竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

内閣支持率55% 地位協定改定71.0%

共同通信の世論調査によると、内閣支持率55%に上昇、オバマ氏の広島大統領の評価は98%。支持すると答えた人のなかに、他に適当な人がいないからが急増している。
支持するなかでも、首相を信頼する、指導力がある、自公の連立内閣、経済政策に期待できるなどが、軒並み下がっている。
支持しない人の理由は、首相を信頼できない、指導力がない、政治改革に期待できないが上がっている。外交に期待できないが下がっている。

オバマ氏が広島訪問をしたのは、安倍晋三の努力の結果でなく、オバマ大統領の就任当初からの核に対する姿勢のあらわれで、任期もあとわずかであるから最後の訪日の機会として訪問したにすぎない。それはオバマ氏の演説にも見える。外交をみるなら日米首脳会談の後の安倍首相の記者会見を聞けば、その外交は国民に寄り添ったものでなく、アメリカに寄り添ったものでしかない。

しかし、元米海兵隊の軍属の女性殺害じけんにより日米地位協定の改定すべきが、71.0%で、改訂すべきでないが17.9%、分らない無回答が11.1%です。

上記に上げたアンケートなどでは分らない無回答が1%以下ほどだが、地位協定についての無回答は10%以上あります。つまり日米地位協定の内実が判らないから無回答との結果がでた可能性がある。必要がないと答えた人の中にも、その日米地位協定の中身を知っている人がどれだけいるだろうか。その内容を知れば半分以上の人は改訂すべきと答えるだろう。
政府はこの共同通信アンケートや調度この時期に、NHKや大手新聞社なども同様の調査を行っているでしょう。その結果も大なり小なり同じ結果がでていると思う。この地位協定の数字を重く見て、日米間の対等な関係になるよに、いや主権国として基地を置かせている国として権利が守られていることをを盛り込んだものに改定するべきだろう。

7月には参議院選挙があるが、他に適当な人がいない、適当な政党がないから、とりあえず今の今の政党に投票しようでよいだろうか。それなら、国民に寄り添うなどといいながら、今までの民意に聞く耳を持たない国会運営をつづけさせることになる。だからといて他の人をリーダーにすると、より悪い独善的な人が出てくる恐れもある。日本の国のリーダの選び方は直接投票で選ぶのではなく、原則国会の与党となった第一党か首相が選ばれる。
だから、国会議員のその主張とその人がどれだけ信頼できるのか、その人の所属している党はどのような方針なのかを見極めて投票しなくてならない。

今回の選挙は、二つの大きな課題がある、一つは経済問題や外交問題や日本と米軍のの関係。もう一つは民主主義の根幹である国会運営のなされ方と言える。どちらも非常い重要なことで、経済問題は直接目に見えて形に現れてく。しかし、後者の民主主義の根幹の問題は、すぐには現れず気が付いた取り返しのつかない状態に民主主義が偏狂してしま形に変容するおそれがる。
いまその足音が静かに近よているように思うのはわたしだけであろうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • しあわせ
    風と雲 (06/26)
    何故?国会は一年の半分以下しか開催されないのでしょうか。国内外に毎日大きな動きのある現代に於いては、さまざまな問題を国民の前に提示し、議論を深め理解を求め、国民
  • 森友・加計問題を見ると、今の日本は法治国家だろうか
    竹林泉水 (06/20)
    まずは自分を正当化して自画自賛をしてさらには、「印象操作のような議論に対して、つい、強い口調で反論してしまう。そうした私の姿勢が、結果として、政策論争以外の話を
  • 森友・加計問題を見ると、今の日本は法治国家だろうか
    風と雲 (06/18)
    >自分が思うことは法を飛び越えてでも粛々と進める安倍政権・・

    飛び越えてではなく、→ 潜り込み裏をかき開き直って、鉄面皮と二枚舌で、 と言うのが最近の安倍政権
  • 国連人権理事会の日本の表現の自由の特別報告書
    竹林泉水 (06/15)
    マスコミは権力を監視するというより、権力者が何をしようとしているのかを主権者である国民に知らせるのが使命であり、権力を監視するのは国民ではないでしょうか。

  • 国連人権理事会の日本の表現の自由の特別報告書
    アジシオ次郎 (06/13)
    こんにちは。

    本来権力を中立的な立場で見て、時に監視する役割であるマスコミ、そのマスコミに対して自分たちに不当な報道を禁止するのは報道規制であり独裁国家のや
  • 女系皇族に反対するわけ
    竹林泉水 (06/09)
    自民党が女性天皇や女系皇族をみとめたくないのは、安倍政権の閣僚の多くが所属している、日本会議の影響もあうのでしょう。日本は天皇を頂点とする家族的な国家という藩閥
  • 女系皇族に反対するわけ
    アジシオ次郎 (06/06)
    こんにちは。

    天皇陛下の退位問題について、これからの皇室のあり方が問われる問題にもなっているけど、今の皇室において男性は悠仁さまのみであとは佳子さまなど女性
  • 安倍政権の功罪は何だろうか
    竹林泉水 (06/03)
    [GHQの幻想から]は何かよくわからないのですが、欧米との対等の関係だけでなく、強いあいてとも弱い相手とも相手を認め対等の関係を築くのが大切ですね。しかい、どうも
  • 天皇退位の審議が2時間半
    竹林泉水 (06/03)
    天皇退位の法律が成立しそうですが、一部の議員が反対、自由党は欠席で議論が深まらないのが残念です。自民に押し切られたているようです。
    敗戦後に日本人が自ら民主的な
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    05 | 2017/06 | 07
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR