竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

すべての規制には理由がある

安倍政権により規制緩和が進められているが、国民のために本当になるのか。
自由経済の推進により、さまざまな企業が参入しやすくなり、経済が活性化して企業が儲かる。国は企業の減税をして企業に体力をつけさる。企業活動をしやすいようにインフラ事業を整備し税金を使う。では減税して減った収入を誰が負担するのか。
しかし、新自由主義による自己責任の理論により、社会保障費が抑制され、さらに消費税率の引き上げという増税によって企業活動をしやすい社会整備のために使われることになる。もともと、消費税の増税は、少子高齢化への取り組みとして、社会福祉費が増大することによりそれに充てることが、民主自民公明の三党合意にり増税の方向が決められたはずです。しかし、自民党選挙に圧勝し安倍政権が誕生するや、企業活動最優先の三つの経済政策により、三党合意は有耶無耶にされ規制緩和が押し進められえいます。
規制緩和がすべて悪いものではないです。すべての「規制」には理由があるはずです。時代と状況にあった見直しが必要
なことは事実だが、それが誰のための規制の見直しなのかが問題です。この時これについて考えるのに、だれがそれにより恩恵をうけるか、だれが一番儲けて得をするのかを見極めることにより、規制緩和の見直しが誰のための真実が見えてきます。

規制緩和とはなになのか。
安倍政権の規制緩和の定義は、自由競争を制限する公的規制を撤廃・緩和して、サービスや生産性を向上させることをねらう。このことが規制緩和推進の根拠となり、規制によって守られてきた既得権益をなくすことで新規参入企業が増え、消費者が自由かつ適切な選択ができるようになり、経済が活性化するという考え方。大きな規制緩和の例として、国鉄民営化、日本電信電話公社民営化、郵政公社の民営化などがありますが、大規模小売店法による規制緩和により、大型ショッピングモールができ街の商店街がシャッター商店街になり。貸切バス事業の規制緩和・乗合バス事業の規制緩和などにより、バス運行会社の薄利経営になり運転手の過労運転が問題になっています。企業の農業参入により、良質の野菜を栽培していた小規模農家が農業を維持できなくなってきている。株式会社の学校運営を認めることにより、結果を早く出すことが優先され利益重視の教育がおこなわれるようになります。労働者派遣法により、社会福祉保障の企業負担がなくなり、低賃金労働が増え労働時間が増え過労死など、労働者の使い捨てを厭わないブラック企業が増えている。

これらのことを考えると、安倍政権の規制緩和は国民のためでなく、大企業などの活動がしやすいためにされていることが多いです。
規制緩和のメリットは、価格低下と新規参入の自由競争を促すことを狙うもので、各種料金、バスツアー料金などの価格が低下により、消費者は低価格でサービスを利用しやすくる。企業は労働者派遣制度により人件費を安く抑えることがでる。規制緩和により企業や消費者はさまざまな選択肢の中から自分に合ったものを選ぶことができるようになる。
規制緩和のデメリットにより自己責任論が横行し、格差が拡大してきている事実があります。正社員と派遣労働者などとの所得格差、資産を持つ人と持たない人との受けられる恩恵の格差、体力のある大企業と体力のない中小企業との格差などです。さらに企業の利潤追求が過剰になたり、参入企業が増え過当競争による低価格による安全対策を犠牲にすることからの事故増えてる事実もあります。
消費者が自由に商品やサービスを選べることは、自己責任の裏返しという人もいるが、それは間違いです。自由経済自由競争で野放図にするとデメリットが増幅してしまいます。だからこそ、そこには秩序を作れ出すたに規制が必要となりま
す。

以前ブログに桂米朝の落語「百年目」の記事を書いたことがる。

「一軒の主を旦那と言うが、その訳をご存じか」
「いえ」
「お寺の講釈で聴いた話だが、それは、『五天竺の中の南天竺に赤栴檀と言う立派な木があり、その下に難延草という汚い草が沢山茂っていた。ある人が見苦しいので難延草を取ってしまうと、赤栴檀がだんだん弱り枯れてしまった。調べると赤栴檀は難延草を肥やしにして育ち、難延草は赤栴檀の露で育っていた事が分かった。赤栴檀が育つと難延草も育った。赤栴檀の「ダン」と難延草の「ナン」を取って”ダンナン”と言う、それが檀那になった。』と言う。こじつけだろうが、私とお前の仲は赤栴檀と難延草で上手くいっているが、店に戻ってお前は赤栴檀、店の者が難延草、赤栴檀は元気がいいが難延草は元気が無い。少し難延草に露を降ろしてやって下さい」。
番頭の店の手代や丁稚の働きがあってこそ、番頭の働きが活きてくるもので、ただ不甲斐ないからと言って締め付けたり厳しくすると、逆にその芽を摘んでしまうことになる。この檀那のはなしのようにお互いに支え合えることが、大切だとこの落語は教えているのでしょう。

働き方の規制緩和により、労働者は下請け企業がそして消費者の元気がなくなるようなことがないように、守らないとい
けない規制は緩和してはいけないでしょう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 日本の民主主義
    風と雲 (05/25)
    現憲法を、与えられ押しつけられたことを改憲の理由にするのは戯言としか思われない。GHQの優れた選良達が、強い意志と理想を以って日本国の改革に込めた理念と体系の案
  • これからの世界情勢
    竹林泉水 (05/16)
    ポピュリズムは民衆迎合主義ともいわれ、民衆に人気のある政策を主張するが、多数派(マジョリティー)の意見を重視し、少数派(マイノリティー)を無視したり、時には敵対
  • これからの世界情勢
    アジシオ次郎 (05/15)
    こんにちは。

    移ろい易い国際情勢、韓国とフランスで大統領が代わり、欧米ではポピュリズムに訴えて支持を伸ばす政党が台頭するなど、予断を許さない状況ではあります
  • 安倍総裁のビデオメッセージ
    竹林泉水 (05/11)
    > 2006年に安倍晋三は「新しい国へ 美しい国へ」という本を書いています。
    これについて、追加です上記のタイトルの本は、2013年に増補として出されたもので、2006年の
  • 安倍総裁のビデオメッセージ
    竹林泉水 (05/11)
    2006年に安倍晋三は「新しい国へ 美しい国へ」という本を書いています。
    それを読んだらわかるのではないかと思います。
    70年前の日本を取り戻したいと思っているようで
  • 安倍総裁のビデオメッセージ
    風と雲 (05/07)
    安倍政権になってから、日本の国をどういう風にしたいのか、何が今の日本で足らないのか、不整備だとしているのかさっぱり分らない。70年間大きな過誤なしに比較的平和に
  • 今村氏の発言より二階氏のマスコミへの苦言
    竹林泉水 (04/29)
    > 自民党・二階幹事長のこの発言は「報道規制」につながりかねないが、自分たちに都合の悪い情報や報道を・・・・
    マスコミがこのことに対して抗議しないのは、すでに
  • 今村氏の発言より二階氏のマスコミへの苦言
    アジシオ次郎 (04/28)
    こんにちは。

    自民党・二階幹事長のこの発言は「報道規制」につながりかねないが、自分たちに都合の悪い情報や報道を抑圧しようとするのは客観性がない以前のもので、
  • 山本大臣の発言
    竹林泉水 (04/22)
    自民党の議席を多数とったことによる驕りと、下野に下った時のトラウマがあり、自分のすることが正しい思いこんでいるのでしょう。

    アメリカ追随が自民党の一部の反動的
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    04 | 2017/05 | 06
    -123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR