竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

これからの世界のゆくへ

トランプ氏が大統領選挙で勝利宣言のとき、トランプ一族が横に並び勝利宣言をした。それを見たとき何か異様なものを感じたが、だんだんとその姿を現し現実のものとなってきそうです。
国政では。トランプ大統領は大統領令を連発してオバマ政権が作り出したものからの脱却を急ぎ、大統領の権力を誇らしげに見せびらかせているようです。

国民に向けては、トランプ氏のTwitterなどで、意見の合わない者や批判的や反対する者への酷評を連発し、賛同する者へは賞賛することが続けられている。
ホワイトハウスは1月15日に「トランプ大統領の大胆な行動に賞賛」と題する発表文をメールで流したと言われます。

まるで核実験やミサイル発射人権をし、メディアで現指導者のすばらしさを流す、このようなところを一面的に表面だけ見れば北朝鮮のような感じです。

そんなさなかワシントン共同によると、米国でジョージ・オーウェルの近未来小説『1984年』が突如売れているとほうじられいます。
オーウェルの『1984年』は、反ユートピア小説と呼ばれるもので、冷戦が始まった1948年に書かれたものです。その内容は、世界が全体主義国家によって分割統治された独裁国家による監視社会を描いた近未来世界の恐怖を描いたものです。
発表当時のこの小説の多くの読者は、政府による監視や検閲や権威主義を批判する人たちが、好んでこの小説を引用されていました。

なかには、トランプ政権が就任式への参加人数を、今までで一番多かったと、事実と違うことを主張しそれを植え付けようとしている姿は、この『1984年』の独裁国を思わせると言っています。

しかし、今の先進国と呼ばれる国でのリベラルな考えは、経済がグローバル化しその結果貧富の差が拡大し固定化されていってます。そのような状態での中、中層下層の人々は屏息感が広まり、今の状態から脱却し変化して欲しいと願っている。それが、トランプ大統領を生み出したアメリカだけでなく、ヨーロッパ各国でも起きている。今年は多くの国で指導者を選ぶ選挙があるとしです。多くの国でポピリズムや拝外主義的、自国至上主義的なナショナリズムを主張をする指導者への支持が集まっていると言われます。

人類はいつになれば平等で平和な世の中をつかむことができるのでしょうか。
人類は中世の魔女狩り時代を経て、ルネッサンス運動が起こり産業革命につながり、人々が豊かになっていき貧富の格差が作り出され、帝国主義により植民地戦争、そして二度の世界大戦を経験した。平和が訪れたと思ったら米ソの冷戦時代になり、ソ連の崩壊とともに冷戦が終結したが、超巨大国アメリカがリードする世界になったが、すぐに経済のグローバル化が訪れ資本は国境を越え、今までになく貧富の格差は広がり、世の中が混沌としてきています。いま、ナショナリズムが問われなおしている時代ではないだろうか。
私は、今も自分のアイデンティティの独自性や自律性とそれが自立するナショナリズムは悪くないと考えています。しかし、そのナショナリズムが偏狭し一国主義になてしまうことは一番危険なことだと考えます。国内では国家主義の独裁政治を生み出し、対外てきには自国の繁栄のために互いに争いを深める恐れが高まっていっくでしょう。
100年前から30年かいや60年以上起こした過ちを繰り返さない洋にしなければならないでしょう。
そのためには、世界を俯瞰し互いに尊重しあうことが需要でしょう。
カントの書いた『永遠平和のために』をもう一度読んでみようと思う
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

アメリカのトランプ大統領のメディア批判は、自分に都合の悪い話をする者はケチョンケチョンにこき下ろすと言う子供じみた言動にしか見えないが、自分に都合のいい話しか見ようとしない考えは独裁国家と全く変わらないし、現実を直視しようとしない理想主義者の考えです。

トランプ大統領のようにポピュリズムを掲げる人間が台頭する理由は、グローバル化が行き過ぎて格差が拡大してその閉塞感から既存政治に対する不満が高まり、それを利用して政治の舞台に立とうとする意識が出ている傾向にあると思います。それに伴い、自国中心主義を掲げる動きが出る始末だが、欧米については移民・難民問題も加わって排外主義も出るもんだからたちが悪いとしか言い様がない。

世界史において度々戦争や政変、格差がつきまとったが、人類はそれを教訓にしているようでしていないとしか思えませんね。自国中心主義、世界恐慌後にアメリカとイギリスなど資本主義国で出てきたブロック経済は結果最悪の結果をもたらしたことを改めて理解しなければいけません。ドイツもベルサイユ体制により過酷な賠償金を課せられ、その不満が蓄積してヒトラーやナチスの台頭につながったことも入れておきましょうか。

Re: No title

わたしには、トランプ大統領のメディア批判は、日本の首相を見習っているように思えてしまいます。
アメリカは自由と民主主義国の国でこのようなことはないと思っていましたが、民主主義の崩壊は民主主義から起こるという恐ろしさがあると言えるでしょう。
だからこそ不断の努力でそれを抵抗しなくてはならないです、まだ、アメリカのメディアは健在で、それに対して反論し国民も抗議しています。

日本国民も首相のようにトランプ大統領に迎合するのではなく、アメリカのメディアと国民にならっていくべきではないでしょうか。
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 森友・加計問題を見ると、今の日本は法治国家だろうか
    風と雲 (06/18)
    >自分が思うことは法を飛び越えてでも粛々と進める安倍政権・・

    飛び越えてではなく、→ 潜り込み裏をかき開き直って、鉄面皮と二枚舌で、 と言うのが最近の安倍政権
  • 国連人権理事会の日本の表現の自由の特別報告書
    竹林泉水 (06/15)
    マスコミは権力を監視するというより、権力者が何をしようとしているのかを主権者である国民に知らせるのが使命であり、権力を監視するのは国民ではないでしょうか。

  • 国連人権理事会の日本の表現の自由の特別報告書
    アジシオ次郎 (06/13)
    こんにちは。

    本来権力を中立的な立場で見て、時に監視する役割であるマスコミ、そのマスコミに対して自分たちに不当な報道を禁止するのは報道規制であり独裁国家のや
  • 女系皇族に反対するわけ
    竹林泉水 (06/09)
    自民党が女性天皇や女系皇族をみとめたくないのは、安倍政権の閣僚の多くが所属している、日本会議の影響もあうのでしょう。日本は天皇を頂点とする家族的な国家という藩閥
  • 女系皇族に反対するわけ
    アジシオ次郎 (06/06)
    こんにちは。

    天皇陛下の退位問題について、これからの皇室のあり方が問われる問題にもなっているけど、今の皇室において男性は悠仁さまのみであとは佳子さまなど女性
  • 安倍政権の功罪は何だろうか
    竹林泉水 (06/03)
    [GHQの幻想から]は何かよくわからないのですが、欧米との対等の関係だけでなく、強いあいてとも弱い相手とも相手を認め対等の関係を築くのが大切ですね。しかい、どうも
  • 天皇退位の審議が2時間半
    竹林泉水 (06/03)
    天皇退位の法律が成立しそうですが、一部の議員が反対、自由党は欠席で議論が深まらないのが残念です。自民に押し切られたているようです。
    敗戦後に日本人が自ら民主的な
  • 安倍政権の功罪は何だろうか
    アジシオ次郎 (06/02)
    こんにちは。

    安倍政権の功罪、功の部分は日本を戦後レジームから脱却すると言う価値観の変革に積極的にしたことだと思うが、憲法改正に躍起になっているのも、いい加
  • 天皇退位の審議が2時間半
    風 蘭 (06/02)
    象徴天皇については 私もたくさんの記事を綴って来ました
    天皇家の起源は天照大御神まで遡ります
    神の系図が有るからには 神は人間だったと言う事になります

    天皇陛
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    05 | 2017/06 | 07
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR