FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

無用の用と不材の材

11月23日の朝日新聞、文芸欄に、『今こそ荘子』という記事があった。

その冒頭で、「文部科学省が出した、国立大学の組織見直しに関する通知が論議を呼んだ。文系学部について、廃止を求めるかのように読める文言が書かれていたからだ。議論で背景と目されたのが、安倍晋三首相がある会議で語った「学術研究ログイン前の続きを深めるのではなく、社会のニーズを見据えた実践的な職業教育を行う」との言葉。荘子(そうし)の「無用の用」という語が頭に浮かんだ。」と書かれていいた。

私は、この文科省の国立大学学部見直しを、焚書坑儒のようだと何度かこのブログに書きました。そこでは、一見必要と無いように見えるものこそ、必要なものがあると書きました。また、壺やドーナツを例えて、壺は中が空洞になっているから壺であって、ドーナツはその輪っかになってまん中が無いからドーナツと言うのであって、その無いことが重要だとも書きました。
しかし、安倍政権は「無用の用」ではなく、「無用は無用」となりかねないものいいで、効率第一の成果主義に視点が重きをおかれています。先人の日本の科学技術の発展に尽くした人の多くは、文化への造詣が深い人が多くいます。
寺田 寅彦は、戦前の日本の物理学者であり、文化評論家としても有名です。森鴎外は軍医であり、「舞姫」や「安倍一族」などの小説で知られています。現代第一線で活躍している科学者も、その多くは人文科学にたいして深い知識を持ている人が多くいます。

そして「無用の用」は「荘子」の「人は皆、有用の用を知りて、無用の用を知るなきなり」の言葉が出典で、「人は役立つものばかり求め、役に立つか立たないかというものの見方しかできなくなっている。役に立たないように見えても本当は有用なものが多いのに、それらには目が行かない」というのが大意。実利・実学偏重へのアンチテーゼとも読めると、朝日新聞の記事は書いています。

それと同時に「不材の木」の言葉も紹介しています。私は、中学い時代に荘子を読んで一番この言葉に対し興味をもちました。そして、今でもよくその「不材の材」のことを思いだします。
荘子が弟子と山中に入り、雲を貫く大きな木を見つけた。木こり達はその木を切り倒そうとはしない。木こりにその訳を尋ねると、「あの木は役に立たないから、ほったらかしているんだ。」と。荘子は「見るがいい、あの木は役に立たないがゆえに、天寿を全うすることができるのだ。」
そして、知人の家に泊まった時。知人はは喜び、雁を殺してご馳走しようとした。下男が「鳴く雁と鳴かない雁がいるが、どちらを殺したらよいか」主人は「鳴かないほうを殺せ」といた。そこで、弟子が荘子に尋ねた「役に立たない大木は天寿を全うし、鳴かない鳥は殺されてしまうのはなぜか」。荘子はそれに対して、人の役に立とうと立たないことは関係なく、ものの価値はみな等しく、存在自体に意味がある主旨のことを言ています。

今の経済がグローバル化して利潤追求至上主義になり、それにより世の中の管理体制がますます巧みに巧妙になってきています。そこには成果主義成績主義んあり、そうでないものが切り捨てられていく社会になています。そして、富める者と物を持っていない者との格差がますます拡大して。富める者はますます富もうとし、効率のわるもの成果が見え難いものを切り捨てていきます。
これはまさに、安倍晋三の「学術研究ログイン前の続きを深めるのではなく、社会のニーズを見据えた実践的な職業教育を行う」ようは、直接経済活動に関係ないものは切り捨ててでも経済成長を最優先位するということでしょう。そこには人間が生きる社会であるが、経済が優先され人間性の欠如があるのであはないだろうか。

最後に、日本の数学史家、和算研究家である三上義夫の「芸術と数学及び科学」が最後に書いてある言葉を紹介しておきます。
 今翻ってわが国のことを回顧しよう。わが国は芸術において、常に学ぶところよりも優れたものを作り出し、科学においても数学においても常に同様であった。われらはすでに芸術と科学との間に存すべき内在的の関係あるべきことを学び、芸術なき国に科学は栄えぬことをも了解したのである。はたしてしからば、美術国と称せられ、芸術味のはなはだ豊かなわが国において、数学にせよ、諸科学にせよ、汪洋として旭日の天に冲するがごとく、進み進み、また進まんとする勢いあること、決してわれらが架空の妄談でないことは、賢明なる読者のすでに充分了解されたところであろうことを信ずる。
 わが国の数学の前途はこの点からいっても、多幸なりということができよう。
 われらは、しかく見ることにおいて誤っていないことを確信する。


2015/04/16  日本の古典  みんなちがって、みんないい
2013/09/20  中国の古典  無用の用
2013/08/13  中国の古典  無用の用
2012/04/12  中国の古典  無用の用

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 人種差別から思ったこと
    竹林泉水 (06/21)
    コメントありがとうございます。

    人間は、自分は他よりも優秀だ思いたいがります。逆に自分はあの一人より仕事ができないと感じたり、あの人より低く見られていることに対
  • 人種差別から思ったこと
    アジシオ次郎 (06/18)
     おはようございます。

     相変わらず現代において根強く蔓延る人種差別の問題、長い歴史において人種差別や偏見はヒドかったけど、その歴史から何を学んでいるのかとも思
  • 人生二十最
    omachi (05/23)
    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めま
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2020/07 | 08
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR