竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

夜船閑話の内観法と自律訓練

夜船閑話の序
に白幽から教わったことが書かれている。

「若し此の秘要を修せんと欲せば、  らく工夫を放下し話頭を拈放して、先須らく熟睡一覚すべし。其末だ睡りにつかず、眼を合わせざる以前い向かって、長く両脚を展べ、強く踏みそろへ、一身の元気をして臍輪気海、丹田腰脚、足心の間に允たしめ、時々此観をなすべし」とある。
つまり、内観の法を実践せよと説いている。この内観の法は「自律練法」とよく似ている。
自律訓練法の標準練習として、七つの言語公式がある。
1、背景公式 安静練習
2、第一公式 両手足が重たい
3、第二公式 両手足が温かい
4、第三公式 心臓が自然に静かに規則正しい
5、第四公式 自然に息をしている
6、第五公式 お腹が温かい
7、第六公式 額が気持ち良く涼しい

白隠禅師の言う、内観の法は、夜船閑話に、今まで激しく修行してきたことを捨てて、先ずは深く熟睡して眠ることだとしている。そして、その前に仰向けに横になり、両脚を伸ばし、踏み揃え、一身に気を臍の周りから臍下丹田へと下ろし腰、脚から土踏まずへと落としていく。そして、気を落ち着け満たしていく。と書かれている。

自律訓練法は名の通り自律神経を訓練するものだが、自律神経は随意にコントロールできるものではないです。しかしその能力を高めることはできるとされています。
呼吸筋は自律神経の支配されているものだが、息を止めたり深く息をしたり、激しく息をしたりと随意に呼吸することができる。
また、寿司職人の板前さんは、まな板の前にたちシャリを握ると手の温度が数度下がるそうです。それにより魚の刺身が変化しないように、シャリが手に付かないようにするためだそうだが、これも板前さんが意識して呼吸の時のように意識して下げているのではないです。
このように、その無意識かでも自律神経は左右されることがわかる。

では、自律訓練法では、どうするか先ず仰臥位姿勢では、枕は深く首に掛かるようにするが、方までかけない。歯はかみしめないで顎をゆるめるが、口は開けず唇はやや開く程度。眼を閉じる。両足は肩幅ほどに開き、脚の筋肉は弛め足先は扇のように開く。肘や手首の下に手折ろう等を置き楽になるようにする。此の姿勢ができたら、呼吸を静かにして整えながら深くしていく。それと同時に両手脚が重くなっていくと思う、これは、四肢一度になろうとすると難しいので、右手右腕から左手左腕、右脚右腿左脚左腿と思い、四肢の緊張を抜き取っていく。次に、血の循環がよくするために片手両手片足両足と温かくなっていくと思う。さらに、心臓の鼓動が落ち着いていくことを想像し思う。そらに、同じように呼吸がさらに深くなってくことを思う。

まさに、「夜船閑話」に書かれていることそのもので、同じようにこのことは「天台小止観」にも書かれている、調心、調身、調息の心体息の調整のこといえる。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 明夷待訪録 黄宗羲 臣下論
    竹林泉水 (04/20)
    たんめんさんコメントありがとうございます。
    わたしは、西田先生は存じ上げていないですが、この『明夷待訪録』はなかなかのものです。
    明朝清朝の時代から、このような考
  • 明夷待訪録 黄宗羲 臣下論
    たんめん老人 (04/19)
    『明夷待訪録』の翻訳者である西田先生には大学で東洋社会思想史と、リレー形式の世界史の中国近代の部分を教えていただきました。東洋社会思想史では康有為をはじめとする
  • 学校の先生の多忙と部活の外部指導員
    竹林泉水 (04/17)
    学校の教員の仕事は、校務は生徒指導と教科指導のほかにも、校務をするうえで校務分掌の仕事がある。その分掌のしごとはその学校内だけでするものではなく、対外的のものが
  • 学校の先生の多忙と部活の外部指導員
    アジシオ次郎 (04/16)
    こんにちは。

    ただでさえ中学校や高校は公務と部活動の両立が教員の負担を大きくしているけど、外部から指導者を呼んで部活動はその指導者に任せて教員は公務に専念。こ
  • 国連の幸福度ランキング またランクが下がった
    アジシオ次郎 (03/17)
    おはようございます。

    幸福度が54位と前回より3つ下がった日本、主要国に限れば低い部類に位置づけられそうだが、この事実を日本政府や社会全体でどう見てるのか、こ
  • 公文書の書き換えは重大な問題
    竹林泉水 (03/15)
    そうですね、公文書を書き換えることは官僚によらず誰もがしてはならないことです。高級官僚などはそのことは充分知っています。書き換えられがことは事実で、1個人が勝手
  • 公文書の書き換えは重大な問題
    アジシオ次郎 (03/14)
    こんにちは。

    森友問題は財務書による決裁文書の書き換え疑惑も浮上したけど、官僚が公文書を書き換えるというのはあってはならない行為だし、社会一般だったら公文書偽
  • 最近思ったこと
    泉水 (03/09)
    風と雲さんコメントありがとうございます。


    これから日本はどこに行こうとしているのでしょうか。

    日本に限ったようではないですが、世の中はどんどん保守化していてい
  • 最近思ったこと
    風と雲 (03/08)
    筆者と同じ思いです。第二次安倍内閣以降、民意、野党、法理、倫理を無視し、強引に独善を進める姿勢は、国全体の空気を不健全、不誠実に塗り替えているように思います。国
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    03 | 2018/04 | 05
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930-----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR