竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

参議院のありかた

全国知事会有識者研究会は13日、参議院のあり方について報告案をまとて公表した。
この有識者研究会は参議院選挙においての、合区解消について話し合われいる。
日本の国会は明治時代に二院制が取り入れられ、衆議院と貴族院で構成された。これは、英国の上院下院に倣ったものだった。
敗戦後、封建的な貴族制が廃止され、一院制の案があったが、二院制が取り入れられ貴族院は参議院となり、両院とも全国を代表する選挙で選出される今の制度になった。
しかし、米国の上院下院は、下院の地方代表が色濃く明記されているが、日本の衆議院参議院の違いは曖昧だと指摘されていた。
日本の都心への人口集中と人口減少により、選挙の公平さにもとづき一票の格差が問題になり、人口の少ない隣どうしの県が一つの選挙区などが取り入れられ問題になっていた。

そこで、地方自治の独立性を重視する観点から、参議院の選挙のあり方が見直されていた。

今回の有識者会のまとめた報告案は、現行憲法の43条は次のようになっている。

両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。
2 両議院の議員の定数は、法律でこれを定める。

それを次のような案を公表した。

2案あり1案は
衆議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。
2 参議院は、広域的な地方公共団体の区域ごとに、
住民を代表する選挙された議員及び全国民を代表する選挙された議員で組織する。
3 両議院の議員の定数は、法律でこれを定める。

2案は
衆議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。
2 参議院は、広域的な地方公共団体の区域ごとに、
住民を代表する選挙された議員で組織する。
3 両議院の議員の定数は、法律でこれを定める。

となっています。1案は、地方区と全国区で選出するもので、2案は地方区だけで選出するものといえる。

また、国会法については、参議院は「地方の府」であることを明確に位置づけ、地方代表制を明文化する事もまとめられている。

いままでより、参議院の存在感がましていくだろう、また参議院議員も地位が法的に位置づけられるので、地方の代表という自覚を持つことが大切になってくる。それにより地方自治の自活自律が強固なものになっていくことを期待したいと感じる。
そう感じていると、10月14日に高等裁判所岡山支部が一票の格差の裁判で、7月の参議院選挙は違憲状態だとの判決を下した。また、7月の参議院選挙は始めて島根鳥取などが合区で選挙が実施されたが、それも是正が不十分だとされた。
衆議院と参議院の違いをどう位置づけるかによって、選挙区のあり方が変わってくる。
私は一票の格差が大きいので、それは不公平だとする事には疑問をもっていた、過疎地と大都会でも同じ発言権はあるべきだと考えている。そのなかで、過疎地と大都会の意見を出し合い話し合って、互いの問題点を理解しあって、結論をだし施策を進めていくべきだと考えている。

このことからも、過疎地の人の意見を中央に届けることや、地域自治の特色をだっし自律と自立を守り続けるためにも、全国知事会有識者研究会の報告は非常に重要なものと言えるだろう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • アベ政治はクーデター
    雲と風 (07/18)
    勉強になりましたが、「安倍政権はクーデター」でしょうか? 権力と威嚇によるテロリズムだと思います。内閣府の中の一派が壊憲と日本の民主主義制度の堕落無力化を共謀し
  • 教育福祉などへの株式参入は
    竹林泉水 (07/12)
    なんでも自由競争になれば、サービスの質が向上すると考えるのは間違いで、鉄道などで見ると都市部はサービスが向上するが、過疎部では反対で最悪の場合は撤退になります。
  • 教育福祉などへの株式参入は
    アジシオ次郎 (07/10)
    おはようございます。

    教育や福祉に株式参入することは、教育や福祉をビジネスに利用しかねないし、アメリカ式の市場主義経済に基づく価値観を正当化しかねないです。た
  • 食べることは殺生をすること
    竹林泉水 (07/06)
    日本人は頂きます・ご馳走様と日本人なら誰でもいいますが、外国の方はどうなのでしょうか。キリスト教のクリスチャンなら食前食後の祈りがあります。
    私は中高とミッショ
  • 食べることは殺生をすること
    アジシオ次郎 (07/05)
    こんにちは。

    人間は生きる為に他の生物の命を奪わなければいけない。と言う「原罪」を背負っている以上、食べると言うことはそうなのかも知れないです。動物の命を奪い
  • しあわせ
    竹林泉水 (06/27)
    そうですね、国会はもっと開かれたほうがよいでしょうが、選挙があるので地元の支持を集めるためと、情報集めなどのためにそれぐらいしかないのでしょう。
    >「立法府の
  • しあわせ
    風と雲 (06/26)
    何故?国会は一年の半分以下しか開催されないのでしょうか。国内外に毎日大きな動きのある現代に於いては、さまざまな問題を国民の前に提示し、議論を深め理解を求め、国民
  • 森友・加計問題を見ると、今の日本は法治国家だろうか
    竹林泉水 (06/20)
    まずは自分を正当化して自画自賛をしてさらには、「印象操作のような議論に対して、つい、強い口調で反論してしまう。そうした私の姿勢が、結果として、政策論争以外の話を
  • 森友・加計問題を見ると、今の日本は法治国家だろうか
    風と雲 (06/18)
    >自分が思うことは法を飛び越えてでも粛々と進める安倍政権・・

    飛び越えてではなく、→ 潜り込み裏をかき開き直って、鉄面皮と二枚舌で、 と言うのが最近の安倍政権
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2017/07 | 08
    ------1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031-----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR