竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

憲法を改正のしかた

7月に参議院選挙があるが、選挙戦の争点の一つに憲法改正がある。

憲法の改正につてい、護憲派と改憲はがあり。改憲派は現行の憲法は、GHQから押しつけられたものだから、日本独自の憲法に改めなければならないという。これに対し護憲派は現行憲法や70年あまり改正されず、今の日本人の中に馴染み定着しているという。しかし、どちらも説得力がないです、それは具体的にどの部分を何のためにどのように変えるのかが示されてい。
護憲派もどの部分がなぜ良いのかについて深く議論されていないように思う。

憲法を改正するその内容には、このブログで今まで自民党憲法草案について、批判的に書いてきたので、いまここではそれを置いておき、憲法を改正や作り直すに事に対し、どのような方法があるかについて考えてみる。

まずは自民党が憲法改正草案を出しているでそれについて。
これは、前面改正といえる。自民党はあたらしく日本人が独自に考えた憲法を作るといっていたが、ここでは現行の「日本国憲法」の条立てと構成は同じなので、自民党の憲法改正案といえるだろ。
しかし、日本国憲法全文を一度に出してきている。しかし憲法のような国の根幹を作るようなものを、短期間に一度に変えて良いものだろうか。
明治憲法と呼ばれる「大日本帝国憲法」が「日本国憲法」に一度に一気に変えられたではないかという人がいる。しかし、あのときは、ポツダム宣言の受諾により、日本は敗戦しその条件として、戦前の封建的帝国主義的な国の体制から、民主的な国家体制に転換するのが条件で、現行憲法が生まれている。また、章立て条立てが明治憲法と同じなので、現行憲法も明治憲法の改正という形で成立している。

前置きの話が長くなってしまったので、この話はここらでいておく。

憲法を変える方法は、次のような方法があると思う。
一、一度に全文を変える改正
一、部分的に修正を加えての改正。
一、あたらしく条項を追加する加憲
一、不都合な条項を加筆修正追加していく

そして、一番大切なのは国会にどのように発議し審議し改えていくかです。
わたしは、時間がかかっても、一条一条逐条を審議していくことが大切です。決して15年の戦争法案のように10本以上に法案を一束一絡げにして審議するのは、絶対にあってはならないことです。

最後の方法はアメリカなどで行われている方法で、今までの条文は残り、どのように修正されたかが明らかになる方法です。
憲法とはその国の根幹を示すもので、それがどのように発展修正されたかが分かるものです。つまり今までの伝統ある憲法を守り発展させるということです。
今の時代に合わなくなったからと、削除改正してしまうことは、今までの歴史が正しいのであれ間違っていたのであれそれを削除してしまうことになるという考えです。

私は今まで一番最後のこの方式をあまりしらなかったが、一番よいように思います。とうぜん民主主義や自由と個人の人権尊重に逆行するようなものであってはならないのは当然です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 息子を裏口入学させた受託収賄罪
    アジシオ次郎 (07/10)
    こんにちは。

    文部科学省の局長が私立大学への支援事業に便宜を図る見返りとして自分の子供を大学に入れるよう裏口入学を持ちかけたとして住宅収賄で逮捕されたって言う
  • パレスチナの混乱
    竹林泉水 (05/26)
    いつまでも、パレスチナ問題がくすぶり続けますね。
    おっしゃるように、ドイツからの大量虐殺やヨーロッパからの他の民族から差別され虐げられ、その苦渋の思いはよくわか
  • パレスチナの混乱
    アジシオ次郎 (05/22)
    おはようございます。

    イスラエル建国からずっと続くパレスチナ問題、アメリカが大使館をエルサレムに移転したことで混乱の火に油を注ぐ事態となったけど、アメリカは事
  • またまた憲法について思うこと
    竹林泉水 (05/18)
    安倍晋三氏は母方の祖父、岸信介が首相の以前から、憲法はGHQの素案に基づいて作ったもので、日本人が自らの手で作ったものを制定すべきという持論をもっていた。そこで
  • またまた憲法について思うこと
    風と雲 (05/17)
    全面的にお説に賛成です。憲法は逐条の内容で論ずるべきで、改憲か護憲かではなく、現状の権力構造が国民の幸福と人権を妨げることへの言及が不足する部分は強化するべきか
  • 麻生大臣の発言
    竹林泉水 (05/12)
    麻生大臣にかかわらず日本の人権感覚や女性が活躍する社会といいながら、このようなことを容認するような政権の体質にはうんざりとします。
    いかにあるべきなのでしょうか
  • 麻生大臣の発言
    アジシオ次郎 (05/11)
    おはようございます。

    セクハラ罪という罪はないなんてまた問題発言をしでかした麻生太郎副総理兼財務相、この人は度々問題発言をしては世間を騒がせてますが、今回のケ
  • 安倍政権の男尊女卑のような感覚
    アジシオ次郎 (05/01)
    こんにちは。

    政府や官僚がセクハラっていうかハラスメント全般を許されない・みっともない・立派な人権侵害である。と言う意識が全く無いというのは、ただでさえ人権意
  • セクハラは人権問題
    竹林泉水 (04/24)
    下村元文科相もひどいことを言っていますね。下村氏はもう少しましな人だと思っていたが、あきれてしまった。
    麻生副総理の「ナチに学んだら」や、石破氏の国会前の「テロ
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2018/07 | 08
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR