事会の日本の表現の自由の特別報告書
    竹林泉水 (06/15)
    マスコミは権力を監視するというより、権力者が何をしようとしているのかを主権者である国民に知らせるのが使命であり、権力を監視するのは国民ではないでしょうか。

  • 国連人権理事会の日本の表現の自由の特別報告書
    アジシオ次郎 (06/13)
    こんにちは。

    本来権力を中立的な立場で見て、時に監視する役割であるマスコミ、そのマスコミに対して自分たちに不当な報道を禁止するのは報道規制であり独裁国家のや
  • 女系皇族に反対するわけ
    竹林泉水 (06/09)
    自民党が女性天皇や女系皇族をみとめたくないのは、安倍政権の閣僚の多くが所属している、日本会議の影響もあうのでしょう。日本は天皇を頂点とする家族的な国家という藩閥
  • 女系皇族に反対するわけ
    アジシオ次郎 (06/06)
    こんにちは。

    天皇陛下の退位問題について、これからの皇室のあり方が問われる問題にもなっているけど、今の皇室において男性は悠仁さまのみであとは佳子さまなど女性
  • 安倍政権の功罪は何だろうか
    竹林泉水 (06/03)
    [GHQの幻想から]は何かよくわからないのですが、欧米との対等の関係だけでなく、強いあいてとも弱い相手とも相手を認め対等の関係を築くのが大切ですね。しかい、どうも
  • 天皇退位の審議が2時間半
    竹林泉水 (06/03)
    天皇退位の法律が成立しそうですが、一部の議員が反対、自由党は欠席で議論が深まらないのが残念です。自民に押し切られたているようです。
    敗戦後に日本人が自ら民主的な
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    05 | 2017/06 | 07
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR