竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

人工知能自動運転車

米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が、グーグルの自動運転車で「人工知能は運転手と見なすのが妥当人」との見解を出した。と共同通信が配信している。

これにより、一般道路でも人が運転しない車でも公道を走行できる可能性が出てきたことになる。今後の自動運転車をめぐるルール作りにが急務になってくるだろう。
グーグルは昨年11月、ハンドルやブレーキペダルなどが無い自動運転車の設計案をNHTSAに提出し、道路交通や車両の仕様に関する規制当局の立場として、これをどう受け止めるか回答を求めていた。それに対して、米運輸省道路交通安全局が、グーグルの担当者に宛てた4日付の書簡をホームページ上に公開したそうです。

人工知能を運転手とするなら、交通事故が起きた時の責任は誰にあるかの問題がでてくる。人工知能のプログラムのバグや不具合による事故なら。車の製造者か、プログラムの作成者になるだろう。車の所有者や車に乗っている人の責任は問われないのだろうか。また、人工知能は、自律的に道路の状況や交通状況を判断して車を動かすなら、その人工知能に責任があると見ることができる。車の製造者、車の所有者、車に搭乗している人には責任がないとなると、交通事故に対する裁判が起きたとき、人工知能が被告となるのか。そうなると、人工知能に固有の権利を認めないと、裁判を起こすことは出来ないのか出来るのか。
人にはそれぞれ個人としての人権が尊重される。人工知能にも、独立した個としての性格や品位が法律上、その行為が帰属する主体物として認めなくてはならなくなる。簡単に言うと、人工知能に人格人権を認めなくてはならないのか。
では、裁判で賠償責任が問われたらどうなるのか、人工知能に賠償能力はないだろうから、その所有者の監督責任が問われることになる。しかし、ここで問題がある、人工知能は人の判断力や判断能力を遙かに上回っている。そうなれば人間の監督責任以上の判断が人工知能には出来ることになる。となると、人工知能を監督し得るのかという問いがでてくる。
また、刑事裁判で罪をどのように償わせるかも問題も出てくる。人工知能の活動に制限を加えたり、機能停止を命じることは可能なのか。所有者や運転者の責任で無いのに、車の所有者は車を使えなくなることもあり得る。そうなると車の所有者は人工知能に対してその賠償責任を問うことが起きる。
これらを考えると人工知能による自動運転車を、一般公道で走らせるにはまだまだ、法律や社会が受け入れられるかなど、多くの問題を解決しなくてはならないので時間がかかりそうです。
安倍晋三は2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに、人工知能による自動運転者を走らせたいようだが、まだまだその実現には時間がかかりそうです。人工知能の技術が進み、多くのことに利用されると、自動運転車だけ問題でなくなってくるだろう。
またスーパー人工知能が出てくると、アシモフのSFのように、ロボットに人間で言う人権を与える与えないはそうすぐに結論葉でないだろう。
自動運転車の公道での一般走行は、急がず問題点を整理して考え、その対策と整備を十分に整えてから行うべきだといえる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • しあわせ
    風と雲 (06/26)
    何故?国会は一年の半分以下しか開催されないのでしょうか。国内外に毎日大きな動きのある現代に於いては、さまざまな問題を国民の前に提示し、議論を深め理解を求め、国民
  • 森友・加計問題を見ると、今の日本は法治国家だろうか
    竹林泉水 (06/20)
    まずは自分を正当化して自画自賛をしてさらには、「印象操作のような議論に対して、つい、強い口調で反論してしまう。そうした私の姿勢が、結果として、政策論争以外の話を
  • 森友・加計問題を見ると、今の日本は法治国家だろうか
    風と雲 (06/18)
    >自分が思うことは法を飛び越えてでも粛々と進める安倍政権・・

    飛び越えてではなく、→ 潜り込み裏をかき開き直って、鉄面皮と二枚舌で、 と言うのが最近の安倍政権
  • 国連人権理事会の日本の表現の自由の特別報告書
    竹林泉水 (06/15)
    マスコミは権力を監視するというより、権力者が何をしようとしているのかを主権者である国民に知らせるのが使命であり、権力を監視するのは国民ではないでしょうか。

  • 国連人権理事会の日本の表現の自由の特別報告書
    アジシオ次郎 (06/13)
    こんにちは。

    本来権力を中立的な立場で見て、時に監視する役割であるマスコミ、そのマスコミに対して自分たちに不当な報道を禁止するのは報道規制であり独裁国家のや
  • 女系皇族に反対するわけ
    竹林泉水 (06/09)
    自民党が女性天皇や女系皇族をみとめたくないのは、安倍政権の閣僚の多くが所属している、日本会議の影響もあうのでしょう。日本は天皇を頂点とする家族的な国家という藩閥
  • 女系皇族に反対するわけ
    アジシオ次郎 (06/06)
    こんにちは。

    天皇陛下の退位問題について、これからの皇室のあり方が問われる問題にもなっているけど、今の皇室において男性は悠仁さまのみであとは佳子さまなど女性
  • 安倍政権の功罪は何だろうか
    竹林泉水 (06/03)
    [GHQの幻想から]は何かよくわからないのですが、欧米との対等の関係だけでなく、強いあいてとも弱い相手とも相手を認め対等の関係を築くのが大切ですね。しかい、どうも
  • 天皇退位の審議が2時間半
    竹林泉水 (06/03)
    天皇退位の法律が成立しそうですが、一部の議員が反対、自由党は欠席で議論が深まらないのが残念です。自民に押し切られたているようです。
    敗戦後に日本人が自ら民主的な
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    05 | 2017/06 | 07
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR