竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

自己規制とオスプレー墜落ニュース

新聞の自己規制とNHKのオスプレー墜落ニュース

新聞、テレビなどの報道機関の自己規制はいまどのような状況なのだろうか。
テレビなどのマスメディアの業界で、ポルノなどの風俗の乱れを助長したり、社会秩序を著しく害するするような内容の放送は、社内の検討委員会などで自己規制をがかけられている。

さいきんは、視聴者などのそれらを指摘する目も厳しくなってきて、個人情報に触れるものや、差別用語などに関するものでは、かなり厳しい基準での指摘をする視聴者などもいるようです。そのため番組を作るがわも制作者自身が自己規制をしてしまうことも多くなっているようです。

これが、ドラマなどの番組ならこれは行き過ぎだな笑っていられる段階でしょう。

しかし、ニュースや政治や社会問題に関する報道になると、行き過ぎだと言って笑っていられない。そこに、政権を持っている立場から、社会的影響力が大きかったり権力を持っている人からの、干渉などがあってそれが影響したなら大きな問題です。そのようなことがあれば権力を持った人に都合の良いことばかりがニュースとして報道され、権力者に都合の悪いことは隠され、国民はそのことを知ることができなくなる。

また、国民自身がポピュリズムの政治家により、国民に迎合し愚民政策を進めることにより、国民自身が権力者に批判的な報道に抗議するようになり、それがテレビなどの自己規制をしてしまうことになる。

今の世の中では自分の考えや自分の支持するものとの意見が違うと、それに対して反論をすることはごく正常なことです。しかし、その自分との考えが違うものを、受け入れがたいとし、拒否ししりぞけ攻撃することは、自己の意見を主張し反論するのとは全く違うことです。

しかし、最近新聞などの報道機関に対して、攻撃するものが増えてきている。またそのようなことが過激になってきているようです。それにより、新聞などの報道機関は行き過ぎた自己規制をしている。なかには権力者の考えていることを推し量って、自主自己規制をしてしまうことが多くなってきてはいないだろうか。

このブログの記事を書いていたら、こんなニュースがとびこんできた。
NHKでは、沖縄でオスプレーが不時着した、乗員は全員無事。不時着?墜落でなくよかったとおもいました。
はじめは映像がなかったので、よく分からなかったが。あさのNHKニュースでは、オスプレーが海上でバラバラになっている映像がながされていた。これは不時着でなく墜落ではないか。
他のテレビ局では、字幕では墜落、アナウンスでは不時着を使ったりしていた。
・不時着とは、飛行機が故障・悪天候などで航行不能になり目的地以外の場所に降りることで、性格には不時着陸と言います。
・墜落とは、高いところから落ちることです。
意味は大きく違います。どちらも航空機の故障での事故だが、ニュースとしてながれると、受ける感じとしては大きく違います。
NHKはなぜ墜落とは言わないのか。これも墜落とすると、ただでさえオスプレー配備に対しての反対や、沖縄の基地問題に対しての配慮から、柔らかく受け取られる言葉を選んだのだるか。この墜落事故についてもっと詳しい情報を取得したいと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • しあわせ
    風と雲 (06/26)
    何故?国会は一年の半分以下しか開催されないのでしょうか。国内外に毎日大きな動きのある現代に於いては、さまざまな問題を国民の前に提示し、議論を深め理解を求め、国民
  • 森友・加計問題を見ると、今の日本は法治国家だろうか
    竹林泉水 (06/20)
    まずは自分を正当化して自画自賛をしてさらには、「印象操作のような議論に対して、つい、強い口調で反論してしまう。そうした私の姿勢が、結果として、政策論争以外の話を
  • 森友・加計問題を見ると、今の日本は法治国家だろうか
    風と雲 (06/18)
    >自分が思うことは法を飛び越えてでも粛々と進める安倍政権・・

    飛び越えてではなく、→ 潜り込み裏をかき開き直って、鉄面皮と二枚舌で、 と言うのが最近の安倍政権
  • 国連人権理事会の日本の表現の自由の特別報告書
    竹林泉水 (06/15)
    マスコミは権力を監視するというより、権力者が何をしようとしているのかを主権者である国民に知らせるのが使命であり、権力を監視するのは国民ではないでしょうか。

  • 国連人権理事会の日本の表現の自由の特別報告書
    アジシオ次郎 (06/13)
    こんにちは。

    本来権力を中立的な立場で見て、時に監視する役割であるマスコミ、そのマスコミに対して自分たちに不当な報道を禁止するのは報道規制であり独裁国家のや
  • 女系皇族に反対するわけ
    竹林泉水 (06/09)
    自民党が女性天皇や女系皇族をみとめたくないのは、安倍政権の閣僚の多くが所属している、日本会議の影響もあうのでしょう。日本は天皇を頂点とする家族的な国家という藩閥
  • 女系皇族に反対するわけ
    アジシオ次郎 (06/06)
    こんにちは。

    天皇陛下の退位問題について、これからの皇室のあり方が問われる問題にもなっているけど、今の皇室において男性は悠仁さまのみであとは佳子さまなど女性
  • 安倍政権の功罪は何だろうか
    竹林泉水 (06/03)
    [GHQの幻想から]は何かよくわからないのですが、欧米との対等の関係だけでなく、強いあいてとも弱い相手とも相手を認め対等の関係を築くのが大切ですね。しかい、どうも
  • 天皇退位の審議が2時間半
    竹林泉水 (06/03)
    天皇退位の法律が成立しそうですが、一部の議員が反対、自由党は欠席で議論が深まらないのが残念です。自民に押し切られたているようです。
    敗戦後に日本人が自ら民主的な
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    05 | 2017/06 | 07
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR