竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

むかしのはだかの王様の国と今の国

いまはむかし、ある国の王さまはぴっかぴかの新しい服が大好きで、服を買うことばかりにお金を使っていました。


一方いまのある国の首相は、国民主権の国だが、よく我が国の・・・・と言い強い国、美しい国になるのだと言っていました。そして、軍隊を持ち兵器を沢山買ったり、最新兵器を開発したすることを、普通の国だと思っていました。
そしてそのことを周りから素晴らしい立派だと言われ、ますます得意になっていました。
また、普通の国は、首相はいまどこにいるかと尋ねると、「首相は執務室か会議室にいらっしゃいます。」と返ってくるのですが、その国の首相は「新聞社や放送局の人と会食しています」と答えが返ってくる・。


むかしのぴかぴかのあたらしい服が大好きな王様の国にある日、二人の詐欺師が町にやって来て、自分たちは布織職人で。世界一の布が作れると言い増した。詐欺師は「とても綺麗な布だが、この布は自分にふさわしくない仕事をしている人、バカな人には透明にしか見えず見えない布です。」言っています。その話が王様の耳に入ると、王様はその布で作った服が欲しくなりました。そして次のように思いました「もしわしがその布でできた服を着れば、家来の中から役立たずの者や、バカな人を見つけられるだろう。それで服が見える賢いい者ばかり集められる。そするとこの国はもっと繁栄し強くなるだろう」と考えさっそくこの布で服を作らせました。


いまの美しい国・強い国と言う首相のもとに、素晴らしい武器がある、この武器は持っているだけで平和を作れる武器だ。それには、それには、この武器を使えるように法律を変えないといけないと言われ。武器を使えるように法律を返ることにした。そして、自分の考えに近い人を集めるために、踏み絵になるような法律を官僚に作らせてみた。


むかしのぴかぴかの服が好きな王様は、出来上がりが待ち遠しく、仕上がり具合を見にいきたく思っていた。しかし、万が一その服が見えなかったら、自分はバカだと言うことにる。そこで、もっとも正直で賢い臣下に見に行かせた。臣下は機織りの作業場に行くと、二人の詐欺師が忙しそうに、空の機織り機の前を動き回っていた。すると、一人の詐欺師が臣下に言った。「どうですこの布はすごく綺麗でしょ、この布は世界に一つしかない絶品に仕上がっています。」さらに「もっとよい布にするためには、もっと金糸と絹糸がいりますよういしてください」と言った。
臣下はなにも見えないが、もし見えないと言えば自分はバカだと言うことになり、大臣の職を解かれてしまう。そこで適当に相槌を打ち、王様にも素晴らしく立派な布が織られていると報告した。そして、金糸と絹糸がもっと必要だと言うことを報告した。
王様はますます出来上がりを楽しみにし、金糸と絹をよういさせた。


いまの美しい国・強い国と言う首相は、外国と一緒に集団的自衛権を使えるようにするため、これから作る法律が憲法に違反するか違反しないかの踏み絵の法律を、野党の質問に対して周囲の人に答えさせてみた。そうしているうちに、首相は憲法に違反しないと思いこんでいるので、周囲の人もこの武器を使える法律は憲法に違反していないと思うようにした。首相も周りの人が自分の考えと同じことを言っているので、まうます、早く法律ができることを待ち遠しくなってきた。集団的自衛権行使の同盟国は、ますます同盟関係を強化するために、基地や実際の作戦に参加し、もっと負担をするとともに、武器も沢山買えといってきた。


むかしのピカピカの服が好きな王様の国では、ついに服ができあがりました。詐欺職人が服を持ってきて、王様に見せると、周囲の臣下たちは口々に「これは美しい、美しい。」といいました。
そして、一人の臣下が「王様、この布で作ったりっぱな服を、ちかぢか行われるパレードでお披露目されてはいかがです。言いました。そうするとほかの者も「これは王様にふさわしい美ものだ!」と口々に褒めそやすので、王様も臣下も役人たちも嬉しくなりました。そして王様は、二人の詐欺師を『王国特別機織り士』の称号を授けました。


いまの美しい国・強い国と言う首相は、集団的自衛権行使の為の戦争ができる法律ができたので。嬉しくてたまりません。また周囲の人たちも嬉しくてたまらず。ついつい本音を口走ってしまうほどです。そんな雰囲気ですから、戦争ができる法律が憲法に違反しているのではないかと疑っている人もなかなか自分の思って入る本当のことが言えないいます。周囲が首相に対して黙っているので、首相の周りの人たちは益々有頂天になってしまいした。
そして、折角できた法律なので、一度使ってみないかと思うようになりました。・・・・・・


むかしのピカピカの服が好きな王様の国では、パレードがはじまりました。王様は煌びやかな天蓋のしたで、特区別な書うっじきものしか見えない服を着て堂々と行進しました
国民の人々は外に出て王様を見てみなくち口々にいいました「今度の、王様の服は本当に稀有なんだろう、本当によくお似合いなんだろう」、誰もが王様の服が見えないと言うことを気付かれないようにしていました。また、王様がこれは素晴らしい服だと言うことに対して、反対のことは言えない雰囲気にに国がなっていました。
そうしていると、一人の子どもが突然、王様に向かって「おうさま、はだかだよ」と言いました。横にいた父親が「むじゃきな子どもの言うことなんだ。」と叫びました。
しかし、人づたいに「おうさま、はだかだよ」の言葉がどんどんと広がっていきました。そして、国民のみんなが言うようになりました。王様は大変困ってしまいました。なぜなら、このとても綺麗な布で作った服は、自分には見えないが、かしこ人には見えるので、みんなが特別素晴らしい衣装だと言うことを正しいと信じていたからです。しかし、いまさらパレードをやめるわけにはいかないので、仰々しく振る舞う素振りをしながらあるき、臣下もアリもしない衣装の裾を持った格好をして歩いていきました。
さて、二人の詐欺はパレードが始まる前にとっくに、金糸と絹糸と褒美のお金を持って、ほかの国に逃げ去っていました。


いまの美しい国・強い国と言う首相の国は、これからどうなるでしょうか。強い国といいながら、外国軍に基地を提供し、基地内は治外法権で、そこで従事している軍人とその家族は、フレーパスで日本に入国でき特権を持っている。基地を提供する費用の多くは思いやり予算と称して、国民の血税からジャブジャブと貢いでいる。外国の軍隊が基地の内外で訓練と称して、好きなような軍事行動がとることを許している。そのような国は独立国と言えるでしょうか。TPPでも国民目線より、グローバル企業が活動しやすいように、世界一企業活動をし易い国作りをして、一億総活躍社会といってブラック企業と共に国民を扱き使い搾取する。まるで中世の王国のようになってしまわないか。
そのようなことになれば、女王陛下の国をはじめヨーロッパの王国から笑われてしまう。何より嘆くのは首相が戴く天皇陛下であり、天皇陛下はことあるごとに、平和への「お言葉」と「歌」を詠んで平和をこよなく望まれている、天皇陛下ではないだろうか。
しかし、むかしの王様の国はこどもの一言で、国民んおみんなが本当の姿が見えてきました。しかし、まの国の国民は見えてくるでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 首相は国民の生活をどこま思っているのか
    竹林泉水 (01/26)
    憲法には、国民が最低限の文化的な生活をすることをできるように保障する義務が国にもとめられている。しかし、最近の新自由主義のなかで、勝ち組と負け組ができるのはそれ
  • 首相は国民の生活をどこま思っているのか
    アジシオ次郎 (01/24)
    こんにちは。

    働き方改革と口で簡単には言うけれど、一方で格差社会に歯止めがかからない現状について目を向けてるのだろうかと思うし、いつまで経済成長しか考えないの
  • 首相は国民の生活をどこま思っているのか
    さくら (01/24)
    突然の訪問、失礼いたします。
    私はこちら⇒b--n.net
    でブログをやっているさくらといいます。
    色々なブログをみて勉強させていただいています。
    もしよろしかったら相互リ
  • 教員の長時間労働
    竹林泉水 (01/18)
    学校教育は私が教鞭をとっていた6-7年前に比べて今はどうなっているのだろうか。
    私が中学校で教鞭をとっていたころは、部活などの指導もあったが、特別支援学校で肢体不自
  • 教員の長時間労働
    アジシオ次郎 (01/16)
    こんにちは。

    教員の長時間労働問題については、中学校や高校で最もそれが躊躇に現れているとしか言えませんが、授業だけでも負担なのにやれ部活動だ自分のキャリアアッ
  • 男女均等
    竹林泉水 (01/10)
    年始早々 ご来訪ありがとうございます 今年もよろしくお願いします。
    日本国憲法の男女平等の権利は七〇年前にものですが、今でも先進的なものです。しかし現実は理想の
  • 男女均等
    アジシオ次郎 (01/06)
    こんにちは。

    日本は情けないというか嘆かわしいことに、男女平等率が低い部類に甘んじてる現状にあるが、政治や経済の面で女性議員が少ない、女性の管理職や代表取締役
  • 米否定決議に賛成は評価できる
    竹林泉水 (01/05)
    エルサレムに大使館を置くということに非難決議をしたのは、中東からの石油をとめられるより、ヨーロッパなどで起きているテロが日本でも起きる恐れが高まるでしょう。
    202
  • 米否定決議に賛成は評価できる
    アジシオ次郎 (12/31)
    こんにちは。

    アメリカがエルサレムに首都を移転することを非難する決議案について、日本が賛成に回ったことは有意義なことだし、アメリカ追随という印象を変えることに
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    01 | 2018/02 | 03
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR