竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

原題の産業革命

産業革命
第一次 工業化
第二次 大量生産
第三次 製品電気化
私たちは過去に先にあげた、三つの産業革命を経験したと考えられる。
もっとも狩猟時代から、農耕技術を編み出したのも一つの産業産業革命といえ、狩猟技術も道具を道具を使うようになり、狩猟の成功率が上がったので産業革命との見方もできる。

とするなら、近代産業革命と言うのが正しいでしょう。
そして現代の産業革命が、本の少し間をおいて起きている。歴史的な時間の流れから見ると、同時に起きているといってもよいだろう。
第四次 電子情報社会
第五次 包括情報管理化

いまは第四次の電子情報社会の産業革命を経験しているところです。それにより様々なサービスが行き渡り、きわめて短い時間でに提供されるようになり生活は便利になってきています。
個人集団を問わず様々な情報が集められ、それらは知らないうちに利用され、自分たちの必要としているサービスが提供され生活は便利になっています。
しかし、今までにない情報の氾濫社会で、有形無形の事物があふれそれを取捨選択判断するのに、好ましくない状態に陥っています。それにより戸惑ったり判断ができなくなり混乱もおきています。

電子情報社会の到来と同時に、第五次の包括情報管理社会の産業革命が起きて飛躍的な早さで進んでいるところです。
そしてこの題次産業革命である、包括情報管理社会は単に情報や産業だけでなく、人間自体も政治的にも生物学的にも管理コントロールされようとしているのではないだろうか。

生産し物を作る産業経済の物質経済、実質経済から、金融経済が中心になってきたいま、1秒以下の単位で大きく明暗が別れ命運を左右する時代です。また、金融経済の市場だけでなく、一般の市民の生活まで情報の中に組み込まれて、日本ではマイナンバー制である、国民宋背番号により、個人の収入は一元管理され税金の徴収にも使われようとしています。
また、個人が進んで包括的情報管理社会に飛び込もうとしている人が多いです。クレジットカードの使用や、商業施設のポイントカードなどは、単にポイントがたまるだけでなく、その人の買い物傾向や動向を把握しそれを、買い物を促することに利用されています。つまり、知らないうちのその人個人の嗜好が把握され、買い物の同行が把握されていることです。
また、街中の防犯カメラは監視カメラと早変わりしていまう恐れもあります。カメラの顔認証制度は年々あがり、かく防犯カメラがネットワークで繋げると、特定の個人を追跡していくことが瞬時にできるようになる。これこそが監視カメラです。

また、テレビにネットワークに繋げる人が多いですが、パソコンやスマートフォント同じ通信機能を持っているそうです。そのため、パソコンでいうウイルスに感染させることも可能だといわれています。最近のテレビにはマイクとカメラがついているんで、知らないうちに監視・盗聴されている可能性もあると言われています。電子情報社会、包括情報管理化である、第四次、第五次の産業革命をどとらえどう対処していけばよいのでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 独裁者の国会解散
    風と雲 (09/23)
    かかる為政者の存在を許してきたのは、日本人の「ながいものにまかれる、お上に任せば・・、なるようにしかならない」と付和雷同性の強い国民性に由来するものではないでし
  • フェイクニュース
    アジシオ次郎 (09/16)
    おはようございます。

    ネットの普及に伴い様々なニュースが見れるようになった昨今、ただ自分の好みに合った情報しか信じないという弊害が出ることもそうだし、多様性を
  • ギャンブル依存症に顔認証は問題
    竹林泉水 (09/10)
    顔認証技術が進み、個人の識別だけに利用されるならまだしも、個人の管理に利用されるのは非常に問題が多いと思います。

    松井知事の発言があまり問題になっていないのも不
  • ギャンブル依存症に顔認証は問題
    アジシオ次郎 (09/09)
    こんにちは。

    いくらギャンブル依存症対策とはいえ、入場確認や顔認証システムを導入するのは一部から「プライバシーの侵害だ」と批判を浴びてもおかしくありませんね。
  • 終戦の日の前後のテレビ番組
    竹林泉水 (08/23)
    国際的な政治・外交問題は素人的な言い方をすれば、早い者勝ちで勝ち逃げすればセーフ的なところがありますね。
    国の名前に「帝国」冠して大日本帝国として、そのころ時代
  • 終戦の日の前後のテレビ番組
    アジシオ次郎 (08/22)
    こんにちは。

    毎年この時期は戦争にちなんだドキュメンタリー番組をやるけど、NHKが積極的にやるのに民放はニュースでミニコーナー程度しかやらないと言うのはどうか
  • 安倍内閣改造
    竹林泉水 (08/08)
    > 一強なのに天狗になって周りを見ない姿勢のせいで支持率が低下したのに、それを教訓にしないようでは自浄能力がないというか学習能力がないと言われるだけです。ア
  • 安倍内閣改造
    アジシオ次郎 (08/05)
    こんにちは。

    お友達内閣と揶揄された反省から、今回は異なる派閥からすすんで入れた改造内閣、バランスいいとはいうものの、女性閣僚が2人だけというのは男性優位色が
  • 見ざる聞かざる言わざる
    竹林泉水 (07/30)
    いつもコメントありがとうございます。
    三猿の教えは、子どもより大人の方が三猿について考えないといけないでしょうね。

    一つのことしか知らない大人になるのは、人それ
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    08 | 2017/09 | 10
    -----12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR