竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

これからの世界情勢

フランスと韓国の新しい大統領が選ばれました。
フランスのマクロン新大統領、韓国の文在寅新大統領とも、選挙戦での主張はいままでの政権とは違った主張をしていました。

ヨーロッバや先進国ではポピュリズムてきな主張をする政権が勢力を伸ばしています。ポピュリズムが勢力をのばしているのは、ヨーロッパだけでなく、日本でも橋下徹が大阪市長などもそうであり、途上国などもポピュリズムが勢力を伸ばしています。
隣の韓国では北朝鮮の核開発に対してどのように取り組みのか、また不可逆的日韓合意の見直しを主張する文大統領はどのような政策をするのかが注目されていたが、新首相に南西部全羅南道知事の李洛淵を指名した。李氏は東亜日報の東京特派員を経るや、日韓議員連盟の副会長を勤めるなど知日派で知られています。

アメリカのトランプ大統領は就任から100日を過ぎたが、アメリカの閣僚のポストもまだ全部決まっていないといいます。
イギリスのEU離脱問題やフランスの新大統領や韓国の新大統領これからの手腕をどのように振るうのかを見定めて、それに対して安倍政権はどのようにするのかが見極めで気です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

移ろい易い国際情勢、韓国とフランスで大統領が代わり、欧米ではポピュリズムに訴えて支持を伸ばす政党が台頭するなど、予断を許さない状況ではありますが、他方日本、それらの国の情勢や現状にも目を通してこれからの外交を考えるきっかけを学ばねばいけないし、どうつき合うかも学ばねばいけません。
長年の課題であるアメリカ依存と言うかアメリカ一辺倒の外交政策を見直すのは当然のことだし、ましてやしたたかな姿勢も求められるのは当然です。まず求められるのは自国の利益、相手のご機嫌取りだけでは対等な目で見られません。私は思うに外交と言う場では「和をもって貴しとなす」的な考えは何の役にも立たない。効果がないと言うことを日本政府も外務省も理解すべきです。

Re: No title

ポピュリズムは民衆迎合主義ともいわれ、民衆に人気のある政策を主張するが、多数派(マジョリティー)の意見を重視し、少数派(マイノリティー)を無視したり、時には敵対して排除しようとしたり弾圧したいします。
しかし、大衆の意見を取り入れるな民主主義の重要視する点を持っているともいえます。しかし、民主主義と相いれないところはそれが、少数派を重視しない方向に向かた時ではないでしょうか。
日本が戦争に負け新憲法のもと民主主義を大切にする国になったが、戦前の国体を取り戻そうとすることよりも、経済発展を重視しアメリカに従属する政策を今まで自民党は取り続け手たといえる。
これから、日本が大切にすべきは何か戦前の国体を取り戻すのか、それとも70年前に取り入れた民主主義をさらに発展させことを考えその行動をとるのか、重要な岐路といえるでしょう。
アメリカ一辺倒の外交政策を見直す、日本国憲法の平和理想の「和をもって貴しとなす」的な考えは所詮理想であって、その中で外交努力は何をすべきかを考えるべきでしょうね。日本は世界でも有数な軍事大国であること認めるべきであり、日本国憲法の平和主義もとにその中で行動を起こすべきだと思います。
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • ブッシュ父子のトランプ氏のイメージ
    アジシオ次郎 (11/10)
    こんにちは。

    今のトランプ大統領を「ほら吹き」「嫌い」と嫌悪感を露わにしたジョージ・ハリー・ブッシュ元大統領とその息子でジョージ・ウォーカー・ブッシュ元大統領
  • 謙虚な政治とは
    竹林泉水 (11/01)
    どうしてでしょうね、明治大正時代は西洋の追いつけ追いこそと、政治家も経済界も保守陣営も革新陣営も前に向いていたと思います。
    しかし、いまは戦争に負けアメリカから
  • 企業の不祥事と組織
    竹林泉水 (11/01)
    どれも日本を代表する大企業です。このようなことをする企業は今では、企業倫理が薄かったり国の法規制がないかそこお抜けたバケツのような国でしょう。
    それがなぜ今の日
  • 謙虚な政治とは
    風と雲 (10/31)
    全く お説の通りです。でもそのような、狡知だけ長けた、矜持無き烏合の政権党を(選挙制度の歪もありますが)継続させたのは国民なのです。お座なりの政権批判だけでお茶
  • 企業の不祥事と組織
    アジシオ次郎 (10/30)
    こんにちは。

    神戸製鋼といい日産といいスバルといい、どうも組織としての体を疑いたくなる不祥事の問題、企業のガバナンスというかコンプライアンスと言うものはどうな
  • 今回の選挙で思う
    竹林泉水 (10/26)
    > 今回の選挙の勝利を謙虚に受け止めると安倍総理は言うものの、口だけにならないことを願いたい。
    安倍首相は毎回、そのようなことを言っていますが、そのたびにむなし
  • 今回の選挙で思う
    アジシオ次郎 (10/26)
    おはようございます。

    また自公の大勝に終わった今回の衆院選、自民党が支持を集めて勝ったからではなく、野党の足並みが揃わず有権者が消去法で仕方なく自民党に入れる
  • 茶番の衆議院選挙
    竹林泉水 (10/06)
    安倍首相の政治を私物化したような解散
    これで2度目です、この選挙の結果次第では、挙国一致国家総動員の国に足音を立てて突き進むことだけなないようにねがいたいです。

  • 茶番の衆議院選挙
    アジシオ次郎 (10/05)
    おはようございます。

    民進党の解体、小池百合子東京都知事が立ち上げた希望の党、ハッキリ言って今回の選挙は乱立の様相を呈しそうですが、野党票割れを起こして自民党
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    10 | 2017/11 | 12
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR