竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

法句経 道の部から 八支聖道

法句経 道の部から

法句経 岩波文庫 荻原雲来訳註

第二十 道の部
二七三 諸道の中にて八支を勝とし、諸諦の中に於て四句を(勝とし)、諸徳の中に於て離欲を勝とし、二足の中に於て具眼を(勝とす)。
八支> 正見、正思惟、正語、正業、正命、正精進、正念、正定 八支聖道。
四句> 苦、集、滅、道 四聖諦。

八つの正しい道、道理にかなった正しい修行はこれ以上のことのない道である。苦集滅道の四句は多くの   心理   の中に於いて最も優れている道である。

人生欲を貪ることから離れることは諸々の徳の中で最も勝っている。二本足で歩くものにとって一番大切な尊貴なものは、物事の本当のすがたを見抜く目を持つものである。
八支はのこと
正見 正しい見解 智恵
正思惟 正しい思惟(思い) 善悪の弁別と論理への自覚
正語 正しいことば 正語 嘘や粗暴を吐かない
正業 正しい行い(行為) 生類を憐れみ殺生しない
正命 正しい生活 正命生活規律 戒律
正精進 正しい努力 修行を怠らない
正念 正しい気づかい 教えを頭に刻み込む
正定 正しい瞑想 
四句は四聖諦のこと
衆生無辺誓願度
はてしなく繰り返すことで誓願するのある
煩悩無尽誓願断
尽きることがない煩悩を断つことである
法門無量誓願学
修行して学ぶことは果てしないほどある
仏道無上誓願成
仏の悟りに達することはこの上ないことである


科学技術も経済的な仕組みもまさに極まり掛けているように見える。しかし、人々はさらなるものを追い求めてしようがなく走り続けている。
八支聖道と四聖諦を求めることにより、いまの科学技術と経済追求によりおきている、今の様々な問題を見直し考え直し、今までとは別の道を歩むことが大切ではないだろうか。この日本など豊かな生活が暮らせられるのも、世界各国からあらゆるものを採掘したり、採取したり収穫のため漁されて、豊かな生活が支えれている。
日本でも明治大正と足尾鉱毒の事件や敗戦後も熊本や新潟で起きた水銀汚染の水俣病、三井金属のカドミウム汚染、カネミ油症のPCB汚染などや、工場のばい煙による、四日市喘息や川崎や尼崎などの大気汚染などいくつでもある。今でもアスベストの問題は深刻です。しかし、これらを経験し日本では法的な改善策や規制が整ってきて、それらは大きく改善されてきています。
しかし、私たちが裕福で安全で快適な暮らしができるのは、まだ公害に対する理解や知識
また、法的な整備がされず技術的にも安全策が取られていないところから、製品や原料が輸入されておりその地域の人は公害に苦しめられ入るのが現状です。スマートホンやパソコンや家電に使われている基板には、コンゴなどから輸入される希少金属がつかわれている。そしてコンゴでは公害問題だけではなく、その希少金属を巡って内紛や戦争が起きているが、そのことは日本の新聞などでまずは記事にならないで、私たちはそれをしらないでいる。

このようなことを知らないで私たちは豊かで楽な生活を送り続けてよいものでしょうか。
正思惟をするには、正見が必要であり、正命、正精進がたいせつであり、正念することにより今の生活を振り返ることができるのではないでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 終戦の日の前後のテレビ番組
    アジシオ次郎 (08/22)
    こんにちは。

    毎年この時期は戦争にちなんだドキュメンタリー番組をやるけど、NHKが積極的にやるのに民放はニュースでミニコーナー程度しかやらないと言うのはどうか
  • 安倍内閣改造
    竹林泉水 (08/08)
    > 一強なのに天狗になって周りを見ない姿勢のせいで支持率が低下したのに、それを教訓にしないようでは自浄能力がないというか学習能力がないと言われるだけです。ア
  • 安倍内閣改造
    アジシオ次郎 (08/05)
    こんにちは。

    お友達内閣と揶揄された反省から、今回は異なる派閥からすすんで入れた改造内閣、バランスいいとはいうものの、女性閣僚が2人だけというのは男性優位色が
  • 見ざる聞かざる言わざる
    竹林泉水 (07/30)
    いつもコメントありがとうございます。
    三猿の教えは、子どもより大人の方が三猿について考えないといけないでしょうね。

    一つのことしか知らない大人になるのは、人それ
  • 見ざる聞かざる言わざる
    アジシオ次郎 (07/26)
    こんにちは。

    周りをよく見る・すすんで自分の意見を言う・人の話を聞く。当たり前の常識だが、子供に説くのも大事だが大人も改めてそれを認識してそれに基づく正しい行
  • アベ政治はクーデター
    竹林泉水 (07/19)
    政権を握っているのでクーデタだと言えるのでは

    しかし、安倍晋三の頭の中の辞書には、民主主義の言葉はあるが、政治家としての誠実さをなかなか感じることができないので
  • アベ政治はクーデター
    雲と風 (07/18)
    勉強になりましたが、「安倍政権はクーデター」でしょうか? 権力と威嚇によるテロリズムだと思います。内閣府の中の一派が壊憲と日本の民主主義制度の堕落無力化を共謀し
  • 教育福祉などへの株式参入は
    竹林泉水 (07/12)
    なんでも自由競争になれば、サービスの質が向上すると考えるのは間違いで、鉄道などで見ると都市部はサービスが向上するが、過疎部では反対で最悪の場合は撤退になります。
  • 教育福祉などへの株式参入は
    アジシオ次郎 (07/10)
    おはようございます。

    教育や福祉に株式参入することは、教育や福祉をビジネスに利用しかねないし、アメリカ式の市場主義経済に基づく価値観を正当化しかねないです。た
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    07 | 2017/08 | 09
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR