竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

あたらしい教科書

共同通信やなどによると、文部科学省が2月に公表した中学校の次期学習指導要領改定案で、現行の「聖徳太子」を「厩戸王(うまやどのおう)」に変更したことについて、文科省が学校現場に混乱を招く恐れがあるなどとして、現行の表記に戻す方向で最終調整していることが19日わかりました。
改定案で消えた江戸幕府の対外政策である「鎖国」も復活させる方向だそうです。

歴史の解釈は時代によりかわるものであり。また、歴史とは時々の政治の体制により都合の良いように解釈されるものです。また、過去の出来事も新しい事実がでてくれば、その事実に合わせて変わっていくものです。

「聖徳太子」という呼び名は私の年代などにとっては、小学校中学校高校とそう聞いてきたので、なじみがありわかりやすいよび名です。
史実を学ぶ上では、史実を学ぶ中学で「厩戸王(聖徳太子)」が適当だが、小学校では人物に親しむ小学校で「聖徳太子(厩戸王)」となっている。これが、小学校と中学校と違っていては混乱を招くとして、「聖徳太子」とする方向で検討されるそうです。では、なぜ、「厩戸王(聖徳太子)」あるいは、「厩戸王」としないのだろうか。もちもと、「聖徳太子」は没後の呼称ですから、歴史のながれから言って当時の歴史を学ぶ上では「厩戸王」が正しいでしょう。

教科書も著作物であるので、教科書を書く歴史家の考えを大切にしその記述を尊重する上で、文科省が必要以上に口出しをするのは適当でないでしょう。このことが広まれば、検定教科書でなく国定教科書になってしまいかねないです。
文科省がこのようなことを決めたのは、改定案公表後のパブリックコメントによるものです。呼称の変更に批判的な意見が多かった、教員からも「小中で呼称が異なれば子供たちが混乱する」「指導の継続性が損なわれる」言った意見があったからしています。
もともと、呼称の変更に批判的な意見は、歴史的事実と学問的な見地から、その意見には退けられるべきものです。小中により呼称が違えば混乱するに対しては、「厩戸王(聖徳太子)」に統一すればよいと考えます。

このことに対して文科省は、小中とも聖徳太子の呼称を使う、中学では日本書紀や古事記などに「厩戸皇子」と表記されていと明記する方向で調整しいると言っています。

このことは、共同通信や新聞などの記述によれば、ブリックコメントによるものだと受け止められる。
しかし、「新しい歴史教科書をつくる会」が、改訂される学習指導要領の案に対して要望を出しています。このことも影響を与えているともいえます。

「新しい歴史教科書をつくる会」は、「厩戸王の呼称になれさせようとしている。律令国家形成の出発点となった聖徳太子を抹殺すれば、日本を主体とした古代史のストーリーがほとんど崩壊する」として反対している。また他にも、「大和朝廷」が「大和政権」に、「元寇」が「モンゴルの襲来」に、「鎖国」の記述削除されるこちに反対し、「市民革命」に関しては、「イギリス革命」にするようにようぼうしています。

そもそも、教科書とは学術的な見地から書かれるもので、このようなことは学者同士が論議して論戦して、過去の歴史をどのようにとらえてゆくかを考えていくべきものです。
一つの勢力からの要望などを受けて、教科書が書き換えられるなら、それは近代的な民主国家の教科書といえるでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 終戦の日の前後のテレビ番組
    アジシオ次郎 (08/22)
    こんにちは。

    毎年この時期は戦争にちなんだドキュメンタリー番組をやるけど、NHKが積極的にやるのに民放はニュースでミニコーナー程度しかやらないと言うのはどうか
  • 安倍内閣改造
    竹林泉水 (08/08)
    > 一強なのに天狗になって周りを見ない姿勢のせいで支持率が低下したのに、それを教訓にしないようでは自浄能力がないというか学習能力がないと言われるだけです。ア
  • 安倍内閣改造
    アジシオ次郎 (08/05)
    こんにちは。

    お友達内閣と揶揄された反省から、今回は異なる派閥からすすんで入れた改造内閣、バランスいいとはいうものの、女性閣僚が2人だけというのは男性優位色が
  • 見ざる聞かざる言わざる
    竹林泉水 (07/30)
    いつもコメントありがとうございます。
    三猿の教えは、子どもより大人の方が三猿について考えないといけないでしょうね。

    一つのことしか知らない大人になるのは、人それ
  • 見ざる聞かざる言わざる
    アジシオ次郎 (07/26)
    こんにちは。

    周りをよく見る・すすんで自分の意見を言う・人の話を聞く。当たり前の常識だが、子供に説くのも大事だが大人も改めてそれを認識してそれに基づく正しい行
  • アベ政治はクーデター
    竹林泉水 (07/19)
    政権を握っているのでクーデタだと言えるのでは

    しかし、安倍晋三の頭の中の辞書には、民主主義の言葉はあるが、政治家としての誠実さをなかなか感じることができないので
  • アベ政治はクーデター
    雲と風 (07/18)
    勉強になりましたが、「安倍政権はクーデター」でしょうか? 権力と威嚇によるテロリズムだと思います。内閣府の中の一派が壊憲と日本の民主主義制度の堕落無力化を共謀し
  • 教育福祉などへの株式参入は
    竹林泉水 (07/12)
    なんでも自由競争になれば、サービスの質が向上すると考えるのは間違いで、鉄道などで見ると都市部はサービスが向上するが、過疎部では反対で最悪の場合は撤退になります。
  • 教育福祉などへの株式参入は
    アジシオ次郎 (07/10)
    おはようございます。

    教育や福祉に株式参入することは、教育や福祉をビジネスに利用しかねないし、アメリカ式の市場主義経済に基づく価値観を正当化しかねないです。た
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    07 | 2017/08 | 09
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR