竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

象牙の取引

象牙取引の市場は、中国や日本は伝統時に、印鑑や工芸品に使われ、その需要は大きいものです。しかし、国際的に像の密漁を防ぐため、象牙の国内市場を閉鎖する事を求めたことを、ワシントン条約締約国会議で承認された。

中国は早々と象牙の国内取引の停止を明言している。しかし、日本は象牙の取引に関する管理制度があるとして、日本の市場閉鎖は対象外と判断している。

しかし、印鑑や三味線の撥や工芸品や装飾品など、その市場は大きいです。
単に管理制度があるからと、完全に象牙の流通が管理下におくことができるか、それはいささかそうではないと言えるものです。
また、どんな商取引でも抜け穴を見つけて、取引されることが多いです。
別のことだが特にわかりやすい例として、新聞など見ていて税金の抜け穴を探し申告していて、後で追徴課税されている企業や高額所得者がいます。

ましてや、はじめから密輸をしようと考え考えている人は、巧みに象牙の抜け穴を探すでしょう。

日本の象牙取引の管理制度は、登録が必要なのは完全な形の象牙だけで、加工品は対象外とされている。そうなれば、一牙の象牙を適当な大きさに切れば、市場で取引する事ができることになる。
象牙は印鑑や伝統楽器である三味線の撥に使われるが、単に伝統だの文化だのと言って、日本だけが象牙市場を開いてよいものだろうか、そうすれば世界中から象牙が、日本に流れ込んできて、世界中から避難の的となるだろう。

私は父の遺品に象牙の実印があるが、その印鑑も祖父からもらった物のようで、印鑑ケースにピッタリと合わず1ミリほど小さいです。わたしは、この印鑑を引き継いだとき自分の名に彫り直そうかと思ったが、そのままにしていた、これを今彫り直すなら、この印鑑の入手元を証明することが必要になるぐらいでよいのではと思う。
そのためには、一切の象牙の取引の禁止が必要だろうと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

象牙を巡る問題は日本は当然他人事じゃないけど、象牙取引にまだ需要があることが問題の一因ではないでしょうか。

昔から印鑑・工芸品などに用いられるなど日本人にとって馴染みの素材だった象牙、だがその裏で象牙目当てにアフリカゾウの密猟が後を絶たず、個体数が減少したことによりアフリカゾウがワシントン条約の附属書に載ったことで象牙取引が禁止されたにも関わらず、日本においてまだ需要があると見なす風潮があることは問題です。

象牙取引の管理制度があると言う理屈で象牙市場の維持を主張するのは、日本はアフリカゾウの保護に消極的だと言うレッテルを貼られかねないですし、イメージが悪くなる一方です。自分たちの贅沢と利益の為だけに希少な動物を犠牲にするのは許されない行為であることに日本人は理解すべきでしょう。変わりの素材だってたくさんあるんだから、それらで工芸品などを作るべきなんじゃないでしょうか。
もう一つ、アフリカゾウが生息しているアフリカ諸国もゾウ保護に積極的な姿勢を見せることが求められます。

Re: No title

そうですね、象牙は中国や日本は人気の高い工芸品の材料であり、印鑑などは縁起をかついで作る人もいて、需要は高いようです。

また、象牙で儲けている人の闇の力も大きいのでしょうに。

政治家の実印や公印の素材は、なにでできているのでしょうか、プラスチックやエボナイトの人はどれぐらいいるのでしょうか。
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • アベ政治はクーデター
    雲と風 (07/18)
    勉強になりましたが、「安倍政権はクーデター」でしょうか? 権力と威嚇によるテロリズムだと思います。内閣府の中の一派が壊憲と日本の民主主義制度の堕落無力化を共謀し
  • 教育福祉などへの株式参入は
    竹林泉水 (07/12)
    なんでも自由競争になれば、サービスの質が向上すると考えるのは間違いで、鉄道などで見ると都市部はサービスが向上するが、過疎部では反対で最悪の場合は撤退になります。
  • 教育福祉などへの株式参入は
    アジシオ次郎 (07/10)
    おはようございます。

    教育や福祉に株式参入することは、教育や福祉をビジネスに利用しかねないし、アメリカ式の市場主義経済に基づく価値観を正当化しかねないです。た
  • 食べることは殺生をすること
    竹林泉水 (07/06)
    日本人は頂きます・ご馳走様と日本人なら誰でもいいますが、外国の方はどうなのでしょうか。キリスト教のクリスチャンなら食前食後の祈りがあります。
    私は中高とミッショ
  • 食べることは殺生をすること
    アジシオ次郎 (07/05)
    こんにちは。

    人間は生きる為に他の生物の命を奪わなければいけない。と言う「原罪」を背負っている以上、食べると言うことはそうなのかも知れないです。動物の命を奪い
  • しあわせ
    竹林泉水 (06/27)
    そうですね、国会はもっと開かれたほうがよいでしょうが、選挙があるので地元の支持を集めるためと、情報集めなどのためにそれぐらいしかないのでしょう。
    >「立法府の
  • しあわせ
    風と雲 (06/26)
    何故?国会は一年の半分以下しか開催されないのでしょうか。国内外に毎日大きな動きのある現代に於いては、さまざまな問題を国民の前に提示し、議論を深め理解を求め、国民
  • 森友・加計問題を見ると、今の日本は法治国家だろうか
    竹林泉水 (06/20)
    まずは自分を正当化して自画自賛をしてさらには、「印象操作のような議論に対して、つい、強い口調で反論してしまう。そうした私の姿勢が、結果として、政策論争以外の話を
  • 森友・加計問題を見ると、今の日本は法治国家だろうか
    風と雲 (06/18)
    >自分が思うことは法を飛び越えてでも粛々と進める安倍政権・・

    飛び越えてではなく、→ 潜り込み裏をかき開き直って、鉄面皮と二枚舌で、 と言うのが最近の安倍政権
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2017/07 | 08
    ------1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031-----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR