竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

私たちが書く憲法前文

月刊誌『中央公論』で一般の読書から憲法前文を書くこが呼びかけられ公募された。それが連載されたた留と言う企画が10年以上前にありました。その内容を多くの人に知ってもらおうと一冊の本にという声もあった。本来なら『中央公論』の出版元の中尾公論新社からは、採算が採れないとの理由で見合わされ。なぜか角川書店から『私たちが書く憲法前文』というタイトルで2002年に出版された。また、同時に、あらたに、多くの庶民が憲法について考えるために、読者からの「憲法前文」ば公募され、多くの人から応募があったが。今度は10代の応募作品に絞られて、『「私」であるための憲法前文』のタイトルで角川書店から出版さてています。
前の本も後の本も、中学や高校の授業で憲法を考えるために、生徒に自分で考えた「憲法前文」を書かせた授業もあったようで、クラス単位などでの応募もありそれらが掲載されています。
憲法とは何か、また憲法全文を読んで考えるのは、憲法についての知識がないと、正しく考えることができず誤解にもとづいたものになりかねないです。
しかし、全文だけだと身近な生活の中から、その国に生きる上でどうあって欲しいかを考えることができます。そこから日本の政治は外交はどうか、経済はどうかを考え憲法とは何かを考える事ができるでしょう。

この二冊の本に書かれた憲法全文の内容は多岐にわたっています。
国家ありきのようなものから、日本の皇国史観を伝統文化としたような欽定憲法観にもとづくものや、国定憲法?のよなもの、しかし、多くは民定憲法観にもとづいたものが多いです。しかも憲法学者が考えた堅苦しいものは少なく、いまの日本のこの国に暮らす人々の声が聞こえます。
私がいまここで「人々」と書いたのは、日本国憲法の全文の冒頭は「日本国民は、」から始まりますが、英文の
「Japanese nation」ではなく、「Japanese people」と書かれているからです、本来なら「日本国民は」ではなく「日本人民は」とか「日本に住まいする人は」となるべきです。なぜそこにこだわるのかというと、なぜ people を国民と訳したのかを考えてみたいからです。それは明治維新以降藩閥政治を行い、それによる作られた伝統文化を守りたい思いがあったからではないかと私は思うのです。
この「私の書いた憲法前文」には、それに捕らわれ?囚われ?た人もいれば、それから解放されている人もいれば、自由に自律した考え芽生えを感じさせるものもあります。
この「私の書いた憲法前文」が出版されたころは、サッカーワールドカップはあり、小泉政権のころです。すでに15年以上になり、いまのようなナショナリズムが台頭しヘイトスピーチが横行していなか、国会では改憲議論を加速させようとしています。
そんなか今一度この本が世にでて多くの人が憲法とはないかを考える機会になればと思います。
また、いま、多くの民主主義や憲法についての本が新たに出版されています。その中にはリベラルなものもあれば、保守的なもの、反動的なもの、皇国史観や国家神道がよきものとするものもあります。
それらに惑わされることなく、一庶民としてこの国にすむ一個人として生活するにはどうあるべきかを考える「憲法前文」を自分なりに考えてみたいです。

また、「ふつうの一個人が考えた憲法前文」などのようなものがまた、企画されることを望みたいものです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • しあわせ
    風と雲 (06/26)
    何故?国会は一年の半分以下しか開催されないのでしょうか。国内外に毎日大きな動きのある現代に於いては、さまざまな問題を国民の前に提示し、議論を深め理解を求め、国民
  • 森友・加計問題を見ると、今の日本は法治国家だろうか
    竹林泉水 (06/20)
    まずは自分を正当化して自画自賛をしてさらには、「印象操作のような議論に対して、つい、強い口調で反論してしまう。そうした私の姿勢が、結果として、政策論争以外の話を
  • 森友・加計問題を見ると、今の日本は法治国家だろうか
    風と雲 (06/18)
    >自分が思うことは法を飛び越えてでも粛々と進める安倍政権・・

    飛び越えてではなく、→ 潜り込み裏をかき開き直って、鉄面皮と二枚舌で、 と言うのが最近の安倍政権
  • 国連人権理事会の日本の表現の自由の特別報告書
    竹林泉水 (06/15)
    マスコミは権力を監視するというより、権力者が何をしようとしているのかを主権者である国民に知らせるのが使命であり、権力を監視するのは国民ではないでしょうか。

  • 国連人権理事会の日本の表現の自由の特別報告書
    アジシオ次郎 (06/13)
    こんにちは。

    本来権力を中立的な立場で見て、時に監視する役割であるマスコミ、そのマスコミに対して自分たちに不当な報道を禁止するのは報道規制であり独裁国家のや
  • 女系皇族に反対するわけ
    竹林泉水 (06/09)
    自民党が女性天皇や女系皇族をみとめたくないのは、安倍政権の閣僚の多くが所属している、日本会議の影響もあうのでしょう。日本は天皇を頂点とする家族的な国家という藩閥
  • 女系皇族に反対するわけ
    アジシオ次郎 (06/06)
    こんにちは。

    天皇陛下の退位問題について、これからの皇室のあり方が問われる問題にもなっているけど、今の皇室において男性は悠仁さまのみであとは佳子さまなど女性
  • 安倍政権の功罪は何だろうか
    竹林泉水 (06/03)
    [GHQの幻想から]は何かよくわからないのですが、欧米との対等の関係だけでなく、強いあいてとも弱い相手とも相手を認め対等の関係を築くのが大切ですね。しかい、どうも
  • 天皇退位の審議が2時間半
    竹林泉水 (06/03)
    天皇退位の法律が成立しそうですが、一部の議員が反対、自由党は欠席で議論が深まらないのが残念です。自民に押し切られたているようです。
    敗戦後に日本人が自ら民主的な
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    05 | 2017/06 | 07
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR