竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

企業の社会的な務めとは何か。

企業特に株式会社に課せられている、社会的に果たさなくてはならない務めとは何か。

株主への還元としての利益配当であろうか。それもあるがそれが最も重要なことではない。経営学者ピーター・ドラッカーは、次の様なことを言っている。「多くの人は、企業は利益を得るための組織と答える。この答えは間違いなだけではない。的はずれである。」といっています。
ドラッカーはさらに、「利潤動機なるものは、的はずれであるだけでなく、害を与える。このコンセプトゆえに、利益の本質に対する誤解と、利益に対する根深い敵意が生じている。この誤解と敵意こそ、現代社会における危険な病原菌である。 ・・・ 中略 ・・・ 利益と社会貢献は対立するとの謬見さえ生まれている。」といっています。

また、日本の江戸時代から続いている老舗企業はその、宗家の家訓などをみると、
「使用人は樹の枝葉のようなものである。よろしく優遇して一家の繁栄を図らなければならない」
「雇人は家族と思え」「私費を割いて公共事業にとりくめ、しかし身分不相応のことをしてはならない」
「勉めて公共事業に尽くせ」
「誠をもって公に尽くさんとする真心は瞬時も忘れてはならない」などと書かれている。


TPPの交渉が大筋合意され、来年初めには締結される方向で進められいるが、その中でISDS条項(Investor-State Dispute Settlement)がある。これは、Investor(投資家)対State(国家)の紛争解決に関する条項です、つまり企業や投資家が国家を訴えることができるという条項が入っている。つまり、TPPで相手国に参入した企業が、思うような利益を上げられない場合、投資家の株式配当が思うように得られないなら、相手国を訴えて利益が上がるように法律を変えさせることができるものです。

つまり、株式配当を増やすために、ドラッカーの言ったのと反対に、「企業は利益を得るための組織」に徹しなくてはならなくなる恐れがある。

日本の老舗企業の家訓のことを書いたが、ヨーロッパや日本の企業は、利潤追求至上主義ではなかった。日本も昭和50年暗いまではそのような企業が多かったです。しかし、私は、経済や経営のことは専門どころか無知ですが、次のことはそう思わざる得ないです。いま、アメリカと同じような利潤追求至上主義の経営方針を政府が尻を叩くような、政策が打ち出されているように思える。

今の日本の政治は、米国追随といより従属であり、それどころか米国に日本経済を貢ぎ物を差し出しているようです。もっとも、沖縄県民の意向を無視し沖縄を米国に差し出しているように思えるのと同じです。

これらのことは、『NHKはなぜ反治世主義に乗っ取られたのか 上村達男 東洋経済新報社』を読んでいると、わかりやすく書かれている。

   NHKはなぜ、反知性主義に乗っ取られたのか 法・ルール・規範
   NHKはなぜ、反知性主義に乗っ取られたのか 法・ルール・規範
   上村達男 東洋経済新報社

この本の前半は、放送法とNHKのこと、籾井会長の大企業の副社長を務めるなどの、立派な肩書きがあるが、NHK会長としての適格性や資質に対してどれだけあるか。また、その部分を読んでいると、私は安倍晋三と類似の人だと思ってしまった。

この本では、さらに、ROC(Return On Equity 株主資本利益率 自己資本利益率)について書かれいる。
ROCで株主資本利益率と訳すと、株主が出資し預かった資本で運営されているのだから、会社は株主のものであり、その考えにより会社の利益は当然株の配当にまわされるものとする考えになってしまう。しかし、会社経営とはそのようなものでないはずです。
会社がありその会社のミッションや経営目的があり、それに基づいてたてられる目論見に対して、投資するのが株主であり、それに対して目論見が成功すれば株主に対しての還元がある。
さらに、ドラッカーの考えを置くことにより、その会社の存在が増し信頼が高まることでしょう。

また、自分の意見を押し通し、反対意見に耳を傾けないどころか、反対意見を攻撃するような、反知性主義に日本全体が傾きつつあるのを感じる。

安倍晋三は「日本を取り戻すといい」戦後体制は米国が押しつけた制度でと言うが、対米従属に拍車が止まらないようです。そして、日本全体が反知性主義に傾いてあるなら、一挙に世の中が今のアベ政治に押し流されてしまわないかと思う。

そうならないために、どうすれば良いのか、マハトマ・ガンジーの言葉をおもいだす。
「あなたがすることのほとんどは 無意味であるが
 それでもしなくてはならない そうしたことをするのは
 世界を変えるためではなく 世界によって自分が 変えられないようにするためである」

自分が反知性主義にならないためも、声を上げ続け、佐藤優氏が言うように、「実証性や客観性を軽視もしくは無視して、自分が欲するように世界を理解する態度」に陥らないようにしたい。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

利潤追求至上主義に走っているきらいがある傾向がある最近の企業、これらがブラック企業化する要因になっていると思うけども、自分たちの利益だけ追い求める考えは企業そのもののイメージに関わると言うことを理解してないと思います。今年東芝や旭化成建材の問題がそうであるように。

またアメリカ型利益追求至上主義を良しとする傾向を受け入れたせいで日本社会そのものが変わりつつあると言えますが、いつまでも日本はアメリカを礼賛し何の疑問も持たずにスンナリ受け入れると言う考えは、客観的な見方を知らない無知もいいところだと思うね。

自分の考えだけに固執し、異なる意見や考えを受け入れない、むしろ否定的な見方を取って感情的になって批判する。結局は自己中心的で周りを見ない近視眼的で子供っぽい考えも甚だしいし、自分中心に物事が動いていると言う勝手な自惚れで、自分にとことん甘えている、歪んだ自己愛に基づくものです。いわゆる「反知性主義」はこう言うことでしょう。こんな考えはどうも独裁者の考えでまともじゃない。

Re: No title

アメリカの企業と、ヨーロッパの企業との違い、ある本に書いてあったなしですが。
米国の企業は、アメリカ大陸に移民が始まり、イギリスの植民地時代から、利潤追求をしてき続けてきた。さらに、アメリカが独立してから、ないものにも縛られない自由を追い求め、企業活動もその精神の上になりたっている。一方ヨーロッパの企業は、帰属制度と資産階級から企業活動がはじまり、利潤追求が一次はないとしている。

日本の商売は江戸晩期から明治には、イギリスやフランスなどの企業経営をみならい、商家は商いの仕方を近代化していった。

しかし、日本は戦後の荒廃を抜けて、高度経済成長が終わりバブルが崩壊し、東西冷戦の終焉をむかえ、インターネットにより経済活動がグローバル化してしまい。日本の大企業はこぞって、生き残りをかけるため、アメリカ型の利潤追求を突き進むようになったと思う。
そろそろ、振り返りアメリカ型経営から脱却するのがよいと思う。

おっしゃるとおりで、わたしも「自分中心に物事が動いていると言う勝手な自惚れで、自分にとことん甘えている、歪んだ自己愛に基づくものです。いわゆる「反知性主義」はこう言うことでしょう。こんな考えはどうも独裁者の考えでまともじゃない。」とならないようにしたく思います。
ついつい、今のアベ政治の行われ方をみていると、全否定しあくなってしますほどだが、よいところもあるので其れはそれとして評価していくべきでしょうね。
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 首相は国民の生活をどこま思っているのか
    竹林泉水 (01/26)
    憲法には、国民が最低限の文化的な生活をすることをできるように保障する義務が国にもとめられている。しかし、最近の新自由主義のなかで、勝ち組と負け組ができるのはそれ
  • 首相は国民の生活をどこま思っているのか
    アジシオ次郎 (01/24)
    こんにちは。

    働き方改革と口で簡単には言うけれど、一方で格差社会に歯止めがかからない現状について目を向けてるのだろうかと思うし、いつまで経済成長しか考えないの
  • 首相は国民の生活をどこま思っているのか
    さくら (01/24)
    突然の訪問、失礼いたします。
    私はこちら⇒b--n.net
    でブログをやっているさくらといいます。
    色々なブログをみて勉強させていただいています。
    もしよろしかったら相互リ
  • 教員の長時間労働
    竹林泉水 (01/18)
    学校教育は私が教鞭をとっていた6-7年前に比べて今はどうなっているのだろうか。
    私が中学校で教鞭をとっていたころは、部活などの指導もあったが、特別支援学校で肢体不自
  • 教員の長時間労働
    アジシオ次郎 (01/16)
    こんにちは。

    教員の長時間労働問題については、中学校や高校で最もそれが躊躇に現れているとしか言えませんが、授業だけでも負担なのにやれ部活動だ自分のキャリアアッ
  • 男女均等
    竹林泉水 (01/10)
    年始早々 ご来訪ありがとうございます 今年もよろしくお願いします。
    日本国憲法の男女平等の権利は七〇年前にものですが、今でも先進的なものです。しかし現実は理想の
  • 男女均等
    アジシオ次郎 (01/06)
    こんにちは。

    日本は情けないというか嘆かわしいことに、男女平等率が低い部類に甘んじてる現状にあるが、政治や経済の面で女性議員が少ない、女性の管理職や代表取締役
  • 米否定決議に賛成は評価できる
    竹林泉水 (01/05)
    エルサレムに大使館を置くということに非難決議をしたのは、中東からの石油をとめられるより、ヨーロッパなどで起きているテロが日本でも起きる恐れが高まるでしょう。
    202
  • 米否定決議に賛成は評価できる
    アジシオ次郎 (12/31)
    こんにちは。

    アメリカがエルサレムに首都を移転することを非難する決議案について、日本が賛成に回ったことは有意義なことだし、アメリカ追随という印象を変えることに
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    01 | 2018/02 | 03
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR