竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

配偶者控除の見直し

配偶者控除の見直しが検討されている。自民党の宮沢洋一税制調査会長は、「意欲ある女性に働いて戴く政策を考えなければならない」と述べている。しかし、本当に意欲があれば働きたい女性は働くしすでに働いているでしょう。
配偶者控除があるから働いていない人がいる、働く増やす二は配偶者控除をなくすと働く人が増えるという論理は強引な論理としか言えない。
働きたくて働けない事情があるので、その障壁をとりのぞくことをすべきではないか。労働環境が子育て世代にとって、保育施設や放課後の学童の受け入れなど、十分でないことは前からしてきされている。
戦後、働く者にとって働きやすい環境が作られてきました。それは、労働組合の運動や社会党などの働きかけがあり、自民党も働く側の環境を重視して、それらを取り入れてきたから実現してきたものです。

しかし、このところ自民党の政策方針は、経済成長優先企業重視となり、労働者や庶民の生活を軽視していると言える。この配偶者控除見直しによる、税収が増える分は国民の福利厚生に向けられるでしょうか、今までのアベ政治のやり方を見ると、世界一企業活動がしやすい国にするため、そちらの方に向けられるのではないでしょうか。
それは、多様な働き方とか一億総活躍などと、一見良さそうに聞こえる方針を言っています。しかし、何をさして多様な働き方なのか、どのようなことを総活躍というかにたいしては、丁寧な説明がないです。
労働者と企業との雇用契約で、労働者が安心して働けるように、細かく労働者を保護するとりきめをしないですみ。企業が市場の動向により柔軟に解雇雇用ができるようにする方向に進んでいきそうです。
このことは、実は企業にとっても長期的広い視点でみると、不利益になるものです。雇用側は雇用している従業員労働者の生活を守る義務があるはずです。そのため、利益追求のため安易な会社経営をは慎み、市場のニーズの同行をよく見極めて慎重にする責任があるはずです。しかし、アベ政治の目指している、経済政策は利益追求の方が優先されているとしか感じられないことが多いです。


複数の評論家や政治学者などが、小泉政権以前ぐらいの自民党が、野党が主張する国民の福祉改善、労働環境の改善等を取り入れてきたのは、それが本旨ではなくそれらを取り入れないと、選挙で票を失い議会の座席を失うからだと言っている。
しかし一強になった最近の自民党の言動ややり方をみていると、まさにそうだったのだと納得してしまいます。
いまかつてない自民党の一人勝ちで一強多弱で強引に物事を進めても、国民は自民党に投票し、マスコミも自民党の国会運営を批判しない。まさに好き勝手のしほうだいになっている。

この配偶者控除をなくすことも、残業代0や働き方の多様性という派遣労働の拡大なども、企業のとっては人件費の抑制につながりよいが、働く者にとっては酷使され搾取される方向に向かうだけです。
今後、共謀罪法などを含めて、自民党それもとくにタカ派や右派が今まで本当にしたかったことを実現しようとしてくるだろう。それが安倍晋三のいう戦後レジームからの脱却で、脱却した後は自民党の憲法草案にあるような、昭和初期の時代のような社会になり、国の経済発展を夢見る世界にり、国の方針にしたがい国民はそれに向け総括役する社会にむかのだろう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • これからの世界情勢
    竹林泉水 (05/16)
    ポピュリズムは民衆迎合主義ともいわれ、民衆に人気のある政策を主張するが、多数派(マジョリティー)の意見を重視し、少数派(マイノリティー)を無視したり、時には敵対
  • これからの世界情勢
    アジシオ次郎 (05/15)
    こんにちは。

    移ろい易い国際情勢、韓国とフランスで大統領が代わり、欧米ではポピュリズムに訴えて支持を伸ばす政党が台頭するなど、予断を許さない状況ではあります
  • 安倍総裁のビデオメッセージ
    竹林泉水 (05/11)
    > 2006年に安倍晋三は「新しい国へ 美しい国へ」という本を書いています。
    これについて、追加です上記のタイトルの本は、2013年に増補として出されたもので、2006年の
  • 安倍総裁のビデオメッセージ
    竹林泉水 (05/11)
    2006年に安倍晋三は「新しい国へ 美しい国へ」という本を書いています。
    それを読んだらわかるのではないかと思います。
    70年前の日本を取り戻したいと思っているようで
  • 安倍総裁のビデオメッセージ
    風と雲 (05/07)
    安倍政権になってから、日本の国をどういう風にしたいのか、何が今の日本で足らないのか、不整備だとしているのかさっぱり分らない。70年間大きな過誤なしに比較的平和に
  • 今村氏の発言より二階氏のマスコミへの苦言
    竹林泉水 (04/29)
    > 自民党・二階幹事長のこの発言は「報道規制」につながりかねないが、自分たちに都合の悪い情報や報道を・・・・
    マスコミがこのことに対して抗議しないのは、すでに
  • 今村氏の発言より二階氏のマスコミへの苦言
    アジシオ次郎 (04/28)
    こんにちは。

    自民党・二階幹事長のこの発言は「報道規制」につながりかねないが、自分たちに都合の悪い情報や報道を抑圧しようとするのは客観性がない以前のもので、
  • 山本大臣の発言
    竹林泉水 (04/22)
    自民党の議席を多数とったことによる驕りと、下野に下った時のトラウマがあり、自分のすることが正しい思いこんでいるのでしょう。

    アメリカ追随が自民党の一部の反動的
  • 山本大臣の発言
    アジシオ次郎 (04/21)
    こんにちは。

    どうも閣僚や若手議員の不祥事が相次いでいる自民党、正直言って自分たちは政権与党だとか一強状態なことから慢心して周りが見えなくなっているんじゃな
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    04 | 2017/05 | 06
    -123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR